広告

本さんに対抗して。長女と一緒。バレンタインver

おはようございます。

長女です。

 

浮き沈みが激しい自分です。←私って一人称ですが、自分って呼ぶことも多いです。

 

こんな感じで日々、いつも職場で、家庭でと奮闘しております。

(奮闘どころか、憤慨やな。自分の思い通りにならないと、やはり気に食わぬようです)

 

でも、そんなウサをまた晴らすべく、昨日は昨晩、こんなことしてました。

 
f:id:honkidehon:20180214103123j:image

もともと作るの(主にはチョコ菓子ですが)が好きなので、夜、一人でデコってました。

クランチチョコです。

 
f:id:honkidehon:20180214104102j:image

二層になってます。


f:id:honkidehon:20180214103328j:image

作るよりも、ラッピングする方が好きでもあります。


f:id:honkidehon:20180214112322j:image

お写真が横で見にくいかもですが、コレはデコり過ぎて逆に失敗かも。。

ハートでクローバーを表現してみたのですがイマイチでした。

 

主人の為にと思って、夜中が私の今のマイタイム(好きなことしてる時間です)なのに、主人はとっくに寝てるかと思ったら、

 

主人:『長女ちゃぁ〜ん、灯りついてるとねれないよ〜』

と寝ぼけたこと言うです。

なぜか、カチンときた私。

一生懸命、喜んでくれるかな?ルンルン♪へへっ♪(今思うと私のキャラじゃないですが、乙女キャラになりきれない私…。でも、友達からは長女ちゃんは乙女だから!!と力説してくるです。素を知らないからだっ。←またもツン)

私:『まだ起きてたの!?

〜〜〜〜!!

チョコ作ったじゃんっ!!そんなこと言わんでもいいじゃん!!

いいよもぅっ!もぅじき終わるからっ!!』

と、主人見たら、私が言い終わる前にまた寝てました。

 

確かに、以前でもあげたように、それでも前向きな私。

 

自分で自分にビックリや。

 

ちなみに去年のがこちら。


f:id:honkidehon:20180214111807j:image

比べると分かります。


f:id:honkidehon:20180214111853j:image

こちらは本さんへ。

スターウォーズのロリポップも一緒に。


f:id:honkidehon:20180214112014j:image

主人へ。ベイマックスが好きなので、チョコもディズニー仕様。


f:id:honkidehon:20180214112108j:image

これまた失敗。。

クッキーの下にドーナツがあって、チョコをコーティングしたものです。

(ベイマックスのは市販のです。オーブンがないので)


f:id:honkidehon:20180214112252j:image

ラッピングまで見るとエライ気合入っとるなと自分でも思います。我ながら上出来。

 

おまけに、一昨年ぐらいとなると。


f:id:honkidehon:20180214112516j:image

このケーキみたいなのも市販で、後は自分でデコ。


f:id:honkidehon:20180214112607j:image

これはキレイにデコれました。

これも、主人とは別で、本さんにあげました。

 

今年は、クオリティが落ちたかもです。

もとより、ちゃんと作りたかったです。

(決して手抜きではありません。むしろ、作る方がお金かかりますね、やっぱり)

こういうのも、出ちゃうもんなんですかね?

 

本さんから『長女!!僕には手作りないのっ!?』という声が聞こえてきそうですが。

 

渡したチョコでガマンして下さい。

(あのクマさんチョコ以外にも、お渡ししたのです)

 

おまけ。

 
f:id:honkidehon:20180214113739j:image

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。

その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。

なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。

気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい。

それが毎年もどかしい、というのです。
それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。

もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。

いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。

そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。

社内の人間関係を調整する日ではない。

だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。


気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。

そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。

愛してる。好きです。本当にありがとう。そんな儀礼ではない、心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。


ゴディバジャパン株式会社
代表取締役社長
ジェローム・シュシャン

 

と、いうことですよ、本さん。

 

本さん:『ギブミーチョコレート!!』

 

ゴディバのチョコ、奮発して買っちゃおうかな。

 

自分へのご褒美くらい…

 

いいよね…

 

失礼します。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告