脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

出版申請の返事がきました。

こんにちは、本気で本です。

昨日、アルファポリスから出版申請の返事のメールが届きました。

以下、メール全文です。

 

平素のアルファポリスのご利用まことに有難うございます。

さて、Webコンテンツより出版申請いただいた
「鈴木誠の怪談100物語」につきまして
編集部にて出版化を検討してまいりましたが、
出版化は難しいという結論に至りました。

私どもはこのような結論となりましたが、
当然、出版社により見解は異なります。
是非、他の出版社などに挑戦され、
「鈴木誠の怪談100物語」の出版化を
実現されることをお祈りしております。

以上ご連絡申し上げます。

 

上の内容に対しては、出版申請をお断りする際のテンプレ的な文章だと思いますので、別に公開してもいいかな、と判断しました。

冷静に考えれば、24Hポイントが1500を超えた作品には、もれなく出版申請をする権利が与えられるわけですので、僕の作品は、その中でアルファポリスが主に出版している異世界ファンタジーものでもないですし、長期間、人気があるわけでもないので、出版できなくても仕方ないかな、と思います。

しかし、悔しい、です。

だったら、御社のメイン商品であるファンタジーで勝負しようじゃないか、という気持ちが、わきあがってきます。

アルファでなくても、なろうも、エブリタスもカクヨムも稼ぎ頭は、ファンタジーですよね。

実際、ネット発のファンタジー小説は、現在大きな市場を持っているジャンルです。

ここに一攫千金の夢を見る書き手もたくさんいます。

怪談書いてるけど、ハネられちゃったし、流行のファンタジーに挑戦してみようかな、なんて気持ちで首を突っ込んでも、成功できるほど甘くはないのは、さすがの僕でも想像がつきます。

というわけで、現在、いろいろ考えています。

それから、これまで「鈴木誠の怪談100物語」を読んできてくださった方々、ありがとうございます。

いま僕は悩みの中にいますが、創作は続けていきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

以下、長女さんから、皆様へ、そして僕に対してのお言葉です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちわ。長女です。

2月の中頃、本さんは出版申請を致しました。

皆様には本当に頭を深く下げ、たくさんの感謝の気持ちでいっぱいでおります。

結果がすべてではないかもしれませんが、実力世界、本当の意味での本の中、世界で生きていくのは、現実として、非常に厳しい世界だと、私も痛感を致しました。

応援して下さった皆様、重ねて、本当にありがとうございました。

今回の結果に限らず、まずはチャンスを掴みとれるようになるところまで、頑張るのではなく、心血、命を吹き込む気持ち。

こんな気持ちだけでは足りないくらいだと思います。

全力で取り組んで参りたいと思います。

 

こちらは、本氏へ。

えらく凹んでおるです。

ですが、ホラーランキングで上位に君臨していたのは事実です。

 

『そのことを、それだけは忘れないで下さい』

 

短期間で創り上げた鈴木誠です。

時間も、気持ちも、身体的にも、すべてを捧げなくてはダメですっ!!!!!

そんなこんは、私が言わんでも、一番、本さんが分かっていると思います。

 

ならばっ!!!!!

 

有無を言わせぬくらいの作品をまた創ればいいだけの話です。

 

本さん:『そんな簡単に言わないで下さいよ、長女さん!!!!!(泣!!)』

 

キサマが嘆き苦しんでいる間にも、そんな作者さんはこの業界では数えきれないくらい、ごまんといるんじゃっ!!!!!

そんな人達にとっても、キサマの態度は失礼極まりないわやっ!!!!!

 

本さん:『長女さぁ~んっ!!!!!厳しいよぉ~(泣!!)』

 

厳しくて当然やっ!!!!!

血の涙を流す覚悟が、キサマニハアルンカイナッ!!!!!

 

本さん:『・・・。はい!!!!!』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

だそうです。

長女さん、僕は甘ちゃんヤローです。

長女さんは、相変わらず、厳しい、怖いお方です。

また書きます。

アルファか、カクヨムか、エブリスタか、なろうか、わかりませんが、このネット小説という分野でまた挑戦しますので、よろしくお願いします。

今度はもっといろいろ考えたうえでするつもりです。

またみなさんに、お伝えします。

よろしくお願いします。

失礼します。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告