脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-55 死神 アルファポリスにて公開しました。

こんにちは。本気で本です。

鈴木誠の怪談100物語55話め、100-55 死神を アルファポリスにて公開しました。

これまで「はてなブログ」で読んできてくださった方、お手数ですが、小説投稿サイト、アルファポリスまでみにきていただけると幸いです。

無料会員登録していただけますと、アルファの方にも感想が書けるようになっておりますので、みまさまのおこしをお待ちしております。

とりあえず、昨日、アルファポリスにて出版申請を行いましたので、そちらの結果がでるまでは、100物語はアルファオンリーの公開となります。

おそらく書籍化OKならば、100物語は、そのままアルファの子になってしまうのでしょうね。

にしても、僕は、ここでブログを続けますので、それはそれ、これはこれ、という感じです。

急転直下の出来事なので、自分でもまだ現実感がないのですが、46才の脳出血のおっさんが、頑張っとるな、と思っていただけるとうれしいです。

これだけだとさみしいので、僕らの世代のカッコイイ男の代表(だと僕は勝手に思っている)吉川晃司の曲を貼って置きます。

吉川が大ヒットしてた頃は、なんでこれが大スターなの? と思いましたが、いまのポジションは、少しさみしいかな? という感じです。

僕は長渕剛が苦手なので、男っぽいヴォーカルというと吉川を思い浮かべたりします。

 


吉川晃司 - Smap Wild Lips Live スマスマ

主演映画「ユーガッタチャンス」とか映画館まで観に行きました。同時上映が少女隊!!の主演映画でしたね。

吉川晃司をみてると上條 淳士のマンガ『TO-Y』を思い出します。

 

失礼します。

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告