脳出血した中高年のための怪談100物語 更新中です。 怪談はあなたと私をつなぐ、1話2000字のコミュニケーションツール 広告

100-22 霊能者-4

100-22 霊能者-4

Tと過ごした一夜は、次から次へと話題がでてきて、話が尽きなかった。

もともと、心霊や怪奇現象に興味があった誠は、Tに気になることをどんどん質問した。

Tは、誠の質問にけっこう軽い感じで答えていたが、さすがに夜も更けてくると疲れたのか、返事をするペースが遅くなってきた。そして、

 

「じゃあさ、鈴木くんは、本物、見たことあるの?」

 

「本物って、本物の幽霊ですか?」

 

「ああ。本物」

 

Tが自信ありげに頷く。

 

「僕は、それは・・・

自分では見たかな、って思ったものは、ありますけど、本物だって言い切る自信はないです」

 

これまで誠は何度か奇妙な経験をして、不思議物なものを目にしたこともあったが、それが本物だと言い切る自信はない。

 

「Tさんは、言い切れるんですか?」

 

反対に聞き返した。

 

「ああ。言い切れるよ」

 

「どうしてです?霊能力があるからですか?」

 

「それもあるけど、やっぱり集まるとこには、集まるんだよな」

 

Tがまた、わけのわからないことを口にする。

 

「俺は昔、N県に住んでたんだ。

古い立派なお寺がけっこうあちこちにあって、よく友達と遊びに行ったりしてた。

子供の頃の俺が、本物をまとめてたくさん見たのは、その寺でだった。

あの時、なんでだったかは忘れたけど、俺は友達と一緒に婆ちゃんに連れられて、近所の大きな寺へ行ったんだ。

それで婆ちゃんが住職さんと話しがあるって奥へ行っちゃって、俺は、友達と境内で遊んでた。

そしたら、本堂の外側の渡り廊下みたいなところに、それが、まとめて置いてあったんだ」

 

「なにがあったんです?」

 

「写真だ。

絵葉書みたいなきれいな写真。

山の風景とかいろんなのが、何十枚もあった。

そこそこきれいだったから、友達が持って帰るって言いだして、俺たちは、それを持って俺の家に帰ってきたんだ。

で、問題はそこからだ。

俺の家でみんなで、あらためてその写真を眺めていたら、俺たちは、写真がおかしいのに気づいた。

よく見て、初めてわかったんだけど、その写真には、どれにでも必ず、本当は写るはずのないヘンなものが写ってたんだ」

 

「ヘンなもの?」

 

 「人魂や生首、昔の侍が写ってるのもあったよ。

普通に山の風景だなぁ、と思って、むきをかえてよくよく見たら、木々の間に女が立ってたりさ。

そのうち、誰かが、いいださした。

これ、心霊写真じゃないか、って」

 

「心霊写真? あの、TVの番組なんかにでてくるやつですか?」

 

「それそれ。どう見てもそれだったんだよ。

それがたくさん」

 

数十名の心霊写真を想像して、誠は身震いした。

有名な寺にはそういうものがもちこまれるのか、と感心もした。

 

「どうしたんですか、その写真。お寺に返しにいったんですか?」

 

「いや、まず、燃やした」

 

Tはいたずらっぽく言う。

 

「気味悪かったから、灰皿において、ライターで火をつけて燃やした」

 

「バチが当たりませんか?」

 

「大丈夫だと思うよ。みんなで燃やした。ああいうのは燃やしたりして消してしまった方がいいんだよ。

 

燃やしたんだけど、

けど。

 

それでも、残ったやつがあって。

その1枚だけは、何回燃やしても、燃えないんだ。

川だか、滝の水の流れが写ってて、よく見ると、そこに人の顔がたくさん写ってるんだよ。

それこそ、何十人も、顔だけあって、すごく気味が悪い写真。

それがどうしても燃えないんだ。

だんだん、俺たちも怖くなってきて、その写真だけは、婆ちゃんに言って、さっきのお寺へ戻すことにしたんだ。

まず、婆ちゃんがお寺様に電話して、わけを話したら、お寺様も、じゃあ、持ってきなさいって言ってくれて、俺たちも婆ちゃんと一緒に返しに行った」

 

Tは紙にペンで、その心霊写真を簡単にかいてみせた。

一面に急流のような水の流れがあって、その中にぽつぽつと泡のように、人の顔がいくつも浮かんでいた。

 

「これ、なんなんですか?」

 

「わからん。ただ、あの、写真を返しにいったら、お寺様に、ここには、こういうものがたくさん集まってくるから、勝手に持ち出しちゃいけないって、注意されたよ。

本当に怖いものは、寺の奥にしまってあって、表にでてくることはない、って言ってた」

 

「お祓いするんじゃないんですか?」

 

「しない。

それは俺も後で知ったけど、本当にヤバイやつはもうお祓いしたりはしない。

ただ、お寺でずっと祀つってある。仏様といっしょだ」

 

「つまり、Tさんたちが見つけたのは、誰かが、お寺に置きにきた心霊写真だったってことですか?」

 

「たぶんな。

お寺まで持ってきて、そこに置いて帰ってんだろうな」

 

Tの話は辻褄はあっている気がした。

心霊や怪異の手におえないものは、やはり人は神仏に頼るのだろうか?

そうしたくなる気持ちはわからないでもない。

 

「あのー、その心霊写真って全部、本物でしたか?」

 

「ああ。みてると、すごい気持ち悪くなったよ。

あれは、本当は写っちゃいけないものだから、気持ち悪いんだと思うな。

実際はそこにいちゃいけないものが、そこに存在する時の異物感って、わかるかな?

ああいうのは、それがすごいんだ。

例えば、つくりものの時代劇の中に本物の侍がいたら、浮くと思わないか?」

 

「浮くでしょうね」

 

「そういうことだよ。

本物の怪異は、どれもここにいてはいけないものだから、だいたいすごく浮いてる。

あの写真もそうだったけど、俺が小学校三年生の時に出会ったのは、本当にありえないやつだった。

あの頃、俺はまだN県に住んでた。

夏休みだった。

一緒にいた友達とは、いまでも会うたびに、あの日の話をする。

俺たちは、あれを見た。あれは現実だった、って確認するんだ。

鈴木くんは、俺の話を信じてくれるんだよな?」

 

「はい。

もう、さっきから鳥肌が立ちっぱなしなんですよ。

Tさんは、僕になんの話をするつもりなんです」

 

Tにしつこいくらいに念を押されて、誠はきっぱりと返事をした。

信じることが、その本物の怪異を知るための条件なら、迷う気持ちは微塵もなかった。

 

 

END

☆☆☆☆☆
22話めは以上です。
この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

しばらく続いている霊能者は、モデルのいる実話です。

大学時代、僕がTさんのモデルさんと過ごした時に聞いた話です。

自らを霊能者だと名乗って、えんえんと実話怪談を話す人って、それだけで怪しいですよね。

でも、実際のTさんの語りにはリアリティがありましたよ。

ふんふんと聞いてしまう僕が甘いのでしょうか。

 

今回はここで失礼します。

 

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告