脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-16 「女屋-2」

100-16  「女屋-2

「血はうめぇなぁ」

 

「ああ、うまいよ」

 

「自分の血を自分で飲んでるんだから、問題ない」

 

「ああ、問題ないよ」

 

小学校の同級生たちが、自分の血液を飲んで、うれしそうにつぶやいている。

誠はそれをみて、ぞっとした。

 

「女屋-1」の出来事と同じ頃、誠は、同級生から、ある噂を聞いた。

市民センターには人間でないモノが住んでいる、という噂だ。

市民センターの最上階には、普段は使われていない物置的なスペースがあって、そこには棺があり、生きている死者がいるらしい、という。

誠にその噂を教えてくれた友達たちは、それは吸血鬼だと言った。

女の吸血鬼がいるのだそうだ。

誠はHとの経験もあったので、もしかしたら、市民センターにも本当になにかがいるかもしれない、と思った。

そんな噂が低学年の小学生たちに広まっていたこの頃、誠のまわりでは、吸血遊びが流行していた。

これは遊びというか、本当に血を吸うのだ。

肘の内側だったり、指先だったりに、自分で噛んだりして、小さな傷をつけ、そこから自分の血を吸う。

休み時間などに、校庭の片隅に集まって血を吸ったりしている。

誠は誘われても、自分でやる気にはなれなかったし、みんなが言うようにそれが、安全で、大丈夫な行為だとも思えなかった。

 

「血を吸うといいことあるの?」

 

「だって、そうすれば、オレも吸血鬼じゃん」

 

「吸血鬼の仲間になれるんだよ」

 

少年たちにそう言われても、誠は吸血鬼になりたいとは思わなかった。

 

「市民センターにいる女が、どうして、吸血鬼だって、わかるのさ」

 

「だって、見た人いるらしいよ」

 

「それ、普段は、棺桶の中で眠ってるんだよね」

 

「ああ、だから、寝ている時に、心臓を釘で打ち抜けば、殺せるって」

 

「殺すの?」

 

「いや、オレらは殺さんけど、やろうと思えば殺せるみたいだぞ」

 

市民センターの吸血鬼は殺せる。

みんなの噂を総合するとそうなる。

殺せるなら、そんなに怖くない。

誠はそう思った。

夏休みに、Hと行った地下室には、裸の男と女がいた(と、Hが言っていた)。

市民センターには、女の吸血鬼が棺にn眠っている。

他にも市民住宅には、女の幽霊がでるらしい。

誠が住むこの街は、怪しい女の噂ばかりだ。

なんでそんなものが、あちこちをうろうろしているのか、誠は気になった。

これは、先生や親に聞いても解決しない問題だと思った。

Hとの地下室の件も、あの後、Hや誠の親にそれとなく話してみたが、「まぁ、夏休みなら、そういうことしてる人もいるかもな」などと言われ、Hと誠が入るまでは、鍵がかかっていたはずの地下室に男と女がいたのが、不思議なのに、誰もそのことを気にしていなかった。

市民センターの吸血鬼も、親に相談しても、「まぁ、そういうのもいるかもな」とか言われるんだろうか。

誠は市民センターへ探検へゆくことにした。

もし、吸血鬼を見つけたら、殺せるなら、殺そうと思った。

友達は楽しそうにやっているが、例え自分のでも、人間の血を吸うのはおかしい。

学校でヘンな遊びが流行るのも、あちこちで怪しいことが起きるのも、みんな、吸血鬼の仕業だ。

だって、吸血鬼は偉い怪物なんだから。

そして、平日の昼間、誠は1人で市民センターへむかった。

友達を連れてゆくのはやめた。

吸血鬼とは命がけの戦いになるかもしれないので、他の人を巻き込みたくない。

平日の市民センターは、人気もなく、がらんとしていた。

誠は、エレベーターで5階までのぼり、最上階の6階へは、階段を使うことにした。

6階は普段は、閉鎖されていて、エレベーターではいけないのだ。

階段をのぼって、6階まできあた。

鉄製の非常扉が閉じている。

ここであきらめるわけにはいかないので、誠は、扉を手っで押したり、引いたりしてみた。

扉は開いた。

誠は6階のフロアへ入った。

 

「ほんとに棺桶、あるよ」

 

思わず口にしてしまった。

うげっと悲鳴をあげそうになった。

6階の床の上には、木でできた棺桶が置かれていた。

一瞬、誠は逃げだしそうになったが、なんとか、勇気を奮い起こして踏みとどまった。

 

棺桶はあった。

後は、この中に吸血鬼がいるか、どうか、だ。

 

誠は棺桶に近づいた。

映画などにでてくる、ドラキュラがはいっていそうな黒い棺桶だ。

側まできて手をのばす。

蓋を外せば、そこに女の吸血鬼が・・・

誠は覚悟を決めて、両手で蓋をつかみ、放り投げた。

意外に軽かった蓋が、遠くへ飛んでいく。

 

「うりゃ」

 

威勢よく、蓋を開けた後、そこには。

棺桶の中は、カラだった。

 

「コラッ。なにをしとるんだ」

 

廊下に怒声が響き渡った。

ドアが開き、6階の施設を使っていたらしい、背広姿の中年男性が、誠の前に現れた。

がっしりとした体格のいいおじさんだ。

顔を赤くして、誠をにらんでいる。

 

「おまえ、どこの子供だ。こんなところで、なにをしてるんだ」

 

「す、すみません。ぼくは、A小の」

 

「ここで、なにをしてる」

 

「え、棺桶に女の吸血鬼がいるって聞いて、退治しにきました」

 

「なんだとぉ」

 

「あ、すみません」

 

誠は頭をさげてひたすら謝った。

自分よりも全然体格のいい、このおじさんにかなうとは思えなかった。

 

「吸血鬼、だと」

 

「だって、市民住宅にも女の幽霊がでるし、学校の地下にも裸の男と女がいるし、ここには女吸血鬼がいるって」

 

「子供の噂か」

 

「は、はい」

 

おじさんは、誠の言葉に深く頷いた。

 

「子供たちの間でも、噂になってるのか」

 

おじさんは遠い目をして、視線を中空にさまよわせた。

 

「女の幽霊がでたり、女が棺桶にはいっていたり、男と女が裸で寝てるのは、仕方がない。

このへんは、女家(おんなや)だからな」

 

「おんな、や」

 

「もう昔の話だ。子供は、そんな言葉を口にしちゃいかん。

いいか、ここには、なんにもないぞ。

その棺桶は、劇団が芝居で使った大道具だ。

吸血鬼なんかおらんぞ。

忘れなさい」

 

「は、はい」

 

おじさんに押されるようにして、誠は6階をでた。

 

「おんなや」

 

その言葉は、それからずっと、誠の記憶に残り続けた。

 

END

 

☆☆☆☆☆

 

16話めは以上です。

この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

私の郷里の歴史的文化がらみの怪談です。

怪談に歴史ありです。

 

 今日も楽しいですね。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告