脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

拾い物的おもしろさ 90分の長さがほどよい 心霊ミステリ ゴーストいっぱいでてくる ヤバイ過去のある精神分析医 亡くした娘 ★心霊ドクターと消された記憶 2015年 オーストラリア

f:id:honkidehon:20180212194412j:plain

画像出典元URL:http://eiga.com

こんにちは。

本気で本です。

佳作的ホラーミステリ映画ってありますよね。

ケイト・ブランシェットが主演していた「ギフト」(2000年)とか、ニコール・キッドマンの「アザーズ」(2001年)なんかをあげる人も多いと思います。

本作は、まさしくそんなよくできた佳作でした。

娘を失って失意の中にいる精神分析医ピーターは、怪しげな少女エリザベスに導かれ、自分の患者たちがすべて幽霊だったのに気づき、それだけでなく、自分には隠された過去があることを知ります。

それは、過去の列車事故にまつわる秘密だった。

こう、あらすじを書いても、本当に凡庸なありきたりな感じのストーリーなんですが、それを90分の長さで過不足なくやってるところがイイのです。

謎は最初のいちおうの解決と、どんでん返し(観客のための)、そして本当の解決があります。

僕は、こういう作品、好きなんですよ。

日本で大ヒットはしてないでしょうし、みている人も少ないと思います。

でも、このブログを読んで気になった人は、レンタルやネットで、ぜひ、ご覧ください。

けっして損はしないと思います。

日本のTVから2時間のサスペンスドラマがほぼ姿を消したいま、こういう作品は貴重な気がします。

解説
「戦場のピアニスト」のオスカー俳優エイドリアン・ブロディが主演したミステリー。「ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島」「ザ・ライト エクソシストの真実」などの脚本を手がけたマイケル・ペトローニが、自身2作目の長編監督作として手がけた。娘を亡くし、悲しみに暮れる精神分析医のピーターのもとに、ある日、エリザベスと名乗る少女が現れ、1枚のメモを残していく。メモを調べていくと、ピーターが受け持つ患者全員が、23年前の1987年7月12日に、ピーターの故郷で起きた列車事故で亡くなっていたことがわかる。そのことをきっかけに、自身の記憶が塗り替えられていることに気付いたピーターは、事故の調査を続け、自身の歪められた記憶の先に隠された真実に迫っていく。
スタッフ
監督
マイケル・ペトローニ
製作
ジェイミー・ヒルトン
アントニア・バーナード
マイケル・ペトローニ
製作総指揮
フィル・ハント
コンプトン・ロス
デビッド・エバンス
脚本
マイケル・ペトローニ
撮影
ステファン・ダスキオ
美術
エリザベス・メアリー・ムーア
衣装
ジャスティン・シーモア
編集
マーティン・コナー
音楽
デイル・コーネリアス
キャスト
エイドリアン・ブロディピーター・バウアー
サム・ニールダンカン・スチュワード
ジョージ・シェブソフウィリアム・バウアー
ロビン・マクリービーバーバラ・ヘニング
クロエ・ベイリスエリザベス・ヴァレンタイン
ブルース・スペンスフェリックス・マターズ
マルコム・ケナードバリー
ジェニー・ベアードキャロル・バウアー
アンナ・リース・フィリップスエリカ・ジョージ
エマ・オファレルイーヴィー・バウアー
ジェシー・ハイドピーター・バウアー(少年時代)
閉じる
作品データ
原題
Backtrack
製作年
2015年
製作国
オーストラリア
配給
プレシディオ
上映時間
90分
映倫区分
G

資料出典元URL:http://eiga.com

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告