脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-51 死に顔

100-51 死に顔

f:id:honkidehon:20180222195556j:plain

 

「私の母の死は壮絶でした」

 

母親の死に疑問を持っているというMさんに、誠は、「ちょっと話を聞いてもらえますか?」と頼まれた。

ただ話を聞くだけなら別に無料で構わない、と誠がこたえると、「私の話を聞いて鈴木さんになにかできることがあったら、お願いします」と、言う。

 

「母は、一人暮らしでした。

そして自宅で腐乱死体で発見されたのです。

田舎で近所に民家も少なく、雨季だったので、多湿のじめじめした屋内に、数日間放置されていた母は、警察も私たち家族が来る前に燃やしてお骨にしておいたくらい、ひどい状態だったのです」

「あの、お母さんの死因は、なんだったんですか?」

「実はたまたま来た宅配屋が、異臭に気づいて家の中を覗いたら、母はすでにこと切れていて、腐乱していたので、警察も不審死として解剖はしたのですが、はっきりした死因はわかってないのです。

屋内は荒らされていました。

畳ははがされ、一部の床板もなかった。

金目のもの目当てに、家探しされたような感じだったと、警察は言ってました」

「強盗にでも襲われた可能性は?」

 「警察もその線で捜査したんですが、母のもの以外は、指紋も見つからず、畳も床板も母自身がやったとしか考えられないそうです」

誠はMの話を自分の頭の中で、整理して口にしてみた。

「一人暮らしのお母さんが、突然、発作に襲われて、一時はどうにか、生き延びたものの、錯乱してしまって、自分で畳や床をはがした後、再び、発作に襲われて息絶えた。

こう考えるのが、一番、スジが通ってるんじゃないでしょうか?」

「私の中でひっかかっているのは、警察の人の話によると、母の死に顔は、それは、壮絶なものだったそうです。

腐乱した死体の顔が、すさまじい表情を浮かべていたと。

鈴木さん、死の間際に母は、いったい何を見たのでしょうか?

思い残すことがあったんですかねぇ。

突然死でしたが、80を超えて、大往生といえないこともないのです。

しかし、にしては、母はなにをそんなに苦しんで死んでいったのか?

断末魔の心臓や、脳がそんなに痛んだのか?

いまとなっては謎ですね。

鈴木さんは、霊能力者でしょう?こうした時に亡くなった母と話をすることはできないんですか?」

「思うままに死者と話をするような力は、僕にはありません。

ただ・・・・・・」

 

誠は言葉を切った。

 

誠としてはここからが、本題なのだ。

「僕はさっきから気になってることがありまして、それがあったから、Mさんのお話をお聞きしたんですが、Mさん、僕は霊能者を名乗って商売をしている人間です。

いきなりこんなことを言うとなんですが、僕は、みえるんですよ」

「ほんとにですか、いったい、なにがみえるんです?」

「あなたの背後に黒い影がついています。

それはおそらく、亡くなられたお母さんの思いのようなものだと思います」

 

「母が私の後ろにいるのですか?」

 

「はい」

 

実際、誠にはみえているのだから、そう伝えるしかない。

「母は、私になにか伝えたいのでしょうか?」

「Mさん。

ここからは、僕の解釈なのですが、あなたには近い将来、わざわいが降りかかるのかもしれません。

おそらく、いまわの際のお母さんは、あなたの未来をみたのだと思います。

できることなら食い止めたい悲惨な未来のようです。

彼女はそれを止めてあげたくて、あなたについているのだと思います。

なにか、思い当たるフシはありますか?」

「私の、未来・・・?

近い将来。

悲惨な結末・・・」

 

Mは途切れ途切れにつぶやくと手の平で目をおおった。

 

そして、黙った。

 

思いあたりがあるらしい。

 

「もう自分の死期を悟ったお母さんが、驚愕の表情を浮かべるほどに恐怖したのは、大事な肉親の未来にだったということだと思います」

「鈴木さん、いや、鈴木先生、どうしてそこまで?」

「今回の件に限らず、親御さんのお子さんを思う情というのは、はかりしれないものがあります。

あなたはこれまで、お母さんが生きていおられた時にも、いろいろ助けられていたはずです。

亡くなったからといって、情が消えるわけじゃない」

「鈴木先生。すみません」

Mは目をおおったまま、誠に頭を下げた。

「私は

「僕に話す必要はありません。

なにがいけないのかわかったのなら、直せばよいと思います。

お母さんはあなたを見守っておられますよ。

他人の僕が感じられるくらいですから、あなたもお母さんの存在を感じているはずです」

「ええ」

Mは誠に礼を言って去っていった。

 

その後、Mから届いたハガキには、「母の死をきっかけに事業を清算し、人間関係もリセットして、人生をやり直します」との文があった。

誠は、わずかばかりだが、役に立てた気がしてうれしかった。

 

END

☆☆☆☆☆
51話めは以上です。
この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

実際に拝み屋さんのお世話になるのは、派手な能力バトルなどではなくて、こうしたささいなことが多い気がします。
僕の実体験ではそうでした。

あなたも、家相などの工夫で運命が上昇気流になったことはありませんか?

みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告