広告

100-32 地震? 

100-32 地震?

f:id:honkidehon:20180201182553p:plain

残業だった。

オフィスに残っているのは二人だった。

私は自分の机でやり残した事務仕事を片づけていた。

女性事務員のMさんも、また自分の席でパソコンにむかっていた。

私たちの会社は雑居ビルの一階にある。

12階建てのビルだ。

夜も8時すぎのこのくらいの時間になると、どこのオフィスにもほとんど人は残っていない。

私たちは2人とも、黙って仕事に集中していた。

予兆はなかった。

 

ドーンとすさまじい音がして、私たちのオフィスが揺れ、

縦、横、両方から衝撃を加えられた感じだ。

一瞬、私は、ビルに車が衝突したのかと思った。

以前、このビルの壁にバイクが激突した時も、すごい音がして、オフィス全体が揺れたのだ。今回は、その時よりも音も大きく、衝撃も激しかった。

「あの、いまの・・・?」

Mさんが席を離れ、不安そうな表情で私のところへやってきた。

「うん。車かバイクがぶつかったのかな? ビルの管理の人たちが見に行くと思うけど。へたに外にでずに、ここにいた方が」

 

私の言葉をさえぎって、もう一度、音が響いた。

そして、揺れもきた。

 

ドーンという、地鳴りのような音だ。

 

「おい、いったい、なんなんだ??」

私は、ついつぶやいていた。

 

しかし、ビルの外に飛び出して、事故に巻き込まれるのは、ゴメンだ。

「あの、Mさん、しばらく待ってから、一緒にビルを出よう。

今日の作業は、もう終わりにできるよね?」

「はい」

Mさんが頷く。

私たちが身支度を整えて、オフィスを後にしたのは、それから数分後だった。

関係者用の夜間出口から、ビルを出ようとした。

と、出口の前には、警察のKEEP OUTと印刷されたテープが張られていた。

私たちのビルは、いつの間にか、パトカーに囲まれ、四方にKEEP OUTのテープを張り巡らされていたのだ。

 

そして、

「きゃっ!!」

アスファルトをみて、Mさんが声をあげた。

ビルの前の、街灯に照らされたアスファルトは、真っ赤に染まっていた。

あたり一面、赤だ。

「はい、すみません。いま、こちらからは、出られませんよ」

若い制服警官が、私たちに寄ってきた。

「どうしたんですか?」

「ビルの上から、人が落ちました。二人です。

中にいて、気づかれませんでしたか?」

人が落ちた?

私とMさんは、顔を見合わせた。

「事故ですか? 自殺ですか?」

「さぁ、わかりません」

警官は、くわしいことは教えてくれなかった。

私たちは普段は使わない、非常用の出入り口からビルを出た。

 

翌日、ビルの管理センターから、昨夜、ビルに忍び込んだ部外者の男女が12階から飛び降りたというのをきいた。

しかし、男女の生死については教えてもらえず、あれから、ビルの周辺では、血まみれの女がふらふら歩いている、という噂がささやかれるようになった。

幸い、私はまだ、血まみれの女と出会っていない。

 

END

 

☆☆☆☆☆
32話めは以上です。
この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

今回のは実話です。

体験者は、私(本気で本)と長女です。

 

この時、聞いた音と衝撃はいまでも忘れられません。

 

アスファルトが人の命を奪う音です。

また、こういう事件は、あまり報道されず、新聞にもNEWSにもほとんど報道されなかったったのが、いまでも不思議です。

 

そういうものですかねぇ?

 

これまでのブログ同様、ご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告