脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

オススメしておきたい怪談本

こんばんは、本気で本です。

今回は、僕がみなさんへオススメしたい怪談本を紹介しようと思います。

このブログでは、自分で実話怪談を書いているわけですけれども、実際、みなさんは、怪談の本は読まれるのだろうか? たまに、ふと疑問に思ったりします。

僕は怪談好きなので、本も読むますし、買いますが、ごくごく一般的な人はそうでもないのではないかな、と思ったりするのです。

しかし、しかし、怪談本といってもいろいろな種類があります。

僕自身も苦手なものから、好きな作家さんのものまであります。

そこで、僕がここで紹介することで、怪談好きの人が新たなな怪談と出会うきっかけになればいいな、と思うわけです。

僕が怪談を選ぶ基準は、基本的に、それがホラーやスプラッターではなく、あくまで怪談であることです。

怖い、怖くないにはそれほど重きはおいていません。

簡単に言えば、日常でない奇妙な体験がそこにあればいいのです。

そしてできれば、自然な感じのものがよいです。

それではまず、現代怪談の大定番から、

 

新耳袋―現代百物語〈第1夜〉 (角川文庫)

新耳袋―現代百物語〈第1夜〉 (角川文庫)

 

現代日本の実話怪談集を代表する作品、新耳袋です。こちらが1つの巻に99のお話が入っていて、全10巻あります。

いまでは、文庫になっていますが、以前のソフトカバー版は、カバーを外すと、収録されている話にでてくる心霊写真、現場写真になっていました。

怖い怖くないでなく、怪異を見つめるといったおもむきの作品集です。

この10冊は、僕はこれまで何回、読み返したかわかりません。

お気に入りの話もあります。

いまでも、あの話はなんだったんだろう? と考えたりします。

なお新耳袋は、ドラマにも映画にもげーむにもなっていますが、僕がオススメするのは本です。

今回は、もう一つだけ紹介します。

それは郷内心瞳さんの著作ぐんです。

郷内心瞳さんは、現役の拝み屋さんで、実話怪談の作家さんでもあります。

ご自身が経験してきた怪異を本にしています。

ネットで名前を検索すれば、ご本人のHPがすぐ見つかります。

興味のある人は、直接会いに行ける拝み屋さんです。(もちろん、代金は必要です)

郷内心瞳さんの著作は、伝奇小説のようなおもむきがあって、そこが好き嫌いのポイントになると思います。

僕は、郷内心瞳さんのケレンは、それはそれで個性として、アリだろうと思っています。

 

拝み屋郷内 怪談始末 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

拝み屋郷内 怪談始末 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

 
拝み屋異聞 うつろい百物語 (イカロスのこわい本)

拝み屋異聞 うつろい百物語 (イカロスのこわい本)

 
拝み屋怪談 来たるべき災禍 (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 来たるべき災禍 (角川ホラー文庫)

 
拝み屋怪談 逆さ稲荷 (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 逆さ稲荷 (角川ホラー文庫)

 
拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫)

 
拝み屋郷内 花嫁の家 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

拝み屋郷内 花嫁の家 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

 

 

とりあえず、現代実話怪談の古典と、いまブイブイ(?)いわせている新鋭さんの作品を紹介しました。

怪談、オカルトの本は、本当に数多くでていますので、自分と相性があう作者のものを探すのも一苦労かもしれません。

それを探すのが楽しくもあるんですけれども。

またそのうち、別の方を御紹介しようと思っていますので、なにかおもろいものがあれば、みなさんから教えていただけるとうれしいです。

 

失礼します。

 

 

 

 

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告