脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

2018-02-21から1日間の記事一覧

100-49 海獣

100-49 海獣 誠の郷里の街は、湖と密接している。 日本でも珍しいタイプの、もともとの淡水の湖に、地形の変化で外海が流れこんだもので、地理的にはほぼ湖でありながら、海の生物も生息するようになった。 うなぎやフグの捕れる湖として、周囲にはそれらを…

100-48 測定

100-48 測定 幽霊がでる道というのは、どこの地域にもあると思う。 誠が住む地域にも全国的に有名な幽霊トンレルと、事故車が続出する山道があった。 自宅からそう遠くないところにあるので、誠は、たまにそれらに様子を見に行く。 有名な心霊スポットだが、…

100-47 夜這い

100-47 夜這い 誠は地域の介護施設に、ボランティアとして参加している。 介護士として、施設にいる老人たちの食事、排泄、入浴を手伝ったりするのが、主な仕事だ。 なのだが、最近は人手不足で正規職員ではない、ボランティアの誠にも夜勤のシフトに入って…

今日の歌(2/21)はこちら

おはようございます。 長女です。いつもだったら本さんとの寸劇で始まるかもですが。本さん:『はい。わたくしめが出てきております』たまには、と言うよりも、完全にグチですね。昨日はひたすらGoogle Adsenseと戦ってました。 (広告の貼り付け方をまたイチ…

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告