脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

ブラジル人の話

こんにちは。

住んでいる土地の関係もあって、私の周囲には、ブラジル人がたくさんいます。

日系もいれば、純粋のブラジル人もいます。

彼らの何人かと深い関係(性的な意味ではございません)になり、長く交流しているのですが、どれだけ付き合っていても、これはないだろう、と思うことがいくつかあります。

ちなみに今回のブログでさしているブラジル人は、あくまで私が知っている範囲の人たちのことであり、すべてのブラジル人にあてはまるとは思いません。

 

①まず、時間にルーズ。

これはよく言われていますが、非常にルーズな人が多いです。

2時間、3時間の遅れは遅刻のうちに入りません。

2、3日、時には数か月、約束とずれても、まったく反省していません。

日頃、大事なマイフレンドとか言ってても、この扱い。まったく、信用できません。

もし同じ日本人同士だったら、絶交ですよね。

ブラジル人は、基本、非常に自己中心的で、その時、自分が快適ならば、それでよい、という人たちなので、人のために自分のペースを替えてまで、約束の時間を守ろうとか、夢にも思いません。

 

②平気で嘘をつく。

自分が口にする言葉に誠実であろうとなんて、まったく思っていません。

その場のノリで言いたいことをポンポン話します。

まじめに聞いている方がバカみたいです。

話している自分が気持ち良ければ、それが嘘だろうと関係ないのです。

日本人がこれをしたら、周囲はもちろん、社会からも信用を失ってしまいますが、彼らはそれが普通なのです。

遅刻も嘘もOKとなると、もはやこの時点で多くの日本人が彼らと付き合いたくなくなると思います。

そうですね、言ってはなんですが、ブラジル人はみんな、酔っ払いのような感じです。

いい感じの酔っ払いが隣りで騒いでる程度に思って、深入りせずに付き合えば、それが一番いいかと思います。

 

③モラルが低い

日本と違って、拳銃を持った少年のストリートギャングやドラックが蔓延し、政治は汚職で腐敗している中で生きてきたために、自分自身と家族を守るくらいのモラルしかありません。

ようするに、オレの家が大丈夫なら、後は知らん、となります。

家族愛が強いというよりも、他はどうでもよくて、自分の家族だけ大切にしている、といった感じです。

犯罪に手を染めるのも、ほとんどためらいがありません。

泥棒しても、被害者は別に自分の家族ではありませんからね。

オレとオレの家族のためには、他のやつが犠牲になるのは、仕方ないのです。

実際、私が住んでいる市のブラジル人が多い地区は治安が悪いです。

常習的犯罪者もいます。

彼らは刑務所に入っても、出てくるとまた同じ罪で、服役します。延々とそれを繰り返して生活しています。住む土地を移ったりもしません。

「悪い仲間と付き合っていたのでお父さんに勘当された。

俺だけを日本に残して、父さん、母さん、妹はブラジルへ帰国したけど、帰国後すぐに母さんが心臓疾患で死亡、母さんの葬儀のため、俺はブラジルへ帰った時、サンパウロ空港でギャングにホールドアップさせられて、身ぐるみをはがされてしまったんだ!!」

と、ブラジルから私のところへなぜかSOSの国際電話が。

「お金ないです。助けてください。日本へ帰れません・・・」

「あのー、他に誰かいないの?」

「イラン人の売人に頼むのは怖いです」

イラン人の売人というのは、彼と彼の友達(逮捕されました)がかかわっている、ビジネスの相手で、薬なんかを売って、発砲事件などで新聞に載ってしまう人たちらしい。

そんな人たちと比べられても困るのだが、彼のいざって時の連絡先リストには、私と売人さんくらいしかいないのだろうと思いました。

「ブラジルで暮らす気はありません。

日本へ帰りたい。

彼女(日本に住んでる日系ブラジル人)と暮らしたいです。

お願いです!!助けてください」

この文章を読んだ心優しい人は、助けてあげようかな、と思うかもしれませんが、例え助けてあげても、彼はお金を返しません。

なおかつ、この話もどこまで本当なのか、書いてる私もそうだが、よう、わからない。

 

今日はまた延々とブラジル人のグチを書きましたが、仕事で関わっているブラジル人が、いろいろタチが悪くて、でも、怒鳴りつけて喧嘩をするわけにもいかないし、少し、参っています。

いわゆる外人好きな人たちは、私があげた欠点以上の美点を彼らにに見つけているのでしょうね。それはそれで分からなくもないですが、私には難しいです。

個人的に一番解せないのは、、彼らが、あまり反省しない点ですね。

反省がないので、成長がない気がします。

なんなんでしょうね。

 

本を読んで、映画をみて、音楽を聴いて、ぼぉーと暮らしているのですが、あれこれ気に病むこともあります。

命の恩人とか言ってはいても(たしかに援助はしたが)超マイペースでお話にならないブラジル人とうまくやっていけない私は、国際人になるのは難しいのでしょうか。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告