脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-50 寺院死

100-50 寺院死

f:id:honkidehon:20180221200806j:plain

「これは私が海外へ旅行した時の話です。

旅行会社のツアー旅行で、オプションで現地での寺院めぐりがあったので、私はそれにも参加することにしたんです。

歴史のある有名なお寺で、建物自体にも文化的な価値がある場所でした。

私は彼と一緒に、そのツアーへ行ったんです。

寺院めぐりもすごく楽しみにしてました。

ただ、気になることがありました。

現地に着く前にネットでみていた情報なのですが、そのお寺は、戒律にとても厳しくて、生理中の女の人などは、絶対に敷地内に入ってはいけないのだそうです。

入ると、わざわいが訪れるとか。

私は、現地で体調が悪くて、そろそろアレがきそうな感じがしていたので、当日、主人に話して、寺院めぐりのツアーをキャンセルしたんです。

主人一人に行ってもらって、一人でホテルでゴロゴロしてました。

実際、翌日、アレになったので、まぁ、行かなくてよかったかな、って」

彼女はここまで話すと、誠ににっこりと微笑みかけた。

「お寺が見られなくて、残念ではないですか?」

「それはそうですけど、私がキャンセルしたツアーに参加した女性の方たちがいて、彼女たちが女同士、3人できてたそうなんです。

それで、その中に生理中の子がいて。

ね、鈴木先生、その子たち、どうなったと思いますか?」

「そういう状態でお寺へ行ったので、バチがあたたったんですか」

「はい。

死んじゃったんです」

「本当ですか」

神様のバチにしても厳しすぎる気がした。

しかし、彼女はおおまじめに話した。

「お寺から市内に戻って、タクシーで市内観光へ行ったそうなんですけど、そのタクシーごと、海に落ちて、3人とも死んじゃったんです」

「あなたは、どうしてそれを」

「ツアーのガイドさんが、寺院をでた後に彼女たちから、今日、実は生理だったけど、なんともなかった、と聞いていたんです。

ガイドさんは、これは危ないから、気をつけなさい、と注意したそうなんですが、もう手遅れだった、と。

私も、行っていたら、死んでたかも。

あのお寺、そういう面で厳しいってネットでも有名なんですけど、まさか、自分のすぐ近くで、そんなことが起こるなんて。

鈴木先生。ああいうことって、本当にあるんですね」

「あなたが無事でよかったです」

誠は彼女の話を聞き、以前、聞いた、別の話を思い出していた。

それは日本の中部地方の有名な神社にまつわる話だ。

長く日本をおさめた将軍様が創建したその神社へ、あるカップルがでかけた。

男性の方は歴史にくわしく、その神社で神と祀られている将軍様に、個人的に意見があり、彼としては、将軍様は、いろいろ問題のある人物らしかった。

彼は、彼女と神社をまめぐる間、ずっと、将軍様の批判をし続けた。

なにも知らない彼女に、将軍様がいかに卑劣な男なのか、説き続けた。

そして、神社から帰った翌日、彼の眼球に異変が襲った。

数万人に1人という奇病で眼球が腫れ上がり、ゼリー質になってしまい、あと少し対処が遅ければ、眼球が解け落ちるところだったのだそうだ。

彼は、この奇病の原因は、ゆかりの神社で、将軍様の批判をし続けたからだと思っている。

やはり、天下人で神までなった人なのだから、おそれ敬わなければならないと、彼は反省した。

「神社仏閣は、現実の社会とはまた違うルールの上に成立している場所だから、そこへ行く時には、それを念頭にいれておかないといけませんね」

話の結びに、誠がそうまとめると、彼女はもっともらしく頷いた。

 

END

 

☆☆☆☆☆

50話めは以上です3。

 この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

 

今回はどちらも知り合いから聞いた話がベースです。

僕も神社仏界は聖域だと思います。

さて、この100物語も50話まできました。

とりあえず、あと半分ですね。

頑張りますので、よろしくお願いします。

 

 みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告