広告

100-14 「またか」

100-14   「またか」

拝み屋、霊能者として看板をあげてはいるものの、やはりそれだけでは収入は少なかった。

そこで、誠はたまにアルバイトをしている。

業種は特に選ばない、収入になれば、なんでもいい感じだ。

バイトを通じて、人生経験が得られるのも、うれしい。

その日のバイトは、飛び込みの営業だった。

英語教材のサンプルを持って、先輩の社員と一緒に、街を歩きまわった。

契約がとれれば、1件で会社には20万円以上の収入、誠には数万円のプラスになる。

しかし、実際にやってみると契約が取れる確率は、100分の1以下だった。

門前払いがほとんど、玄関に入れてももらえない。

 

「鈴木さん、普段はなにしてるの?」

 

「霊能力者です」

 

「それ、儲かるの?」

 

「儲かりませんよ」

 

「占いとかはしないの?」

 

「それはしないです」

 

先輩社員のBさんは、この仕事のベテランで、何年間も毎日、こうして飛び込み営業をしているらしい。

 

「でも、すごいですし、僕、こうして朝から半日やってますけど、まだ契約ゼロですよね。

よくこれで、契約が取れるな、って思いますよ」

 

「それが取れるんだな」

 

当たり前のことのようにBは言う。

 

1日のうち、ほとんどは無駄なんだけど、その無駄の積み重ねの後に、ちゃんとご褒美があるんだよ」

 

「そういうもんですか?」

 

「ああ。そういうもん。オレは、だいたい1日、1件だから。

今日も帰りまでに1件とるよ」

 

本当かなぁ、と思ったが、誠は黙っていた。

「1日最低、1件は取れる」と思い込んでいないと、精神的にまいってしまって、この仕事は続けられないかもしれない。

朝の10時から、夕方の4時すぎまで2人は歩き続けた。

中に入れてくれて、話を聞いてくれたお宅も数件あったが、それでも契約までは至らなかった。

 

「Bさんは、学校でてから、ずっとこのお仕事ですか?」

 

「いや、オレの家は会社やっててね。親父がそこの社長なの。

オレははじめ、そこに就職したんだけど、なんか違う気がして、このセールスマンに転職したんだ」

 

「なんか違うって、どういう意味ですか?」

 

「社長の家に生まれて、親の会社に就職して、そこそこ普通の暮らしがずっとできてって、恵まれすぎてるっていうか、オレは毎日、こうして歩きまわる方が、自分にあってると思うんだ。

歩いて歩いて歩いて、頭をさげて、11件、契約をとる」

 

それはそれですごい、と誠は思う。

4時半をすぎた。

もうすぐ会社の迎えの車に乗って事務所へ戻らなくてはならない。

本日の営業は終了だ。

今日は、さすがのBさんも契約ゼロかな。

2人が訪れたその家は、老父婦が暮らしていた。

Bも誠もマニュアル通りの営業トークを展開した。

今日1日、あちこちのお宅でしていた作業の繰り返しだ。

 

「で、この書類にハンコを押せばいいのかい?」

 

「はい。ありがとうございます」

 

Bがだした書類に必要事項を書き込むと、老人はあっさりハンを押した。

契約成立である。

話があっさり進んだので、15分もかからなかった。

 

「ね、11件でしょ」

 

帰り道、Bは当たり前のようにつぶやく。

 

「いまのお客さん、なんなんですか?あんなにあっさり」

 

「オレには11件、ああいうお客さんがくるんだよ」

 

「え?なんでって、感じですけど??」

 

「さぁ、なんでだろうね。運命かな。オレもわかんない」

 

誠にもわからなかった。

あの家で、あの夫婦とBが出会ったのは、運命としか言いようがない。

誠とBが会社の車が待っている駐車場へむかって歩いていると、遠くから声がした。

 

誰かが叫んでいる。

 

誠は足を止め、声がした方を眺めた。

2人がいる場所から少し先にある、マンションの上の方の階で、誰かが叫んでいるようだ。

なにを言っているのかはわからないが、男性が大声を張り上げている。

と、よく見ていると、マンションの角部屋の窓が内側から乱暴に開かれた。

そして、手錠でつながれた両手首が、ぐっと窓から突き出された。

 

「なんなんですか、あれ・・・」

 

誠が茫然としていると、Bはそのまま、そこを歩み去ろうとした。

 

「Bさん、ちょっと、」

 

「鈴木くん。オレ、ああいうの見ること多いんだわ。早く、行った方がいい。気にしないで」

 

「うああああああああああああ!!!!!」

 

また男が叫んでいる。

誠が見ると、男は、手首だけでなく、小さな窓に頭を突っ込んで、外へでようとしている。

 

「やめろ!」

 

「なかに入れ!!」

 

別の人たちの声もした。

男に呼びかけているようだ。

つまり、男がトイレかバスルームにこもっていて、他の人が外からそれを止めようとしている状況らしい。

 

バキン!バキン!!

 

外側から誰かがドアを壊そうとしているらしい衝撃音がした。

 

「うわっ!?」

 

誠がつい悲鳴をあげてしまったのは、男が今度は窓から、足を突きだしてきたからだ。

 

「Bさん、あれ!!」

 

誠が何度も呼ぶので、Bはついに足を止めて、男がいる方を眺めた。

 

ちょうど、Bがそちらを見たタイミングで、男は窓から首をだして、こちらを向いた。

 

Bと男の目があった。

 

「ぎゃははははは!!!!!」

 

男はけたたましく笑いだした。

 

そのまま、男は窓から上体をのりだして、下へ落ちた。

 

どさっと、重い物が落ちた音がした。

 

男が落ちた窓から2、3人が顔をだして、下を眺めている。

 

「Bさん。あれ、自殺・・・」

 

「あの人、オレを見て笑ってたよね。

オレ、こういうのよくあるんだよ。

自殺してる人と、たまたま、目があっちゃうの。

 

これも運命だよね」

 

END

 

☆☆☆☆☆

 

14話めは以上です。

この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

今回の話は、モデルさんのいる体験談です。

 

 今日も楽しいですね。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告