脳出血した中高年のための怪談100物語 更新中です。 怪談はあなたと私をつなぐ、1話2000字のコミュニケーションツール 広告

お月様をながめながら

お月様。窓から、見上げて。

 

f:id:honkidehon:20180131194531j:image

 

こんばんわ。

長女です。

 

今日は私もお休みです。

主人と一緒に、今現在お世話になっている就労支援所へと出掛けてきました。

 

『焦らず、きっと大丈夫です。

あなたが思っているより、彼は真面目で、そして出来る能力がしっかりとついていますし、持っているんですよ』

 

先生から、仰られました。

 

きっと、大丈夫だ。

 

ああすれば、こうしてれば···。

 

タラレバ、きっとあげたらきりがない。

 

でも、今は、二人でいられるんだ。

 

皆既月食ということで、お月様です。

 

冬が好きです。

 

空気が冷たいほうが、なんだか、息してるって感じられるような気がするから。

 

本さんは、果たしてふるもっふで見ているのでしょうか(笑)

 

失礼します。

 

ではでは。

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告