脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-45 もしもし

100-45 もしもし

f:id:honkidehon:20180220115347j:plain

いまは40代のTさんが子供の頃の話だ。

 

Tさんは女性である。

Tさんのお父さんは、反社会的勢力の幹部だった。

過去には懲役刑を受けたこともあり、全身に入れ墨を入れていて、手の指は何本かなかった。

お父さんは、長い刑を終えた後は、表向きは組を引退して、でも、実際は組と関係のある地元のパチンコチェーンのマネージャになった。

毎日、夕方にタクシシーでホールへでかけていき、夜遅くにタクシーで家に帰ってきた。

Tさんは、そんなお父さんをカッコイイと思い、憧れていた。

警察はお父さんや仲間の人を捕まえる連中だから、嫌いだった。

Tさんの家には、よく警察から電話があった。

まだ携帯電話などない時代だ。

曜日、時間に関係なく、警察からTさんの家に電話がかかってくる。

そして、お父さんが家にいるかどうか確認して、いる、と教えると、お父さんを電話口に呼んで話をする。

時にはその話が長くなることもあって、お父さんは迷惑そうだった。

ある時、Tさんは妹と一緒に、警察に電話をしてみた。

いつも家に電話してくる警察に、反対にこちらから電話して、でたら、間違いでした、と答えて切ってやろう、と思った。

 

「はい。〇〇中央署です」

警察はワンコールででた。

「すいません。間違いました」

予定通りの言葉を口にして、Tさんは電話を切った。

すぐに妹にも同じことをさせた。

妹も無事に成功した。

これまで父さんをいじめてきた警察にやり返せた気がして、楽しかった。

姉妹でかわりばんこに何回も警察へ電話した。

途中からは、向こうが電話にでるのと同時に切るようになった。

そして、しばらくした頃、ちょうど、受話器を置いた電話機を2人が眺めていると、電話が鳴った。

 

「警察だ。バレたんだ」

「ヤバイ。逆探知されたかも」

刑事ドラマで得た知識で、2人は、警察がこの家を突き止めて逆に電話してきたのだと考えた。

「逮捕されるかもしれない」

「でちゃダメ」

2人はなり続ける電話機を無視して、別の部屋へ移動した。

別の部屋でTVをつけて、電話は放っておいた。

 

と、

「はい。もしもし、Hですが?」

いままで別の部屋にいあたお母さんが電話に気づいて、受話器を取った。

2人は、お母さんに怒られるのを覚悟して、電話の会話に耳をすましていた。

しかし、

 

ガチャ。

 

お母さんは、すぐに受話器をおろしてしまった。

2人がいる部屋にお母さんが入ってきた。

「ねぇ、いまのなんの電話だったの?」

なにげない感じでTさんはお母さんにきいた。

「うん、間違い電話みたい。

何にも言わないで切れたよ。

あんたたちも変な電話がきたら、気ってもいいからね」

Tさんの家には、お父さんの仕事柄、苦情をわめいたり、また、わけのわからない内容の電話もよくかかってきた。

お母さんは、いまのもそういう電話の一つだと思ったらしい。

すぐにまた、電話がなった。

お母さんが目の前にいるので、Tさんは仕方なく電話にでた。

受話器をあげ、

「もしもし」

電話はなにも言わずに切れた。

Tさんは、背筋が寒くなった。

不気味だった。

その日、それから、何度も電話があったが、Tさんか、妹がでると、電話はすべて無言で切れた。

Tさんたち姉妹は、警察が自分たちにやり返してるんだと思った。

お父さんもよく、警察は汚い、と言っていた。

きっと、これは先にいたずら電話をした自分達へのいやがらせに違いない。

 

Tさんら姉妹は電話に敏感になった。

家の電話が鳴ると姉妹のどちらかが、われ先に駆けつけてでるようになった。

鳴りだす前に気づいてとることも多かった。

両親はそんな子供たちの様子をおかしく感じていたらしい。

ある日、いつものように電話の気配を感じたTさんが受話器を取ろうとすると、お父さんが手をのばして、それを取り上げた。

「その電話はもうならないから、気にしなくていいよ。

契約を解除したんだ。

お父さんの仕事の電話は、会社の事務所の電話にしてもらうようにしたから、家に電話はいらない」

ずいぶん乱暴な話だが、いまから40年前なら、そんな家があっても、まだおかしくはない時代ではあった。

「じゃ、家の電話は鳴らないの?」

「ああ。鳴らないよ。だから、でなくていい。電話はまたいつか使うかもしれないから、このままにしておくよ」

お父さんにそう言われて姉妹は安心した。

だが、その後も2人は電話が鳴る気配を感じて、受話器を取ることがあった。

取っても、もちろん、なんの音もしまかった。

そんなある日、また電話の気配を感じて、Tさんは反射的に受話器を取った。

あ、また間違えた。これ、つながらないんだよね。

すぐに受話器を戻そうとしたその時、

 

「もしもし」

 

女の人の声がした。

 

「もしもし」

Tさんはつい、言いかえしていた。

それ以上の言葉は返ってこなかった。

電話を切って、お母さんにいまの話をしても、その電話機はつながっていないから、声がするはずがない、と相手にしてくれなかった。

でも、Tさんは、はっきりとさっきの声をおぼえていたので、妹に、あの電話には絶対に出ちゃダメ、女のお化けの声がすると伝えた。

それからも、しばらくは、姉妹が電話の気配を感じることがあったが、お互いにけっして出ないようにしたという。

「おかしんですよ。出ないで無視してると電話が鳴るんです。

つながってないのに。

私も妹も家族みんなが、その音をききました。

お父さんが、混乱してるな、とか言ってましたけど、そんなことあるわけないですよね」

Tさんは、いまでもたまに、実家へ行くとあの電話の気配を感じることがあるそうだ。

 

 END

☆☆☆☆☆

45話めは以上です。

この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

人から聞いた話の混合です。

オーソドックスな怪談ですね。

僕はこういう話も好きです。

 

みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告