脳出血した中高年のための怪談100物語 更新中です。 怪談はあなたと私をつなぐ、1話2000字のコミュニケーションツール 広告

100-12 「上へまいります」 

100-12   「上へまいります」

建設時から悪い噂の多いビルだった。

地方都市の駅ビルとしては、破格の規模を誇るビルではあるが、事故が多かった。

工事中にエレベーターが墜落し、下にいた作業員が死亡。

先行オープンしていた地下の施設でガス爆発が起こり、30名が死亡し、441名が負傷した。

あまりの不幸続きに建設中に、市民団体から工事の中止を求める声があがったほどだ。

予定の倍近い工期をかけて完成、オープンしたビルは、商業施設としては振るわず、開店直後から集客に苦戦した。

しかし怪奇現象と出会える心霊スポットとしては、ネットを中心に全国にその名をとどろかせた。

施設がオープンして一年後、集客の悪かった西館ビルは早くも封鎖され、廃墟となっていた。

地元の若者たちの間では、テナント店も撤退して、廃墟となった西館に忍び込むのが流行した。

当然、館内で怪しい人影を見た等の怪談も流れた。

 

GSNの3人が深夜の西館に忍び込んだのもその頃だった。

3人は地元の中学生で、幼なじみだ。

ちょっとした肝試しにいく感覚だった。

親には内緒で家を抜け出し、午前零時に待ち合わせた。

3人は、噂で聞いていた通り、機材搬入口の柵を乗り越えて、西館の敷地に入った。

ガラスの割られた扉からビル内へ。

もちろん、中は真っ暗なので、用意してきた懐中電灯であたりの様子をうかがった。

閉鎖してからまだ日が浅いので、店内は比較的きれいだった。

出入り口の扉以外はガラスもほとんど割れていない。

3人が探したのは、エレベーターだった。

これもまた噂によるとエレベーターには、でるらしい。

墜落事故で亡くなった工事作業員だったり、ガス爆発でなくなった中年女性だったり、話によってまちまちだったが、とにかくエレベーターには人ではない、なにかがいるらしかった。

3人はビルのほぼ中央にある5基のエレベーターの前までくると、まず、エレベーターの呼びだしボタンを押してみた。電気は通っていないし、やはり、エレベーターはこない。

 

「よし、じゃぁ、人力で扉をあけてみよう」

 

3人で力を合せて、エレベーターの扉を開けることにした。

扉は重く、しばらく時間はかかったが開けることができた。

開けてみると、そこには、人が乗る箱はきていなかった。

電源を切られ、放置されたエレベーターは最下階の地下階に降りているらしい。

と、3人が扉から下を覗き込んでいると、上から、

 

「チン♪」

 

とまるで、エレベーターが階に停止した時に鳴るような音が聞こえた。

 

「えっ・・・?」

と3人は顔を見合わせ首を横に振る。

 

「チン♪」

 

また、音がした。

 

「えっ??聞こえたよな???」

 

「うん。聞こえた」

 

「なんだ、あれ?」

 

もちろんエレベーターは動いていない。

 

3人は怖くなって、エレベーターから離れようとした。

そして、3人が頭を引っ込めてエレベーターから離れると、今度は、さっき、苦労して開けたエレベーターの扉が自動的にしまった。

 

「チン♪」

 

「チン♪」

 

「チン♪」

 

ホールに5基あるエレベーターそれぞれから音がす。

 

エレベーターの制御盤にもいつの間にか電気が通っていて、それぞれが各階へ移動したりして動いているようだ。

エレベーター各機が動いている音がする。

 

3人は、パニックになった。

 

「どうなってるんだ!?」

 

「やばいぜ!!」

 

「逃げようよ!!!」

 

誰に責任があるのか、考えている余裕もなかった。

三人は、必死で駆けだした。

 

どうにか西館を抜けて、そのまま、ダッシュして機材置場の柵を乗り越えて、敷地からでた。

そこでようやく一息つくように、地面に座り込んだ。

 

「おい、Nは?」

 

「え?先に行ったろ??」

 

「いや、いねぇ。あいつ、俺より先は行ってない」

 

Nはどこだ??」

 

「おーい、N!!

 

GSは姿の見えなくなったNを呼んだが、返事はなかった。

 

しばらくそこで叫んでいたのだが、このままではしょうがない、ということで2人は、西館へ戻るしかない、と決意した。

 

しかし、戻るのは、やっぱり怖い。

 

それでも友達も見捨てては帰れないと二人は再び、西館のエレベーターホールへと戻った。

ホールはまた電気が落ちている。

 

N、どこにもいないよな・・・?」

 

「うん。いなかった」

 

「もしかしたら、先に帰ったのかも」

 

「まさか、それはない気がするけど」

 

「そうなるとエレベーターの中くらいしか探すとこないぞ」

 

「ああ。あそこぐらいしかないね」

 

2人は相談して、もう1度、さっき扉を開けたエレベーターの前に立った。

扉に手をかけ、

 

「せーのー」で扉を開けようとし、

 

「せーのー!!」

 

2人が力を入れようとした瞬間、扉は勝手に開いた。

エレベーターは来ていない。

中は真っ暗だ。

2人は茫然と立ち尽くした。

 

「上へまいります。よろしいですか?」

 

女性の声がした。

 

ここには、2人以外、誰もいない。

2人は金縛りにあったように動けなかった。

 

「上へまいります。よろしいですか?」

 

再び、聞かれた。

答えずにいると扉は閉まった。

エレベーターが動く音がした。

 

「うわわわわわわわ~!!!!!」

 

同時に叫び声をあげて2人は逃げだした。

 

Nはその日の西館で行方不明になった。

警察に捜索願もだされたが、見つからなかったらしい。

 

END

 

☆☆☆☆☆

 

12話めは以上です。

この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

 今日も楽しいですね。

 

廃墟には怪談がつきものです。

また怪談には行方不明がつきものです。

そう思いませんか?

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告