脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

脳出血した中高年のための怪談100物語

こんにちは。

ここで、こうしてブログを書いていて気づいたのですが、どうやら私は怪談を書いていると元気がでるらしいです。

脳の病気で疲れやすくなっている心と体が、怪談の力を借りて元気になるみたいです。

というわけで、ここで100物語してみようと思います。

あらかじめお断りしておきますが、すべてが実話怪談ではありません。

実話怪談をベースにした100物語です。

とりあえず、はじめに設定、というか、体裁を決めておきます。今回の100物語の主人公というか、狂言まわしは、鈴木誠(すずき まこと)という青年です。彼は霊能力者です。彼を軸にして100の怪異を語りたいと思います。誠自身のことについても、おいおいとでてくると思います。

怪談、怪異、奇妙な話が好きな方。ホラー映画や怪奇小説が好きな方、よろしければ、のぞいていってくださるとうれしいです。

100-1 「おしゃべりな幽霊」

誠は、ある通夜への出席を依頼された。

通夜に霊能力者を出席させるのは、故人の遺言らしい。

その霊能力者が誠だったのはたまたまで、別に坊さんでも、占い師でも、霊能力があれば誰でもよかったそうだ。

ネットの誠のHPが偶然、親族の目にとまった。

以前に数度、TVに出演していたのもプラスに働いたようだ。

「先生は、なにもさずに家にいてくだされば、それでいいのです。特に手をわずらわされることもないかと思います」

との、話だったが、故人の家で行われたこの通夜、とにかく賑やかだった。

その家に誠が入るなり、初老の男性の声が誠の心に響いてきた。

「こんばんは。このたびは、ようこそ、お越しくださいました。わたしが、今日亡くなったNです」

姿は見えないが、通夜が行われている当人のNさんが、休みなく誠に話しかけてくる。

「Nさんのこの声は、普通の人には聞こえませんよね」

「いいえ。そうでもないんですよ。わたしが話したい相手は選べるらしいんですわ」

故人の声はうきうきしていた。

「Nさん。あなたが僕を呼んだのは、こうして話をきかせるためですか?」

「まぁ夢だったんですよ。死んだら、なにかいたずらしてうやろうと思ってました。でも、死んだら、わたしの姿は誰にも見えないだろうから、霊能力者の人にきてもらわないと、わたしがなにをしても、なにも誰もわからないだろうな、と」

「自分のいたずらをみせるために、霊能力者を呼ぶなんて」

「珍しいですかね」

「ええ。聞いたことないです。で、いたずらとは、具体的になにをなさるつもりなんですか?」

「愚痴ですよ。生きている時に誰にも言わなかった家族や友人、知人への愚痴をみなさんに聞いてもらうつもりです」

「愚痴、ですか」

「どうやら、先生には隠せないみたいなんで、先生は全部、聞いてやってくれませんか?」

通夜の間中、故人の幽霊の愚痴を聞き続けるのは、あまりうれしくなかったが、これも仕事だと誠は割り切った。

「どうぞ。では、僕は聞かせていただきますよ」

「はい。観客がいる方が私も話しやすいです。では、よろしくお願いしますね」

通夜の会場であるNの家には、家族、親戚、友人などで、それでも20名ほどの者が集まっていた。

当然ながら、みな喪服に身を包んで、厳粛な雰囲気で通夜に参加している。

と、Nの言葉が響く。

「二人目の妻のKは、床上手だった。わたしが6人も子供を作ってしまったのは、彼女のテクニックがあってこそだ」

この声が聞こえたのは、誠以外は、Kさんだけだったらしい。

突然の夫の告白に、彼女は、きょろきょろと周囲を見回している。

「Kは、これといって他に取り柄はないが、まさにベットの天使だった。

わたしはある時、彼女の秘密に気づいた。

あまりに性技に長けた彼女を不審に思ったわたしは、探偵に依頼して、彼女の過去を調べたのだ。

果たして彼女は、そちらの世界では名の知られた風俗嬢だった。

業界を引退した彼女は、過去を捨ててわたしの妻となってつつましく生活していたのだ。

Kよ、わたしみたいなつまらない男と一緒になってくれてありがとう。

ただ、ただ、一つ、生きている間は言えなかったけれど、きみがその特技を生かして、外にでて働いてくれていたら、貧乏の子だくさんの我が家の家計は、もう少し楽になっていた気がする。

でも、それもきみがしたくないのならば、仕方はない。

Kよ、ありがとう。きみの夫として生きられて幸せでした」

Nが語り終えると、Kさんは大つぶの涙をこぼしながら、その場に膝をついた。

急に激しく泣きじゃくりだした彼女を、すでに成人したNとKさんの子供たちが心配げに囲んでいる。

「Nさん。いたずらってこれですか?」

「はい。こんなもの、生きてるうちは言えません」

「たしかに、そうかもしれませんね」

それから誠は一晩中、Nの話を聞きいた。誰と話していても、誠には声が聞こえてくるのだ。

ほとんどの人がKさんと同じで、1人でNの言葉を受け止めていた。

涙を流す人も多かった。

そして、夜が明けた頃。

「先生。お疲れ様です。では、言いたいことはみんなに言いましたから、わたしは行きますね。またご縁がありましたら、よろしくお願いします」

「なにもできませんでしたけど、今夜は、いや、人生、お疲れ様でした。安らかにおやすみなさい」

「では、失礼します」

Kの気配が消えた。

誠は、残された家族の元へ行き、自分の仕事が終わったのを伝えると、Kの家を後にした。

END

☆☆☆☆☆

1話めは以上です。

私がきいたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

あー、怪談が側にいてくれて、よかった!!(ブルゾンちえみ風に)

今日も楽しいです。

 

と、ふととなりにいる仕事のパートナーさんに読んでもらって、「どう?ほらほら?泣けたでしょ?」と聞くと、

パートナー「???どこら辺がでしょうか・・・。ぜんぜん、かすりもしなかったんですが・・・?自分が疲れてるからでしょうか、というよりも、ひねくれてるからですかね。余裕がないんですよ・・・。はい。

あぁ~、だからチラチラ私をうかがってたですか。残念ながら、そんなじゃないですね。

そうですね、私が死んだら、もう、何もなかったと、思い残すことないようにぱっとあの世に行くんですよ。

未練がましく、しがみつてたくないんです。気持ちがぶれるの、ヤダから」

だそうです。すみませんでした。

 

失礼します。

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告