脳出血した中高年のための怪談100物語 更新中です。 怪談はあなたと私をつなぐ、1話2000字のコミュニケーションツール 広告

次にくるのはアレ ジョナサン・デミ監督 「トーキング・ヘッズ」 ライブフィルム ダブダブのスーツ ミニシアター ★ストップ・メイキング・センス 1984年 アメリカ

f:id:honkidehon:20180115121439j:plain

画像出典元URL:http://eiga.com


『STOP MAKING SENSE』予告編

こんにちは、本気で本です。

僕が偏愛する映画を紹介し続けているこのブログですが、本日紹介するのは、「ストップ・メイキング・センス」1984年に制作された映画です。

その後、監督のジョナサン・デミが「羊たちの沈黙」でアカデミー賞を受賞したりしたこともあって、再上映されたりもぢている映画です。

こちらは、あの頃、人気絶頂だったロックバンド「トーキング・ヘッズ」のライブを収録した作品で、それ以上でも以下でもありません。

予告編を見れば、空気感はつかめると思います。

僕は、こうした公開規模の小さかったミニシアター系の過去映画に、惹かれるところがあって、この作品なんかも懐かしさ九割で偏愛しています。

ジョナサン・デミの名前が「羊たちの沈黙」大成功で大きくなりすぎてしまいましたが、何度も書くように本作自体は、名作でもなんでもありません。

たまたま後の名監督が撮ったライブフィルムです。

ブログタイトルに書いた、次にくるのはアレ ジョナサン・デミ監督 「トーキング・ヘッズ」 ライブフィルム ダブダブのスーツ ミニシアター、らにピンときた人はご覧ください。

損はしないと思います。

*この作品は、某超有名動画サイトに、本編がまるまるUPされているので、興味のある方はどうぞ。「Stop Making Sense」で検索すれば、見つけられると思います。 ←当然、字幕なしです。(2018.01.15現在)

解説

アメリカの人気ロックバンド「トーキング・ヘッズ」が1983年12月にロサンゼルスで行なったライブの模様を、後に「羊たちの沈黙」などを手がけることになるジョナサン・デミ監督が収めたライブフィルム。黒子をセット変えに起用するなどユニークなステージをシンプルにまとめ、人気を博した。99年にはドルビーデジタル音響のリマスター版が作られ、日本でもリバイバル公開されている。2016年、デミ監督がロック歌手を主役に描いた「幸せをつかむ歌」の公開にあわせ、東京・Bunkamuraル・シネマで1週間限定上映。

作品データ

原題 Stop Making Sense
製作年 1984年
製作国 アメリカ
配給 boid
日本初公開 1985年8月3日
上映時間 88分

 資料出典元URL:http://eiga.com

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告