脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-34 秘密-1

100-34 秘密-1

f:id:honkidehon:20180206145758j:plain

 「これは、ほんとに、誰にも誰にも言うなよ。

俺、実はな、昔、友達の家に遊びに行った時に、そこから電話して、女を呼んだ。

知ってる女さ。

昔の話だぜ。

俺もその友達も学生で、その女も同じ高校で、まぁ、知り合いだった。

その女、XXんで有名だったんだ。

結構、かわいかったけど、知ってる男に呼ばれるとすぐに遊びに行くような、そんな女さ。

俺も友達も、そいつが来たんで、ガンガン酒を飲ませた。

酔うとやらせてくれるって噂だったし、俺たちはやる気だった。

はじめはいい雰囲気だったんだ。

話も弾んで、よく笑ってた。

でさ、俺らがだんだんそのつもりで、触ったりしはじめたら、嫌がったから、俺はつい、殴っちまったんだ。軽くさ。いいだろ、やらせろよ、ってさ。

なんか、でも気が付いたら女は本泣きしてて、俺らもマジで熱くなってて、女の服をぬがせて、順番に……

それで後であやまったんだけどさ、結果、俺ら、どちらもあいつとは付き合わなかったし、一回の体だけの清い関係っていうか、まさか、あいつがこんなに早く死んじまうなんて、想像もしてなかったんだよ。

いま、なにをしてるかも知らなかったし、一応、俺としては、あいつが初めての相手だったからさ、反省して、感謝してたんだよ。

男にしてもらったっていうか。

なのに、なんで、死んじまってから、俺のとこにでてくるんだよ。

わけわかんねぇ」

「そうなんですよ。私はアブノーマルな男なんですよ。

正直、SMにも興味があります。

ええ、こうしてデリヘルを経営している人間には、アブノーマルな人もけっこう多いですよ。

仕事とプライベートは分けてますから、自分の店の子には手はだしませんよ。

向こうから指導をお願いされれば別ですが。

私は、この仕事をする前からアブノーマルな人間でした。

初体験もレイプみたいなものでしたしね。

でも、鈴木さん、男なんてみんなそんな感じでしょう?

私が初めての時、私の相手は初めてじゃなかった。

嫌がるフリをして、やらせてくれたんですよ。

楽しんでたのかもしれない。

私はSですけど、それはあくまでプレイですから、本当に相手が嫌がるようなことはしません。

傷付けたいわけじゃないんですよ。

だから、いまこうして、毎晩、私の枕元に女の幽霊に立たれるのは、心外なんですよ。

私は幽霊にカン違いされているのかもしれない。

ねえ、先生、そうじゃないですか?」

「オレは昔から霊感が強かったんです。

だから、オレのところにでてくるんだと思います。

俺はあの女になんにもしてないですよ。

あいつがいろんな男としてるのは知ってました。

そうですね、個人的には、かわいい顔してんのに、汚れだな、って思ってました。

オレ、あいつが接客で働いてたのも知ってたから、いろんな男とあんなことしてるに、接客で普通に笑顔で対応してて、スゲェな、って。

ずっと前に仲間と海へ遊びに行った時に、あの女も他の女と一緒に来たんですよ。で、騒いで飲んで、しまいには、浜でみんなにまわされました。

オレはしてないです。

オレ、汚れとはやりません。

だって、嫌じゃないですか、なんか。

あいつが死んで幽霊になっても、そんなのオレは全然関係ないですよ。

普通に成仏っていうんですか、それができないのも、あいつがそういう生き方をしてきたからで、なんでオレが幽霊になったあいつと会わなきゃいけないんですか? 

納得いきませんよ。

先生にお願いしたいのは、あいつにオレのところへ来ないようにして欲しいだけです。

あとはどうでもいい。

オレとは関係ないんだから、オレに顔をみせるな、ってそれだけです。

先生は、あいつ、消したりできるんですか?

存在そのものを消滅させるとか。

もし、追加料金がかからないなら、それでもいいですけど。

話し合い?

それはなしです。

オレはほんと関わりたくないんですよ。

霊感強くて得したことなんて一度もありませんよ。

見たくないものが見えたり聞こえたり。

そうですよね、鈴木誠先生。

先生なら、オレの気持ちがわかるはずだ。

助けてください。お願いしますよ」

 

END

☆☆☆☆☆
34話めは以上です。
この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

今回は続き物です。

この話だけだと不可解な点もあるかと思いますが、次回35話でこのお話は完結しますので、もう少々お待ちください。

少し過激? だったかもしれませんが、このブログの読者さんは、みなさん、大人であられるので、大丈夫ですよね? ダメだった方はすみません。

みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告