脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-15 「女屋-1」

100-15  「女屋-1

いまから40年ほど前の話。

まだ当時、時代は昭和で、戦後20年がすぎてはいたけれども平成まではほど遠く、21世紀も本当にくるのかどうか、誰もが確信がもてない未来だった。

あの頃、学校の校舎には誰でも比較的安易に忍び込むことができた。

なんなら、授業中でも、平日の夜間、休日の日中でも、いつもでも、誰にもとがめられずに出入りできた。

その地区にある公立小学校はA校の1校だけで、地区の1800人近い子供たちが、生徒だった。

時代もまだそうしたものが許されていたし、とにかくたくさんの生徒がいたので、学校の怪談もたくさんあった。

マンモス小学校らしく50メートルの大プールを備えていたが、プールの真ん中の25メートル地点は、深夜になると、なにかが入っているものを、下水道を引きずりこむと言われていた。

音楽室のベートーベンの目は当然、動くし、火災報知器のランプの光は、真夜中に、赤から黄色に変わる。

生物室の人体標本は、本物の人骨で、トルマリン漬けの生物のビーカーの中には、時々、わけのわからない臓器や眼球が混じっている。

また校舎の裏にある神社には、血まみれの猫が住み着いている。

その猫の姿をみたものは、やっぱり不幸になる。

昭和50年代にはすでに、古い校舎のトイレには、花子さんがいた。

これらの怪談のいくつかを生徒のほとんどは知っていたし、それ以上にいろいろな怖い話を知っている子供ももちろんいた。

警察官の息子だったHは、誰もまだ知らない怪異を、そのうち自分が見つけてやろうと思っていた。

お化けや怖い物は苦手だが、「誰も知らない秘密を自分だけは、知っている」というのが、カッコイイ気がしたのだ。

 

Hは、怪異と出会うために、いける日は、夏休みの校舎に毎日、忍び込むことにした。

8月の平日の昼間、校舎は、昇降口の扉の鍵を開けたまま、放ってある。

Hは、堂々と昇降口から校舎に入って、中を探検した。

生徒も職員も誰もいないし、住み込みの事務員も、別に校舎の見回りにきたりはしない。

三階建て、三棟の校舎は、まるっきり無人で、ここを自由に歩き回るだけで、Hは冒険している気分になれた。

昼過ぎから、夕方まで校舎にいて、夜また行って、プールに入ったりもした。

そのうちに、友達も呼んでみたくなった。

1人はやっぱり少し怖いので、仲のいい友達なら呼んでやっても、Hの怪異探しを邪魔しない気がした。

 

Hに呼ばれて、鈴木誠も校舎へ忍び込むようになった。

Hと誠は、2人で、普段、立ち入り禁止になっている地下室を調べることにした。

体育館の下に地下室があるのだが、そこは立ち入り禁止になっていて、入れないのだ。

中へ行くためには、まず、職員室で鍵を借りてこないといけない。

用務員さんにお願いしても、貸してくれるわけはないので、職員室へこっそりし忍び込み必要がある。

2人で相談して、誠が廊下に見張りに立って、Hは1人で職員室へ入った。

地下室の扉の鍵はすぐに見つかった、普通に壁にかけてあったのだ。

鍵を手に入れた2人は、さっそく地下室へむかった。

体育館の地下1階は、生徒たちからは地下室と呼ばれている。

教師の話では、ここには、使わない、机や椅子がしまわれているらしい。

鍵を開けて、鉄製の大きな扉から地下室へ入った。

中は、埃っぽく真っ暗だ。空気が重い。

 

「なんかヘンなにおいがする」

 

「ああ」

 

2人は手をつないで、地下室を探検した。

 

教師の話の通り、地下には机や椅子がたくさん置かれていて、迷路のようになっていた。

日頃、ずっと閉められている地下だからか、二酸化炭素がたまっているのか、しばらくすると、Hも誠も呼吸が苦しく、ふらふらとしてきた。

互いにささえあって、なんとか立っている状態だ。

 

「気持ち悪いよ」

 

「やばいな、おい」

 

このままでは体が危ないのを2人は、本能的に感じていた。

 

「電気、つけよう」

 

Hは壁をさわって、スイッチを見つけ、蛍光灯をつけた。

室内にあかりがともる。

 

「きゃ!」

 

あかりにこたえるように、女の声がした。

 

Hと誠は顔を見合わせた。

こんなところに自分たち以外のものがいるわけがない。

 

「誰かいるぞ」

 

「声したよね?」

 

ささやきあい、体勢を低くして、周囲をうかがった。

積み上げられた机と椅子のせいで、周囲の様子がよくわからない。

 

「ちょっとオレ、見てくるから、誠はここにいろ」

 

「うん」

 

Hは誠を残して、奥へと張って行ってしまった。

 

誰かいるのか?

 

Hはそれが知りたかった。

 

「う、うん」

 

「はぁ-

 

ガタガタ。

 

机や椅子の軋む音と、人の呼吸音がした。

だいたいどちらにいるかわかったので、Hはゆっくりとそちらへ進んだ。

 

そして、

 

「あ・・・!」

声をあげかけて、口に手の平をあてた。

 

ほんの数メートル先に、彼らはいた。

床に這いつくばるようにしているHの少し先に、机を並べ、寝台のようにした上に、裸の大人の男と女が並んでいた。

Hはまだ子供だったので、大人たちのしていることがよくわからない。

 

茫然としている、Hに机のうえの二人が気づいた。

男の方が、「チッ」と舌打ちし、女は照れたように笑った。

 

Hはあわてて全速力で、誠のところへ這って帰った。

戻ると、誠は床に倒れていた。

 

「起きろ。帰るぞ」

 

「う、うーん」

 

つらそうな誠に肩を貸して、2人はどうにか、地下室をでた。

 

「なにかあったの?」

 

「裸の男と女がいた」

 

「なにそれ?」

 

「オレにもわからん」

 

結局、職員室に鍵を無事返して、2人は校舎を後にした。

 

閉めきった地下室にいた男女は人間なのか、怪異なのか?

 

誠がこの話に自分なりに納得できる解をみつけたのは、これから30年以上すぎた後である。

 

END

 

☆☆☆☆☆

 

15話めは以上です。

この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

今回の話は、私の少年時代の思い出がベースです。

 

 今日も楽しいですね。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告