脳出血した中高年のための怪談100物語 更新中です。 怪談はあなたと私をつなぐ、1話2000字のコミュニケーションツール 広告

100-13  「きみを食べたい」 

100-13   「きみを食べたい」

 

「で、相談というのは」

「いきなり、すみません。あのう、私、ちょっと困ってて。

友達に話したら、そういうことなら、鈴木さんがプロだって」

「プロかどうかは知りませんが、一応、拝み屋を営んではおります。あなたのお悩みの役に立てるかどうかは、まだ、わかりませんが」

 

待ち合わせのカフェに現れたのは、清楚な感じの女子大生だった。

彼女は、知り合いの紹介で誠に会いにきたのだ。

そもそもその知り合いというのは、以前、誠がお祓いをしたお宅の娘さんで、今日の彼女は、その娘さんの同級生なのだそうだ。

「じゃ、話していいですか?」

「どうぞ」

「えっとですねぇ、自分からはちょっと言いにくいんですけど、私、モテるんです」

「はぁ」

「それは、よかったですね」とつい言いかけて、誠は口を閉じた。

たしかに、品のいい大人しい感じの彼女は、同年代の男性にも人気があるだろうな、とは思う。

「これ、私がもらった手紙です」

彼女はバックから封筒の束を取り出して、テーブルの上にドスンと置いた。

ざっと見ても、分厚い封筒が10通以上はある。

「ラブレターですか?」

「いただいたんで読んだんですけど、これ、まるで私の研究レポートなんです」

「あなたについての研究ですか?」

「そうです。

私の目がどうとか、歯の形がそうとか、笑い方がああしたこうしたとか、恋愛というよりも、生物として、つぶさに観察されている感じなんです」

「中、見てもいいですか?」

「どうぞ」

封筒を手に取ると、それらはずべて同じ人物が差出人だった。

差出人のAは、毎回、便箋を数枚にわたって、彼女についてのつぶさなレポートをつづっていた。

「これ、交際して欲しい、とかじゃないですよね?」

「そうなんですよ。

私、はっきり言って、いろんな人に告白されたりしてるんですけど、こんなの、この人しかいなくて。

Aくんは、大学の同級生なんで、直接、彼に聞いてみたんです」

「Aくんはあなたに何と?」

「Aくん、何度も手紙くれたりして、私のこと、好きなんだよね?、って」

彼女は外見にあわず、なかなか積極的な面のある性格のようだ。

「「好きだよ」って、あっさりいいました。

でも、それじゃ、私、納得できなかったんで、「私のなにがどう好きなのか説明して」って、聞きました」

「なんでまたそんなことを。

彼と付き合う気がないのなら、ほっとけばいいじゃないですか?」

「それはそうかもしれませんけど、でも、こんなヘンな人、他にいないんで、何考えてるのかな、って。

Aくんって、私には手紙書くけど、大学では成績が良くて、秀才として有名なんですよ」

「それで、どうなりました?」

誠は彼女の好奇心に、すこし呆れていた。

ナイーブな青年が、やや偏執的に彼女に恋しているだけなのだから、ヘタに刺激せずにそっとしておいてやればいい、と思った。

「彼の方から二人で会って話したいって言ってきたんで、ちょっと怖かったですけど、彼の下宿へ行きました。

いくらなんでも、暴力は振るわないだろうし、私、こうみえても、空手やってるんで、Aくんぐらいなら、襲ってきても、倒せると思って」

「それで部屋まで行った、と」

「はい。そうしたら」

彼女は言葉を切った。

「あのね、先に言ってしまいますけど、好奇心、猫を殺すって、言葉、知ってますか?」

誠は彼女に尋ねた。

彼女の行動から誠が連想した言葉だ。

「おもしろがって、危ないところへ首を突っ込むのは、愚かしいですよ」

「は、はい。すみません。いまは、反省してます」

彼女がちょこんと頭を下げた。

Aくんの部屋でなにかあったらしい。

「そこで、なにがあったんですか?」

「彼の部屋へ行ったら、Aくんが話し始めました。

Aくんにとって、私は理想の女の子なのだそうです。

私の全部が好きで、その魅力をもっとよく知るために、レポートを書いたりしたんだそうです。

そして、Aくんは、「僕がきみからもらったものだ」と言って、私の髪の毛や切った爪、フケや皮膚のかけらなんかを並べだしました。

きみのことが好きだから、きみの破片をこうして集めてしまった」

 

「おいおいおい」

 

あまりに呆れた展開に、誠は顔をしかめた。

 

「Aくんは、私の前で、私の髪の毛と皮膚を食べました。

そして、きみを食べれば、僕はきみになれるかな。

僕は、きみが好きすぎて、きみになりたいんだ。

って」

 

頭おかしいだろ。

 

誠は返す言葉もなかった。

 

「鈴木さん。

Aくんが、ああして私のかけらを食べてると、彼は、私になってしまうんでしょうか?

人間は、食べたものが原料になって、できてますよね。

私が原料なら、その人はやっぱり、私みたいになるんでしょうか?」

彼女のどこかうつろな目つきに、誠は不安を覚えた。

Aくんの異常な愛し方に、彼女の精神はダメージを受けているのかも。

「好きな人を食べてその人になろうとするのって、呪いの一種ですか?」

「僕は知らないけど。

でも、Aくんがきみになることはないと思うよ。

彼とは距離をとって、かかわらない方がいいよ。

なんなら、ストーカーとして警察に言いに行った方がいい」

「警察じゃ意味ない気がします」

彼女は、顔をあげ、誠をまっすぐに見つめた。

「だって、最近、Aくん、たしかに私に似てきてるんです。

仕草や顔、体つきがなんとなく。

 

鈴木さん。

これって、私、Aくんに食べられてるんですよね。

犯罪でしょうか?」

 

END

 

☆☆☆☆☆

 

13話めは以上です。

この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

 今日も楽しいですね。

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告