脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

今日の歌(3/7)はこちら

おはようございます。

長女です。

 

卒業シーズンの季節ですね。

袴を着ている大学生や、卒業証書を持った小・中・高校生の子もチラホラ見掛けます。

 

節目節目のイベントって、あんまり記憶にないのですが、父や母に聞くと、

『長女ちゃんが卒園した時と、高校卒業した時は泣いてたね』と言われました。

(父や母曰く、私が幼稚園の時はおてんばさんで、スカートもなかなかはかせてまらえませんでした(下に弟がいて、お下がりを着させていたというのもあります))

 

出会いと別れの季節。

今年の春は、たくさん、芽吹いてくれますように・・・。

 

朝から長女、ということで、今日の一曲目をご紹介したいと思います。
今日も一日、心のBGMを鳴らしながら、頑張っていきましょう☆

 


いきものがかり SAKURA

私:『本さん、本さんが卒業した時って、こう、なんか青春の甘酸っぱい思い出とかあるんでしょうか。

あっ、聞く人間違えたです』

本さん:『長女さんっ!!あるよっ!!あるもんっ!!』

私:『フゥ~ン。それで?』

本さん:『・・・』

私:『ないんやな、はぃ』

本さん:『あっ、あるもん、あるもんっ!!!!!』

私:『これはないですね。ないで決まりや』

本さん:『僕の青春・・・青い春、アオイハル、アオハル・・・』

 

今日も音楽と一緒に。

NO MUSIC NO LIFE

失礼します。

ではでは。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告