脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-52 競争

100-52 競争

f:id:honkidehon:20180223131125j:plain

 「霊がみえたりする才能って遺伝するのかしら」

誠は近所に住むOさんに、何気なくたずねられた。

いわゆるご近所さんなので、朝、ゴミを置きに行くときに、あったりするのだ。

Oさんには双子の娘さんがいる。

Oさんが言うには、ウチの娘たちには能力があるらしい。

「私も子供の頃は、おかしなおものがみえた気がするの。

いまはもう、さっぱりだけどね。

あの子たちの話を聞いていると、自分の子供の頃を思い出して、ああ、この子たちのこれって、私の遺伝だなぁ、って」

「なるほど、僕のは両親とは全然関係なったですけどね」

霊能者の看板をだし、拝み屋として営業している誠に対し、Oさんは気さくに話しかけてくるので、誠もOさんと会うと、道端で軽く世間話をしたりする。

「鈴木さん、今度一度、うちの子たちをみてくれない?」

「AちゃんとYちゃんですよね。

どうかしたんですか?」

「だから、あの子たち、あなたみたいな力があるらしいんだけど・・・・・・」

Oが言葉を濁す。

実際、霊能力があるが故に、人とうまく付き合えなかったりする人も、誠に過去に何人もみてきている。

もし、自分が小学校低学年の双子の姉妹の役に立てるのなら、誠は、会ってみようと思った。

「あのね、うちの子たち、最近は、私に警戒して、私やお父さん、学校の先生、友達の前じゃ、力の話をしないの。

でも、私には、あの子たちに力があるのはわかるの。

鈴木さん。

あの子たちがいま、どんな感じで自分の力と付き合っているのか、聞いてみてくれない?」

「了解です。

話してみますよ」

 

というわけで、日曜日の午後、誠は少女2人と、公園ですごすことになった。

AちゃんもYちゃんも、それこそ生まれた時から誠を知っている。

今日も誠の前ではいつもの2人と変わらず、公園の遊具などで、きゃっきゃっと遊そびはじめた。

こうしていると、普通の同年代の少女たちと、どこにも違いはなかった。

誠も、2人の様子を眺めているだけで幸せな気分になってしまう。

「ねーねー、鈴木さん、一緒に遊ぼう!」

「こっちきてよ」

2人に呼ばれ、誠も遊具に近づいた。

並んでブランコにのった双子の背中を押してあげる。

「あれ、はやい」

「こっちの方がはいよ」

「いや、絶対あっち」

「あー、あれはすぐだよ」

「おおおー、そうだね、あれはすぐかも」

「ね、鈴木さん?」

「ね?」

急に2人に話を振られて、誠は首を傾げた。

「なんの話?」

「だから、どれがはやいかってこと」

「だよね」

誠は双子の会話の意味がわからなかった。

2人はブランコから公演にいる人たちを眺めて、はやいのどうのと言っている。

「鈴木さん。あの人、見ててよ」

「ほら、もうすぐだよ」

Aが指さした中年男性が、公園を出ていった。

ゆっくりした足取りで、道路を渡って、

と、

男性が横断歩道のなかほどまできたところで、急スポードで軽トラックが突っ込んできた。

男性をはねて、トラックはそのまま逃走した。

 

「ひき逃げだ!!」

 

誠が声をあげた。

しかし双子は、交通事故の現場を目撃したというのに、慌てた様子はなかった。

「あーあ。死んじゃった」

「やっぱり早かったね」

「うん」

「うん」

ブランコにのったまま、2人で頷きあっている。

「きみたち、いま、事故が起きるのが、わかってたの?」

誠の問いに2人は、うんとこたえた。

「きみらは未来がみえるの?」

今度はうんうんと、首を横に振って、合唱した。

「僕もきみらの仲間なんだ。

へんなものがみえたり、声が聞こえたりする。

きみらになにがみえるのか、教えてくれないかな?

僕は、きみらの先輩だから、きみらにしちゃいけないことを教えてあげられるかもしれない」

「しちゃいけないことって?」

「しちゃいけないって?」

2人は顔を見合わせて、クスクス笑いだした。

そして、同時に、うん、と頷いてから。

「あたしたち、人が死ぬのがわかるの」

「もうすぐ、死ぬ人の顔がみえなくなるの」

「へぇ」

誠は感心した。

そういう能力もあるのか。

「なんかねぇ、だんだん薄くなってて、最後は、首から上は消えてみえなくなって、そうなるとすぐ死んじゃう」

「さっきの人もそう。

もう顔が見えなかったから、死ぬのがわかったよ」

双子は無邪気に言う。

この能力を本人の力でコントロールできるのなら、使わない方がいいと、誠は思った。

人の死を予言できる力は、幼い少女の人生のプラスにはならないだろう。

「たまにね、2人で競争するの。

どっちが先に死ぬ人をみつけられるか、くらべるんだ」

「いまの人、あたしが先にみつけたよ」

 

「なるほど」

誠はわざとらしく大げさに、手の平をぱんと叩いた。

 

「この力を使うと、きみらは早く死ぬよ」

 

「えー!!!!!」

「えー!!!!!」

 

誠の言葉に2人は叫んだ。

「ほんとだよ。2人とも、僕が長生きできると、思う?」

誠にきかれ、2人は誠の顔をじっと見つめた。

互いに耳元でささやきあう。

そして双子は、揃って首を横に振った。

どうやら誠は長い気できないらしい。

まぁ、それはいまはどうでもよかった。

「だからね、霊能力とか、きみらの力とかは普通の人にはない特別な力だろ?

だから、それを使う人は、心も体も疲れて、早く死んじゃうんだ。

こういう力は使わない方がいい。

いいかい、使っちゃだめだよ。

こんなに使ってたら、子供のうちに死んじゃうよ。

そんなのイヤだろ。

わかるかい?」

2人がおとなしくこっくりと頷いたので、誠はさすがに怖くなった。

いまの言葉がこんなに説得力を持つなんて、彼女たちにみえた僕はどれだけ短命なんだろう?

 

 END

☆☆☆☆☆
52話めは以上です。
この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

 

 少し実話です。

寿命がみえるという人がいます。

本当に、亡くなる寸前の人の顔は消えているんだそうです。

そんな能力、なくてよかったです。

 

みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告