脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-54 トンネル

100-54 トンネル

f:id:honkidehon:20180223191734j:plain

そのトンネルにまつわる噂はたくさんある。

幽霊がでると噂されている、そのトンネルは旧トンネルであり、現在はほとんど使われていない。(これは事実である)

旧トンネルの脇に、いつ建てられたのかもわからない古い木造の小屋がある。(これも事実)

この小屋には、幽霊がでる。(これは噂)

トンネルを抜けて小屋まで行って、さらに小屋に一度入ってからでて、トンネルを引き返すと、アレがついてくる。

アレはなにか重い鎖のようなものを引きずっている。

アレは人の後ろを少し離れて、ゆっくり、ゆっくり、ついてくる。

時にアレは、すごく早く動く時がある。

アレが早く動いた時には、追いつかれる前に、トンネルを抜けないといけない。

アレと会ってしまうと、発狂するか、そのまま行方不明になってしまう。

前述したのは、有名な怖い噂。

これだけでなく、トンネル内には女の幽霊がでる。

子供を連れた女の幽霊がでる。

トンネル内に女がいて、車を停めて乗せてやると、しばらくすると女は消えている。

などの話が有名だ。

誠がそのトンネルへの肝試しに付き合うことになったのは、知り合いに警護?を頼まれたからだった。

 

「霊能者の鈴木さんが一緒に来てくれれば、大丈夫ですよね?」

何度も何度も念を押された。

「僕がいても、でるものはでますよ」

誠がMたちの肝試しに同行することにしたのは、例のトンネルへ行くという彼女らが、怖がりすぎている、という点で、はしゃぎすている気がしたからだ。

多くの霊は騒がれるのを嫌がる。

怖がりすぎているのも、ある意味、霊の存在を楽しんでいるのと同じだ。

誠は彼女らの好奇心が、最悪の事態を招かないように、一緒にいて見張るつもりだった。

肝試しの日、4人で車に乗って、例のトンネルへむかった。

まだトンネルにつく前から、車内でMは泣いていた。

「ううっ、ひっ、ひっ、いやだ、もう、帰りたい」

後部座席の真ん中に、友達2人に挟まれて座ったMは、まるで、拉致されてきたように見えた。

助手席に座った誠は、この子たち、特にMがトンネルの中で車から降りようとしたら、止めようと思った。

こんなに盛り上がっていたら、霊がヘソを曲げて、発狂するものや、行方不明者が出かねない。

誠は、知り合いのMを心配していた。

霊現象に大きなリアクションを取るものは、その時点で、霊に魅入られているともいえる。

 

そして、車が旧トンネルに着いた。

車通りの少ない、暗いというか、まったく見えないトンネルだった。

トンネルに入る前に、一旦、車を止めた。

 

「みんなにお願いがあるんだけど、これから、車がトンネルに入って、向こう側に抜けて、Uターンしてここに戻ってくるまで、なにか奇妙なものを見たり、聞いたりしても、一切、反応しないで欲しい。

それについて、騒ぐのは、車が街中に戻ってからにしてくだだい。

いいですね?

お願いしますよ」

 

誠からの真剣なお願いに、Mを含めた4人は、神妙な面持ちで頷いた。

車が発進する。

トンネル内も照明は暗く、カーブもあって見通しは悪かった。

さすがに心霊スポットとして、有名なトンネルだ。

誠には、噂の女性と子供の霊が、トンネル内にいるのがみえていた。

どちらも車を眺めていが、車内には入ってこない。

「ううぅ、ひっ、ひっ、もう、ムリ・・・!!」

雰囲気に耐え切れなくなって、声をあげたMの口を左右の友達が、手の平でおさえた。

「なんにも起きてないよ。Mさん、落ち着いて」

実際は、車内のMの様子をうかがうように、窓に子供がへばり付いていたが、誠は、それは口にしなかった。

トンネルから離れれば、この子は消えると思ったら。

車はトンネルを抜けるとすぐにUターンして、同じコースを逆に進んで、元きた場所に戻った。

 

所用時間は10分ほどの、肝試しドライブだった。

帰り道もずっとMは泣いていた。

「トンネルで子供がいたの見た」

きみの怖がる気持ちがあの子を呼んだんだよ、と思ったが、誠はなにも言わずにいた。

そして車は街中に着いた。

駐車場に車を止めて、今夜の会も解散だ。

「あー、なんかついてる!!これ、これって、手形だよね?」

Mが車の窓の外側に残った子供の手形を見つけて、騒いだ。

やはり霊はすぐ近くまで、来ていたのだ。

「うわわわわわあー!!!!!」

続いて、Mが今度は悲鳴をあげた。

アスファルトでつまずいて転んだMは、顔から着地し、鼻を骨折した。

この夜、Mが鼻を骨折したのは、誠が守ってくれなかったせいになっている、そうだ。

 

END

☆☆☆☆☆
54話めは以上です。
この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

 

これも実話が元です。

でも、鼻の骨折ですんだのは、幸運だったかも、と思います。

 

みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告