脳出血した中高年のための怪談100物語 更新中です。 怪談はあなたと私をつなぐ、1話2000字のコミュニケーションツール 広告

100-9 「ひとさらい」 

100-9 「ひとさらい」

 

「鈴木さん、これは自分が昔、経験した怖い話なんですが、聞いてくれますか?」

誠が拝み屋をしていると知っているのだろう、誠は知り合いから、たまにこうして、その人の奇妙な経験を話されることがある。

聞くのは別にかまわないが、だからといって、なにかしてあげられるとは限らない。

話す相手にあらかじめそれを伝えたうえで、誠は話を聞く。

 

「このへんの地方の話です。

もう30年も昔のことです。

町はずれの山道には、神隠しの噂がありました。

それこそ、明治、大正の大昔から人が消えたりしていたらしい。

小さな神社がある以外は、あのあたりにはなにもありません。

徒歩で一時間もあれば頂上まで登れる小さな山だ。

舗装されていないし、街灯もないので、町の人間は大人も子供も、普段そこを訪れるものはほとんどいません。

一時期、その山の付近が外国人の子供たちの遊び場になった。

外国人の子供たちは、親の都合か、本当なら就学する年齢になっても、学校へも行かずに、昼間から町をうろついていたりしていた。

そんな彼らが、山に集まるようになったんです。

治安維持のために、警察がパトロールを強化して、山の周囲には子供は近づかないように、学校からも注意がだされた。

しかし、そんな時だからこそ、山の様子を見に行く子供もいます。

私が山へ行ったのも、そんな好奇心からでした。

外人の子供が集まって、警察が見回りにきて、いったい、山でなにをしてるんだろ。

私は人目につかないように、わざと山道からはずれて、木々の間を通って、林の中の神社へとむかいました。

平日の夕方でした。

木の後ろに身を隠しながら、境内の様子をうかがいました。

境内には噂通り、外国人の子供たちがいました。

みたところ、年の頃は、歳は当時の私と同じくらいでした。

彼らは学校へ来ていないので、知らない顔ばかりでした。

子供たちはサッカーボールを持ってきていて、みんなでボールで遊んでいました。

別になんにも悪いことはしてません。

私は、彼らのサッカー遊びを眺めているうちに、だんだん、仲間に入りたくなってきました。

でも、外国人の子たちが仲良くしてくれないかもしれません。

どうしよう?

あれこれ1人で考えてるうちに、子供たちの声が止みました。

いつの間にか、外国人の大人が何人か境内にいました。

体格のいい大人の男たちです。

大人たちは、子供らを整列させて、境内に並ばせました。

大人の手には、拳銃のようなものがありました

おもちゃか、本物なのか、わかりません。

あれが本物なのなら、私は、初めて本物の拳銃を見ました。

大人たちに拳銃をむけられて、子供たちはおとなしくしていました。

逃げだそうとした子がいましたが、大人はその子の頭に銃口をあて、引き金を引いた。

「ぱんっ!」

と音がして、子供は倒れました。

大人たちが日本語ではない外国の言葉で怒鳴りました。

子供たちは騒がずに大人に連れられ、神社の前に止められていた車に乗り込んでいきました。

倒れた子供も大人が抱えていきました。

大人も子供も全員乗ると、車は行ってしまいました。

私は、気がつくと、おしっこをもらしていました。

声をださないように我慢するのが精一杯だったのです。

それから、私は普段から暗くなった。クラスでも、誰ともしゃべらなくなりました。

結局、大人になるまで、この話は隠し続けました。

こうして人に話すのは今日がはじめてです。

もちろん、しゃべってしまうと、あの男たちが自分のところに来る気がして怖かったからです」

「事件はおおやけにならなかったんですか?」

「私が知る限り、新聞もTVも報道していません。

あくまで、この地域に関する、外国人たちのうちうちの出来事だったんだと思います。

信じてください。

私は、本当に見たんです!」

「僕は、嘘だとは思いませんよ」

「鈴木さん。こんな何十年も前の出来事をいつまでも心の中に閉まって、いまでもたまに、1人で、「あの時、なにがあったのか」と、考えたりしている私は、頭がどうかしているんでしょうか?

警察へ行って、いまからでも、調べてもらった方がいいのでしょうか?」

「これはもう何十年も前に終わってしまっている出来事ですから、僕は、あなたの心がやすまるようにすれば、それでいいと思いますよ。

誰にも話さずに、忘れてしまってもいい。

あなたは、なにも悪いことはしていない。

たまたま事件を目撃してしまっただけじゃないですか」

「そうですね。その通りです。

この話が、私がいままで経験した中で、1番、怖い話です。

いまでも、夢にみて、夜中に飛び起きたりするんですよ」

「話していただいて、ありがとうございました。

こんなに長い間、1人で抱えておられて、お疲れさまでした」

誠は心をこめて、深く頭を下げた。

自分にできることは、それくらいしかない、と思いながら。

 

END

 

☆☆☆☆☆

 

9話めは以上です。

この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

 今日も楽しいですね。

 

少し毛色の違った怪談です。

「怖い話、知りませんか?」

と人に尋ねた結果、あっと驚くような引き出しを開けてしまうことがあります。

私はそんな時は、だいたい、聞かなかったことにして、忘れてしまうことが多いです。

ところで、あなた自身の怖い話に、怪異はでてきますか?

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告