脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

これは観ない方がいいよ、とさすがの僕も言う デビルマンと似たようなもん 東映創立50周年記念作品 アニメは忘れよう 藤井フミヤの黒歴史 ★RED SHADOW 赤影 2001年 日本 


RED SHADOW 赤影(予告編)

f:id:honkidehon:20180205152932j:plain

画像出典元URL:http://eiga.com

こんにちは。本気で本です。

今回紹介する映画「RED SHADOW 赤影」は、僕個人としたは、これまで46年間、劇場でお金を払ってみた映画のぶっちぎりのワーストワンです。

一緒に行った妻との仲が険悪になりかけたくらいひどかったです。

「こんなものをお金を払って夫婦でみにいくなんて、あんたは、頭がおかしい」

あれから17年経ったいまでも、妻の日本映画不信はなおっていません。

いろいろ書き連ねてますが、僕、本気で本が、この映画に言いたいことは、一つです。

本当にひどいから、伝説の「デビルマン」(←これもお金払って劇場で観ました)よりどいから、嘘だと思ったら、観てごらん?

 

後悔しても僕の責任じゃないよ。

 

「赤影って、昔、特撮テレビドラマだった「仮面の忍者赤影」のリメイクでしょ。TVアニメもそこそこヒットしてたし、東映創立50周年記念作品なら、そうひどくはならなんじゃ?」

 

それがなるんです。

 

出演者が全員が被害者に見えます。

 

ありえないしろものです。

 

僕は、かっての「仮面の忍者赤影」もアニメの赤影もみていた世代です。でも、これは違うんです。べつものです。

日本、海外を合わせて200本のPVを撮影してきた中野裕之のよさがどこにもでてない作品です。

中野監督のこれ以外の映画作品、「SF サムライ・フィクション」も「Stereo Future」もそれほど悪くなかったのに、一番、お金がかかっているはずの、東映創立50周年記念作品のこれはダメなんです。

中野監督は、最近も作品を撮られていて、小栗旬主演の「TAJOMARU」とか、ロックバンド「ONE OK ROCK」のアジア&ヨーロッパツアーを追ったドキュメンタリー「FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM」などで、話題になってますが、それよりもなによりも「デビルマン」以上の最強フィルム「RED SHADOW 赤影」にみんながふれないのが、僕には不思議でなりません。

 

あまりにあまりなので、みんな観てないから、誰もふれないんでしょうか?

 

それとも、この作品をそこまで悪く思ってるのは、うちの夫婦だけなのでしょうか。

 

さすがに、もう一度見直す気にはなれません。

 

謎です。

 

RED SHADOW 赤影 [DVD]

RED SHADOW 赤影 [DVD]

 

 

解説

TV化もされた横山光輝の漫画「仮面の忍者 赤影」を原作に「SF サムライ・フィクション」の中野裕之監督が忍者映画に挑戦。戦国大名、東郷に仕える忍者集団・影の一族の赤影、青影、飛鳥は、隣国の新兵器偵察へ。そこで隣国の忍者集団とのバトルが始まる。「マトリックス」のスティディカム担当、ロバート・アガニスが同役で参加。ピエール瀧、舞の海秀平、スティーブ・エトウ、篠原凉子、藤井フミヤ、アリーナ・カバエワらが出演。

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 114分
資料出典元URL:http://eiga.com
ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告