脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

映画館の写真あれこれ①

こんばんは。本気で本です。

前回のブログでは1980年公開の映画について書きました。

今回は、前回の記事に登場した映画館の画像をご紹介したいと思います。

なお、これらの画像は、ネットのあちこちで見つけたものですので、僕が撮影したものではありません。

☆撮影者の方、申し訳、ございません。画像の使用を取り下げたい場合には、お手数ですが、ブログのコメントらんにてご連絡ください。即刻、取り下げいたします。☆

f:id:honkidehon:20180317181000j:plain

愛知県豊橋市の西武百貨店です。現在は閉店し、建物も取り壊されました。

豊橋東宝劇場は、この百貨店内にありました。(1971年~2003年8月10日閉店)

f:id:honkidehon:20180317181142j:plain

東宝特撮映画「日本沈没」(1973年)が上映されていた頃の画像です。

f:id:honkidehon:20180317181937j:plain

ゴジラも来ました。

ドラえもんも来ました。

僕は、どちらもここへ会いに行きました。

 

実はこの映画館は妻とはじめてデートをした映画館でした。

観た映画は、「白い手」(1990年)。

椎名誠原作の邦画です。

f:id:honkidehon:20180317182317j:plain

当時大学一年生だった僕は、手堅く日本映画を彼女と初デートに選んだつもりでしたが、妻からすれば、デートなのに、なんちゅう地味なチョイスや、と思ったらしいです。(長女は横でケラケラ笑っておりました)

「白い手」は神山征二郎監督、南野陽子主演の堅実な感じの映画です。少年のほのかな恋と少女に難病もので、主演の南野陽子は少年たちを見守る教師役でした。

いやいやしかし、さすがにこの映画の内容は、僕もうろおぼえです。

隣りに座った現、妻の様子が気になって、手を握っていいのかな? とかそんなことばかり考えてました。(長女より、アホやでコイツはと突っ込まれました)

豊橋東宝には、他にもたくさん思い出があります。

「学校の怪談」(1995年)もこの劇場で妻とみました。

f:id:honkidehon:20180317185017j:plain


【懐かCM】1995年 学校の怪談 ~Nostalgic CM of Japan~

「ゴジラ対キングギドラ」(1991年)の時は、怖がる妻を引っ張って、親子試写会に強引に紛れ込みました。

f:id:honkidehon:20180317185045j:plain


ゴジラ VS キングギドラ Main Title- Akira Ifukube

中学時代、部活をさぼって吉川晃司の映画「ユー・ガッタ・チャンス」(1985年)をみにいったのもこの劇場です。同時上映は少女隊主演の「クララ白書・少女隊PHOON」でした。

f:id:honkidehon:20180317185153j:plain


吉川晃司 映画 ユーガッタチャンス ダイジェスト


『少女隊Complete Singles Forever 1984-1999』ダイジェスト映像

上にあげたようにこの映画館か僕の青春の1ページを担っています。

なにしろ1971年からある建物ですから、もっと幼い頃、横溝正史原作の「悪魔が来りて笛を吹く」(1979年)を上映していた記憶もあります。

f:id:honkidehon:20180317185653j:plain

西田敏行が金田一耕助なんですよね。

当時は、子供の僕にとってポスターだけでも怖い映画でした。

そういえば、忘れてならないのは、この映画館で「うる星やつら2 ビューテフル・ドリーマー」(1984年)をみて、「アニメって深い!!」と痛感したことですね。

f:id:honkidehon:20180317190149j:plain

f:id:honkidehon:20180317190223j:plain


うる星やつら ビューティフル・ドリーマー 予告編


うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー ED ~愛はブーメラン~


超貴重! 吉川晃司 モニカ ザ・ベストテン初登場

同時上映は吉川晃司のデビュー作「すかぴんウォーク」でした。

「ビューテフル・ドリーマー」は日本のアニメ史、オタク史に残る傑作なので、リアルタイムでみれて本当によかったです。

なんて具合に、思い入れのある映画館について語ると終わらなくなってしまうので、今日はここまでです。

失礼します。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告