脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-10 「みんなみてる」 

100-10 「みんなみてる」

 

霊能者の仕事を続けるうちに、誠は何回かの入院を経験した。

いわゆる拝み屋をするまでは、入院などしたことはなかったのに、拝み屋になってからは、すぐに体調がおかしくなったり、倒れたりする。

敏感になっているのだろうか、それとも単に、年をとって弱くなっただけか。

誠は入院している時は、できるだけ、患者や看護師、医師から怪異の話を聞こうとする。

仕事どうのの前に、そもそもそういう話が好きだし、たしかに話の内容によっては、仕事の勉強になる場合もあるからだ。

疲れがたまったのか、めまいが激しくなる、みてもらいにいった病院で過労と判断され、入院した時に聞いた話だ。

誠は入院病棟の食堂で、昼下がりに、日向ぼっこをしながら、この話を聞いた。

相手は、半身にマヒがあるのか、動きにくそうに松葉杖を使っている、年長の男性だった。

「へぇ。そうかい。不思議な話を聞きたいのかい。

まぁ、こういう大きな病院には、そういう話はたくさんあると思うよ。

オレなんかも、こうして入院してると、おかしなめにあったりもするよ。

もともと俺は、二カ月くらいで退院するはずだったんだ。

それで一度退院しかけたところで、脳の別の血官が切れて、また死にかけて、入院延長。

治療もリハビリも一からやり直しだ。

一どころかマイナスからのリスタートになっちまった。

みての通り、なにしろ体が思うように動かない。

学校出てからずっと体が資本でやってきたのに、その体がこのザマじゃ自分で自分がイヤになるよ。

それでさ、いつ退院できるかわからないこんなふうになっちまって、さすがの俺ものんびり寝る気にもなれなくて、毎晩、長い間、ベットで半分寝てて、半分起きてるような時間を過ごしてるんだ。

だから、あんなものを見るのも、ある意味、自業自得なのかもしれないな。

そいつはさ、俺の隣のベットに入院してきた患者だったんだ。

歳はたぶん、俺より上だったと思う。

でも、変な言い方だけど元気そうなおっさんさだったぜ。

大工かなんかやってたみたいな、筋肉質で引き締まった体をしてた。

くわしくは知らないけど、外から見てもわからない、内臓か脳の病気で入院することになったらしい。

それで、そいつがさ、家族がたくさんいて、昼間は大勢の見舞客に囲まれてわいわい話してたんだ。

俺がこうして隣のベットで聞いてると、どうもズレてるんだよな。

言ってることがさ。

会話がかみ合ってない。

こいつ、ちょっとおかいんじゃねぇかと思ったね。

オレは聞いてるだけだけどさ。

夕方になって、まあとりあえず、見舞客は帰って、そいつは一人になった。

それからも、看護師さん相手に「自分はいつになったら、帰れるのか?」とか、わけわかんないこと聞いててさ。やっぱりおかしかった。

それでさ、夜になったら、いよいよ始まったんだよ。

やつがでかい声でずっと話してるんだ。

誰かって?相棒さんとさ。

もちろん、相棒さんなんてのは、ここにはいない。

姿は見えないし、声もしない。

なのに、あいつは誰かがそこにいるみたいに、そいつと、あ-だ、こ-だ、話してるんだ。

それを聞いてると、この二人は組でずっと解体業をしてきたみたいだった。

仕事の役割分担も決まってるみたいだ。

そいつはまるで、相棒と二人で現場にいるみたいな感じで、その日の作業について、話してた。

隣のベットで聞いてて、もちろん、気味が悪かったさ。

でも、急性期の患者が入る救急病院だからな、それなりにヤバイやつが来るのは、仕方がないだろ。

とりあえずオレは、お隣さんは頭がヤラレちまってるんだな、と思って黙ってたよ。

ずいぶん長いこと、相棒さんと相談した後、今度はいきなり、となりのベットでバキバキ音がして、俺は驚いてナースコールを押した。

普通の音じゃなかった。

実際、看護師さんが駆けつけた時には、隣のやつが、マットレスをはがして、ベットを解体してやがった。「なにしてるんですか!やめてください!」

「仕事だ。すぐ終わるから、心配するなよ」

「ダメです!やめください!」

「危ないから離れてろ!!」

会話は、看護師さんともかみ合ってない。

そのうえ、壁をはがしたいのか、今度はガンガンと蹴りはじめた。

オレは、やつと目を合わさないように気をつけながら、隣のベットから様子をうかがっていた。

すると、オレ以外にも別の部屋の患者たちが、何人もこの病室まできて、やつを眺めている。

4人部屋の病室が、やつが言う仕事との見物客のおかげで、10人以上の人のいる満員状態になっちまったんだ。

看護師さんもすぐに増えて、男女の看護師さん数人がかりで、やつを押さえつけ、ロープで身柄を拘束した。

「助けてくれ!俺は仕事中なんだ!!助けてー!!」

やつは大声を張り上げた。

本格的にイカレちまってるらしい。

「静かにしてくださいよ!他の患者さんも入院しておられるんですから!」

「他の患者? オレとこいつ以外、誰もいないぞ。どこに他のやつがいるんだ!?いるなら、つれてこいよ!」

やつの目には、自分と、隣にいるらしい相棒さん以外は、見えなくなってるらしい。

オレのことも、やつを周囲で見ている他の患者たちも目に入っていない。

そうこうしているうちに担当の医師がやってきた。

けど、やつはまともに話はできなかった。

「この状態では、朝になったら、御家族にきて頂いて、退院していただきます」

医師からの最終的なその宣告も、やつは、

「わけがわからん。なに言ってるんだ、こいつら」

と首をかしげていた。

やつはそれでも相棒さんとずっと話していたが、そのうち、睡眠薬でも飲まされたのか、おとなしくなった。

その夜は、オレも久しぶりにぐっすりと眠れた。

やつのおかげで疲れたんだな。

オレが目をさますと、やつはもういなくなっていた。

ベットもきれいになって、病室は、何事もなかったかのような状態だった。

オレが不思議に思うのは、あの時、やつの様子を見に、この病室にきていた連中のことだ。

オレは、別の病室の入院患者だとばかり思っていたが、あとで看護師に聞いてみると、あの晩、騒がしかったのはこの病室だけで、別の病室からこの病室にくるような者は誰もいなかったらしい。

しかも、オレはたしかに、他の連中がやつを眺めているのをこの目で見たんだが、看護師さんたちは、誰もそれを知らない、という。

俺は幻をみたのか? いまでも納得がいかない」

「あなたが、みたと言うなら、その人たちは、そこにいらしたんでしょうね」

「でも、看護師はみてねぇんだ」

「おかしな言い方ですけど、あなたにしかみえない人たちだったのかもしれませんよ?」

誠の言葉に、男はあきれたような顔をした。

「なんだい、そりゃ、お化けかい?」

「どうなんでしょうね。」

男は、鼻先で、「ふん、」と一つ笑った。

 

END

 

☆☆☆☆☆

 

10話めは以上です。

この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

 今日も楽しいですね。

 

私が入院していた時、こんな患者さんが隣りのベットにいました。

実際は、真夜中に彼と相棒さんの会話をえんえんと聞いているのは、けっこう怖かったです。

基本的に、独り言って、聞いてる方は、怖くないですか?

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告