脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

今日の歌(3/8)はこちら

おはようございます。

長女です。

 

今日はまたも悪天候・・・。

明日、明後日、晴れてくれるといいなぁと切に願っております。

てるてるぼうずをたくさん窓にくくっておこうかなと本気で考えてます(笑;;)

 

こちらのブログでも書きましたように、3月10日は主人と私の結婚記念日です。

あれから5年、経ちました。

 

去年の今頃は・・・なんて振り返っております。

主人の仕事、休職、入院、退職。

本さんがわざわざ、主人の職場まで赴き、話を伺いに行ったりもしました。

(奥様では話が酷だからと、本さんにお話をされました)

本来なら、主人の母が出てくるはずです。

主人の義母さんは、会社の人達と話が噛み合わず、私自身も頭を抱えておりました・・・。その、矢先でした。

本さんには申し訳ない気持ちでいっぱいだったのと、もっと、もっと主人のことを会社の方から話を聞けば良かったと後悔ばかりでした。

復職しても、主人の状況は悪くなる一方で、退職という選択肢のほか、ありませんでした。

 

そして、

 

本さん、脳出血にて入院。

 

会社の方:『長女さん、本当に、誠に申し訳御座いません・・・。

本当に・・・、本当に、力になれなくて・・・。

そして、まさか本さんが、本さんが倒れていたなんて・・・!!!!!』

 

そう、言われた時は、意地でも泣きませんでした。

 

私:『大変に、お世話になりました。』

 

泣いてる暇なんてないんだぞっ!!!!!

私が、私がやらなくてどうする!!!!!

立てっ!!!!!立って、歩くしかないんだ!!!!!

 

ただただがむしゃらに、自分だけを信じて突き進んできました。

 

『今がある。忘れないで・・・』

 

私も、主人も、そして本さんも。

 

ほんのすこしの幸せでいいから。あとは、なにも望まないから。

 

これからも、ずっと、一緒にいられますように。

 

朝から長女、ということで、今日の一曲目をご紹介したいと思います。
今日も一日、心のBGMを鳴らしながら、頑張っていきましょう☆

 

 


Superfly - Ah

大きな声で、Ah~って歌うだけでも、曲になるんだと思わせてくれたのが、Superflyでした。

入籍したばかりの時、主人と一緒に見にいった最初のLIVEがSuperflyでした。

私:『結婚したんだ・・・、私。これから、大丈夫かな』

主人:『流れでこんななっちゃったかもだけど・・・、長女ちゃん、結婚式が不安だよ(泣;)』←現に、3ヵ月足らずでのスピード婚。付き合って7年半ぐらいだっていうのに、こういう時って、やっぱり多少の勢い、タイミングも大事やなとつくづく思いました。

私:『今、浸っているっていうのに、そんな返しあるかぁ~!!!!!』と、LIVE中にも関わらずツッコミ入れてました。

 

よし、ここはやっぱり、思い切り甘えて、おねだりするしかないですっ。

 

今日も音楽と一緒に。

 

NO MUSIC NO LIFE

 

失礼します。

 

ではでは。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告