脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-44 予感

100-44 予感

f:id:honkidehon:20180220104310j:plain

深夜、台所の床に横になっていた。

夏だった。

寝苦しくて、なんとなくそうしていただけだ。

フローリングの木の床がひんやりしていて、気持ちよかった。

ゴロゴロと体のむきをいろいろかえてみた。

そのうち、なにか聞こえるかな? と興味がわいて、片方の耳を床にピタリと当ててみた。

なにも聞こえない。

もっと、地下を流れる水道管の音とかがするのかと思ったのに。

やはり地の底は、静寂の世界なんだな。

カッコつけた言い方だが、静寂に耳を傾けて目を閉じた。

しばらくそうしていた。

 

ゴゴゴ。

 

最初は、小さな、小さな音だった。

地の底から声がする気がした。

耳に神経を集中する。

 

ゴゴゴゴ。

 

かすかだが、確実に音はしている。

虫の鳴き声ではない。

まるで誰か人がうなっているよう音だった。

 

床に耳を押しつけた。

すました。

深夜の田舎の住宅街だ。

音をだすようなものはないはずだ。

 

ゴゴゴゴゴゴゴ。

 

それは連続的に続いている。

怖いが、耳を離せない。

と、その音がだんだんだんだんと大きくなってきた。

それは人が大きく息を吐いている音にもきこえた。

 

ゴゴゴゴゴゴ。

 

途切れることなく響き続けるそれが、その音がただ音量が大きくなるだけでなく、こちらに近付いてきているのに気づいた。

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴ。

 

それは、地の底から、地上にむけて上がってきている。

音はすごいはやさで大きくなっていった。

 

その迫ってくる勢いを感じさせる音が、

 

大きくなって、

 

近くなって、

 

ドン!!

 

衝撃がきた。

 

地底からきら衝撃に弾き飛ばされて、床の上ではねあがった。

家、全体が揺れていた。

 

地震だ。

 

そのまま、テーブルの下に隠れて、揺れが収まるのを待った。

地震はすぐに止んだが、地震があんな風に地の底からせりあがってくるのを体験したのは、初めてだった。

 

同居している家族にこの話をしたが、誰も信じてくれなかった。

 

そんな音は誰も聞いていないという。

 

そのうちに、地震を知らせる霊たちの声を聞いたとか、いつの間にかオカルト話にさせられてしまった。

 

後日、地学にくわしい知り合いにたずねたが、そんなんことはあり得ないと言われた。

床に耳をつけてたら、地底から音が響てくるとか、神話じゃないんだからさ。

腹の底から笑われた。

   

   END

☆☆☆☆☆
44話めは以上です。

実体験です。

 

今回は短いです。平均して1話2000時ということで、こういう短いのもたまにはよくないですか?

この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告