脳出血した中高年のための怪談100物語 更新中です。 怪談はあなたと私をつなぐ、1話2000字のコミュニケーションツール 広告

100-7 「おとこのこ」

100-7 「おとこのこ」

 

霊能力者としての己を鍛えるために、なにをすればいいのか、考えた末に誠が選んだのは、霊や怪異について見識を広く、深く持つことだった。

20歳過ぎたいまから、仙道や修験者の修行をしようとは思わない。

もともと自分が持っている、ささやかな能力をいかに生かしていくべきか、誠はそのスタンスで進歩しようと思った。

知り合いのつてを辿って、その集落を紹介してもらったのも、これまで知らなかった怪異の現場を自分の目で見たかったからだ。

中部地方の山奥にあるその集落は、古くからの呪いがかけられているという。

「呪いなんて、本当にあるんですか?」

「おいおい、誠ちゃん。拝み屋のあんたが、それをいっちゃダメさ」

「でも、ずっと一つの集落が呪われ続けるなんて」

「ま、行ってみな。あそこはよそからきた男は歓迎してくれるぜ」

霊能力者仲間の先輩にあたるSは、この道の後輩で年下の誠にいつも親切にしてくれる。

Sが話をつけておいてくれたので、誠は集落内の一番大きな屋敷に、客として迎えられた。

建物自体が、国定記念物に指定されそうな、大きな民家である。

実際に、つてのあるごくごく一部の人間にだけは、旅館として営業しているらしい。

着物を着た和服の女主人に案内されて、誠はまず、旅館の中をめぐり歩いた。

いくつかの民家を重ねて合わせたような、複雑な作りをしている。

女将が案内してくれなければ、迷ってしまいそうだ。

「鈴木様は、拝み屋さん、をしておられるのですか?」

「僕なんか、まだ全然。修行中もいいとこですよ」

「ここへきたのも、お勉強のためなんですね」

「はい。まぁ、そうなんですけど」

Sから呪いの存在は聞いているが、その内容自体はまだ知らない。

いまのところ、この屋敷へ連れてこられて、女将をはじめとして、館内にいた和服姿の女性に何人か出会ったが、みな、美人で、礼儀正しく挨拶してくれた人ばかりだ。

 

「まるでここは、和服姿のモデルか、タレントばかり集めたようなところだな」

 

誠は単純にそう思った。

 

「鈴木さん。気に入った子はおられましたか?」

「え!?」

女将にふいに聞かれて、誠は大声をだしてしまった。

「どうです?うちの子たちは、みんなきれいでかわいいでしょうー?

性格もいい子ばかりですよ。

わたしのようなおばさんよりも、もっと、若い子と一緒の方がいいんじゃありませんか?」

「な、な、なにを言ってるんですか!」

「ふふ。照れちゃつて、かわいい」

「あの、そのう・・・、」

誠が困っていると、女将はスマホをだして、

「はい。いま、鳳凰の間の前にいるから、その3人をよこしてくださいな。

鈴木センセがお待ちかねですよ、って」

スマホを切ると、女将は、いたずらっぽく微笑んだ。

「いま、おんなのこを呼びましたから、今日はその子たちに相手をしてもらってくださいな。もし、気に入った子がいたら、そのまま、ここにいついてもらっても、かまいませんよ」

 

いつくって、どういう意味さ。

 

やってきた3人は、全員、20代前半くらいだった。

「よろしくお願いします」と、しおらしく頭をさげ、誠を囲むようにして館内を歩きだす。

「わたしは、また後で」

女将はどこかへ行ってしまった。

 

「おいおい。僕は、呪いの話が聞きたいんだけどな」

 

3人の女の子はみな、大人しく、おしとやかな感じで、和服を着ているせいもあって、絵に描いたような日本女性たちだった。

こうしてると、まるで日本人形と一緒にいるみたいだ。

ハタから見れば、これはこれで怖い絵かもしれない。

鈴木先生。そこ、段がありますよ」

「先生。そちらから、沢がみえます」

「夏には、このへんは虫の声がうるさいくらいなんですよ」

3人の人形たちは、非の打ちどころがなさすぎて、そこがおかしいと言えば、おかしかった。

結局、3人と、2時間ほどすごして、誠は、ある結論に達した。

「女将さんを呼んでもらえるかい?ありがとう。きみらは、もう戻っていいよ」

「あの、私たち、なにか失礼でも?」

「いや、それはないよ。きみらは、なにも間違ってない。きみらは完璧なおんなのこだ」

女将がくると、3人は館の奥へ戻っていった。

「女将さん。お心遣いありがとうございます。

つまり、いま僕が案内してもらった、あの子たちは、みんな、」

誠の言葉をさえぎって、女将は話しだした。

「この部落では代々、男子が生まれると早死にしてしまうんです。

昔、ここでひどいめにあったお侍様の呪いだとか」

「あの人たちは、みなさん、女性の恰好していた、仕草も女性そのものだけれど」

「いえいえ、こうして、女として育てて、女にしてしまえば呪いに、殺されませんから」

 

「女にする?」

 

男性ではこの地では生きていけないから、ここで生きるには男は女になる必要が、ある、と。

 

「そうですよ。先生も取ってしまえば、女になれるじゃありませんか」

 

誠は女将の言葉に耳を疑った。

 

「うちの子たちはみんなそうです」

 

誠の頭によぎったのは、

 

男の娘、おとこのこ。

 

END

☆☆☆☆☆

7話めは以上です。

この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

 今日も楽しいですね。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告