脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

今日の歌(1/26)はこちら

おはようございます。

長女です。

当初は私(長女)に関する記事は不定期に書くつもりの予定であったのに、毎回書くことになりました。

本さん:『逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ!!』
長女:『出たな、碇シンジ!!いゃ、イカレシンジめっ!!
アンタバカァ〜!?ですよっ』
本さん:『アスカ〜!!』
長女:『誰がアスカやねんっ!!このバカシンジ!!』
本さん:『ほらぁ〜、アスカやんかぁ〜』
長女:『ドイツ語であることないこと、言ってやるです。今度はドイツから攻撃を受けるですよ』
本さん:『それだけはご勘弁して下さい、長女さん(泣;;)』

朝から長女、ということで、今日の一曲目をご紹介したいと思います。

今日も一日、心のBGMを鳴らしながら、頑張っていきましょう☆



Utada Hikaru「Beautiful World」 Directed by Tsurumaki Kazuya

私の中学生の頃と言ったら、やっぱりエヴァンゲリオンですね。
葛城ミサトさんが好きです。
(声優さんも好きです)
サービス、サービス♪ですね。
誰かさんから、心遣いという名のサービスが欲しいところです。

本さん:『長女さん···、それは僕のことでしょうか···??』
長女:『でなければ帰れ、です。by.碇ゲンドウ』
本さん:『イカレシンジですみません』

厳しい寒さにも、負けないよう。


今日も音楽と一緒に。

NO MUSIC NO LIFE

失礼します。

ではでは。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告