脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-41 ゴミ袋

100-41 ゴミ袋

 

f:id:honkidehon:20180219135506j:plain

 

 誠がコンビニエンスストアの雇われ店長をやったのも、本業の拝み屋だけでは、生計が立ちぬかないからであった。

しかし、ずっとというのも無理なので、とりあえず、3か月の間だけ、ということでオーナーに断りをいれて、誠はコンビニの店長になった。

学生時代にバイトしていたので、仕事自体はだいたい知っている。

店長としてバイトのシフトや給与計算も任された。

さて、鈴木誠店長のところへバイト希望の青年がやってきた。

彼は、中学卒業以来フリーターをして生計をたててきた。

放浪生活を送ってきて現在は21歳だ。

ちょうど夜勤が必要だったし、誠は彼ことMくんを採用することにした。

 

Mは、いわゆるワイルド系のルックス、ファッションで、服を脱ぐとタトゥーも入れているらしい。

片耳にはめた象牙のピアスが大きすぎて、耳たぶが垂れてしまっている。

目つきは鋭く、背も高いので、怖がる人もいるだろう。

でも、誠にはきさくな感じで話しかけてきた。

「オレ、けっこういろいろ経験してきたんですけど、あの、遠海漁業の船とか、命がけなんで、もう乗りたくないっすね。

それにワルもやりましたけど、やりつくしたっていうか、それにクスリはこりごりですよ」

「クスリって、合法ドラックのこと?」

「すいません。違法もやってました。

もういまはしてないですよ。

店長はクスリ、やったことありますか?」

「ないよ」

「俺、クスリもあれこれ手をだしたんですけど、スピードとかキメると、ほんとに10時間が一瞬で流れちゃうんで、あんなのしてたら、頭おかしくなりますよ」

「まぁ、いましてないなら、いいけど、とにかく、警察に捕まったりしないでね」

「了解です」

 

そんな感じでアウトローな雰囲気十分のMだったが、他のバイトたちにも意外に気をつかうし、お客さんにも親切で、その働きぶりには、悪い点はまったくなかった。

そのうちに夕方、休日にバイトしている女子高生と、Mが付き合いはじめたという話が誠の耳に入ってきた。

別に恋愛は各人の自由なのだが、相手は未成年なので、なにかことが起きる前に、いちおうMに声をかけた。

「Mくん。Yさんとのこと、どうなの?」

「いや、別に普通ですよ」

「あのね、あの子、未成年だからね。

まだいろいろと保護者の許可がいる年齢だから、そこらへん、注意してね」

「了解です。わかってますよ。俺、浮気とかしないし、自分の彼女には優しいんですよ。あいつ、大事にします。女もいろいろ経験してるんで」

誠は、Mがウソを言う人間には思えなかった。

実際、MとYは上手くいっているらしかった。

 

そんなある日の深夜、自宅にいた誠にYから電話がかかってきた。

「店長。Yです。

いまMくんから、写メがきて、お店がヤバイみたいんなんで、行ってもらえますか?」

「ヤバイって?」

「お客さんが、変なものを捨ててったみたいなんです。

Mが警察呼ぶとか言ってます。

店長、行ってあげて!!」

くわしい事情はわからないが、とにかく事件があったらしい。誠は自宅から5分もかからない距離にある、店へと走った。

 

店、コンビニエンスストアの前に、それはあった。

普通にゴミを捨てる時に使う、黒いビニール袋が数袋、店の前に捨てられていたのだ。

どれもパンパンに膨らんでいる。

片手にモップをもったMが、険しい表情で立っていた。

「Mくん。どうしたの?」

「店長、これ。いつの間にか置いてかれました。

これ、ヤバイっすよ」

Mはモップの柄の端で、袋を押したりしている。

眺めてみると袋の中身はけっこう弾力があるようだ。

「これ、ネコか、犬か、最悪、赤ん坊ですよ」

「赤ん坊?」

真剣な表情で語るMに誠がきき返す。

「間違いないっス。俺、前にも見たことありますから。

警察、呼びますか?」

「ま、待ってよ。

僕が調べてみるよ。ただのゴミかもしれないしさ。

このまま、業者に持っていってもらってもいいし」

「中、確認しとかないと、後で呼ばれますよ」

店長の誠とMが、出入り口の自動ドアの前で並んで話していると、他のバイトたちもそこに集まってきた。

 

「Mさん、これ、死体なんですか?」

若いバイトが聞くとMはためらわず頷いた。

「ああ。俺は、前に、見たからな」

前に見たって、どういうことだ。いつ、どこで、なにを見たんだ。

Mの言葉に対する疑問が、誠の中に膨らんでいった。

「とりあえず、ここじゃなんだから、店の奥へ運ぼうか」

誠が袋に手をのばしかけると、

「血とか、匂いとか広がるんで、外の方がいいですよ」

Mは断言した。

「わかったよ。じゃ、僕がここで調べる」

誠がそう言うと、Mはまるでとどめを刺すように、モップの柄ですべての袋を何度も何度も強く叩いた。

その姿はどこか変質的で、袋がやぶけてしまいそうなくらい勢いがあった。

「店長。俺もあけます」

Mは誠の隣にしゃがんで、袋に手をかけた。

ビニール袋の結びめにほどきはじめる。

袋は開け、顔を近づけ、中を覗く。

 

と、

 

「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

 

Mが大声で叫んだ。

 

「いるいるいる。きたきたきたきた」

 

うわごとのようにいる、きたとつぶやき、Mは袋をその場に投げ出して、駆け出した。

 

「Mくん!!」

 

誠が呼んでも、振り向きもしなかった。

 

血の、においがした。

 

誠はまず、Mはそのままにして、Mが残した袋をのぞいた。

袋からは血のような、サビのような、鉄っぽいにおいがした。

 

が、

 

しかし、袋の中には、なにもなかった。

さっき、たしかにMがモップで付いていた時は弾力があったのに、袋の中にはなにも入ってなかった。

ただ、においだけがあった。

他の袋もすべてそうだった。

その日、Mは店に戻ってこなかった。

 

深夜にYからメールがきた。

Mが街を離れてどこか遠くへ行ってしまった。

Yは誠にそう言った。

YにはMからメールがきたらしい。

くわしいことは私も知らない、とYは言った。

誠にもなにがなんだかわからなかったが、Mはなにかから逃げているらしい、ということは、なんとなくわかった。

 

あれ以来、Mには会っていない。

Mは、いまも逃げているのだろうか。

 

END

☆☆☆☆☆
41話めは以上です。
この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

各地を放浪して暮らしている人って実際にいますよね。

僕は、そういう人って怖いと思います。

ひとつのところに留まれない理由がなにかある気がするのです。

なぜ、放浪するのでしょうか?

みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告