脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

いおちゃん

いおちゃん 四

四 (僕がこうして、いおちゃんといおちゃんを引き合わせるのは、運命だったんだと思う。 博士も人間の人生など大いなる運命に踊らされているのにすぎない、って言っていた。 僕が創った、いおちゃんは特別だから、運命の枠からも外れたところにいるんだ。 …

いおちゃん 三

三 (いおちゃんをいおちゃんに会わせるには、僕一人の力じゃむりだ。 でも、それがいおちゃんの願いだったら、僕は叶えてあげないといけない。 望月さんなら、きっと力になってくれる) 孝義を自分のアパートに連れて帰り、いおと対面させた信良は、そのま…

いおちゃん 二

二 信良が孝義のマンションを訪ねたのは、孝義の処分が不起訴に終わってから、数か月後だった。 「やあ、菅原さん。ひさしぶりだね。心配かけて、ごめん」 今回の件でアイドル暴行犯として、マスコミに広く報道された孝義は、どこかすっきりした顔をしていた…

いおちゃん 一

一 菅原信良33歳が収監されたのは、その年の年末だつた。 (ムショに初めて入ったのは、いつだったかは、もう忘れている。 いつでもそうだけどさ、今回の懲役も僕は喰らうつもりはなかった。 いまの僕はシャバを離れるわけにはいかない。 だって僕は、AUC(A…

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告