脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-53 疑惑

100-53 疑惑

f:id:honkidehon:20180223145821p:plain

職業が拝み屋だと話すとそれだけで、いろいろなイメージを抱く人がいる。

 

いかがわしいインチキで、金を儲けようとしている不貞の輩と思われる時もある。

その日、誠は知り合いに飲み会に誘われて出席していた。

古くからの友達が、他のもとに、

「こいつ、鈴木誠。

霊能者なんだ。

テレビにもでたりしてるよ。

普段は、お祓いとか、家相をみたりとかしてるんだ。

小学生の頃からの友達だからさ。

ま、こいつの力はインチキじゃないよ。

なにかそういう相談があったら、誠に聞いてくれれば、教えてくれる。

な、誠」

「どうも、はじめまして。

Nくんとはもう20年以上の付き合いです。

僕で話せることなら、お答えしますんで、なんでも聞いてください」

友達の紹介を受けて、誠は周囲に頭をさげた。

 

営業活動が目的で来たわけではないが、やはりこうして正直に自分の職業を口にすると、周囲の人にある程度は興味を持たれるのは、仕方がない。

その日の飲み会は、全部で20名弱の人間がいた。

Nは小さな会社をやっていて、仕事の付き合いもあって、なかなか顔が広いのだ。

全員で乾杯して宴がはじまると、誠のところには、何人かの人がきて、

「前世はみえるのか?」とか、「幽霊はみえるのか?」など、こうした場ではよく聞かれる質問をしてきた。

そこらへんは、誠も慣れたもので、いつもの返答をかえし、場を盛り下げることなく、宴に参加していた。

と、誠は、自分への特殊な視線に気づいた。

 

宴に参加していた、きちんとした、ネクタイ、ワイシャツ、スーツを着た20代くらいの若い男性が、あきらかに、敵意や増悪のこもった目で、誠を見つめている。

それこそ商業柄、人からこうした目でみられることもままあることなので、誠は失礼にならないように気をつけながら、笑みを浮かべて、青年に近づいた。

無視してやりすごすには、場が狭すぎるし、青年の誠への敵意、もしくは増悪は、誰がみてもそれとわかるくらいあからさまだった。

「こんばんは。

お会いすのは、はじめてですよね。

鈴木誠です。

あの、余計なことですけど、もしかして霊能とか、オカルトがお嫌いですか?」

誠が側にくると青年の表情は、ますます険しくなった。

正直、いまにも誠に噛みつかんばかりだ。

はたで様子を眺めていたNが心配になったらしく、誠と若者の間に入ってきた。

「Kくん。

誠をみる顔が鬼みたいになってるよ。

どうしたの?

具合でも悪いの?」

「Nさん、あのう、自分・・・・・・」

若者=Kというらしい、は、誠から視線を外さず、低い声をだした。

「霊能者とか嫌いなんです。

鈴木さんだけでなくて、そういうのは全部、嫌いなんですよ」

「ああ、それはすまないですね」

誠は、反射的に謝っていた。

そういう人もいるとは思う。

Kには、Kの事情があるのだろう。

「Nさん、鈴木さん、自分、母親が霊能者なんですよ。

ずっとそういう人に育てられてきたんです。

自分は、自分の目で見たものしか信じない人間です。

母の話も信じたくないけど、自分の母なんです。

母がまったくでたらめを話して、人をだましているとは思えません。

でも、自分には、母が見えるっていう霊なんて見えないんですよ。

鈴木さんもみえるんですよね?」

「ま、まぁ、みえるものもありますけど」

「Kくん、誠は、きみに悪意はないんだ。

きみも普通にしてればいいじゃないか。

初対面の相手に、こういう態度は、失礼だろ?」

Nにたしなめられても、Kの態度は変わらなかった。

「Nさん、自分、母でさんざん経験してるんで、知ってるんです。

鈴木さんは、こうして向かいあうだけで、自分のことなんかお見通しなんですよね?

普通、そういう人間と話すのってイヤなもんじゃないんですか?

それとも、鈴木さんの能力はニセモノだから、心配しなくていいんですか?」

Kのかたくななな態度に、誠はわけもなく謝りたくなった。

彼の母親は、きっと、すごい能力者なんだろう。

そして、Kの心を見透かし、ある意味、一緒に暮らしていて、プライバシーなどない心境にまで、追い込んだことだろう。

たしかにそういった力のある能力者は実在する。

だが、

「Kさん、僕のはそんなにすごくないんですよ。

ほんとに、僕は、普通の人にケがはえた程度の能力者です」

「誠もそんなに、自分を低く言わなくていいから」

Nがフォローする。

「Nさん。鈴木さんと、トランプしたことありますか?

ババ抜きとか神経衰弱とか、全部、お見通しじゃありませんでしたか?

自分、母にさんざんやられましたよ」

Kの恨みは根が深そうだ。

「自分は、霊能者が人格的に優れているとは思えないんです。

鈴木さんは、人格高潔ですか?

自分の持って生まれた才能で、人を見下している部分はないですか?

自分の母には信者みたいな人たちがいますが、自分からすれば母は傲慢な自尊人の高い、イヤな人間です。

なんでも自分の言う通りにすればうまくいくとカン違いしてる」

「なるほど。

お母さんは、そうしてきみの心を傷つけてきたんだね」

誠は同業他社へのクレームを聞いているような気分になってきた。

Kは、相手は肉親とはいえ、ようは霊能者による、パワーハラスメントを受けたのではないだろうか?

だとしたら、

「ごめんね。

きみを不愉快にさせたのなら、謝るよ」

誠は深く頭を下げた。

本当に申し訳ない気持ちだった。

「よせよ。誠が謝るのはおかしいぞ」

Nが誠の頭をあげさせようとする。

Kはそんな2人の様子を固い表情のまま、見つめていた。

と、

軽快なメロディーが流れ、Kはポケットから、スマホをだした。

「母さん。あ、あ、はい、あ・・・」

スマホを耳にあてて、一瞬にして青ざめた顔になったKは、誠とNの前に、自分のスマホを差し出した。

「鈴木さん、Nさん、母からです。

いまのやりとりを全部みてたんで、お二人に謝りたいそうです」

誠は、ますますKがかわいそうな気持ちになりながら、スマホを受け取った。

 

END

☆☆☆☆☆

53話めは以上です。
この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

これも実話がベースです。

マザコン大国日本では、こんなことも起こりうるかもと思います。

みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告