脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-56 落武者

100-56 落武者

f:id:honkidehon:20180325123540j:plain

  独身OLのKさんが、この部屋はでると初めて感じたのは、入浴中だった。

 ユニットバスの小さな浴室で、洗い場にでて髪を洗っていたら、自分以外の誰かが、後ろからKさんの髪をいじっていたという。
 
 Kさんは驚いた。

 鏡をみると、Kさんの後ろにはもちろん誰もいない。

 だが、Kさんの髪はたしかに誰かにさわられていた。

 Kさんをさわっているのは女性の指のような気がした。

 こちらが痛がるようなことはせず、美容院でシャンプーしてもらっている感じだった。

 それもKさんが自分の髪を洗っていると、いつの間にか、手が増えている感じで、Kさんの髪をいじっている。

 正直、気味が悪かった。

 格安の家賃で借りられた部屋だったが、こういう理由があったのか、と思った。

 これがこれからも続くようなら、引っ越そうか迷いながら、2日目、Kさんが髪を洗っているとまた手がきた。

 やはり、これはイヤだ。

 Kさんは、昔、田舎のおばぁちゃんに教えられたように、そこで、ご先祖様に助けを求めた。

「あんたが本当に困ったら、ご先祖様を呼べば助けに来てくれるよ」

 Kさんは子供の頃、おばぁちゃんからよくそう聞いていた。

 それまで、ご先祖様に助けを求めたことはなかったが、今回はなぜか、ご先祖様の出番だと思った。

「ご先祖様。

 助けて下さい。

 私の髪を勝手にいじるやつがいます。

 こいつを追い払ってください。

 お願いします」

 それに髪をいじられながら、Kさんは、心の中で願った。

 と、すぐに効果はあらわれた。

 髪からそれの手の感覚が消えた。

 同時に、目の前の鏡の中に、これまではいなかったものが、はっきりと映っていた。

 Kさんの背後に、時代劇などにでてくる鎧武者が立っていたのだ。

 兜をかぶっていて顔は見えない。

 しかも、その鎧武者は傷だらけで、肩や背中に弓矢が何本もささっていた。

「!?」

 鎧武者を前にして、Kさんは絶句してしまった。

 武者は動かない。

 ただ立っているだけだ。

「ご先祖様?」

 Kさんが聞いても返事はない。

 でも、否定するような冷たい感じはしなかったので、Kさんは続けて話しかけた。

 「ありがとうございました。助かりました」

 Kさんは座ったまま、武者の方をむいて、床に両手をつき、頭をさげた。

 しばらくそうしていると、武者が消えたのが気配でわかった。

 その日から、鎧武者は、Kさんの部屋のあちこちに現れるようになった。

 武者はなにも言わないし、基本的にはKさんの警護をしてくれている感じなのだが、しかし、いきなり、壁の中
から武者が現れると、Kさんは驚く。

 Kさんのプライバシーを尊重して、さすがにトイレや風呂にはでてこない。

 Kさんが一人でいる時に、姿をあらわす。

 が、最初の時のようにKさんが呼べば、どこでも必ずきてくれる気がする、そうだ。

 そうこうしているうちに、Kさんは部屋の中に武者がいる暮らしに馴れてしまった。

 ある時、休日で部屋でゴロゴロしていたKさんの前で、めずらしく、武者が腰をおろし、リビングに横になったことがあった。

 鎧を着たまま大の字になった。

 それを眺めて、Kさんは、この人もずっと昔から鎧兜で立ち続けて疲れてるんだなぁ、と思った。

「鈴木さん、私、ご先祖様の霊に憑かれてるんですかね? 

 最近は、あの人がいないと部屋にいてもさみしんです。

 幽霊もなれるもんなんですね。

 自分でも驚きです」

 誠は、彼女の言葉にうなずいた。

「だから、一番怖いのは人間だって、言いますよね。

 人はなんにでも慣れてしまう生き物ですから」

 Kさんは、自分がネコを飼ったら、ご先祖様がこなくなるのでは、とそれを心配しているそうだ。


   END

 


☆☆☆☆☆

 56話めは以上です。

 この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

 実話ベースです。

 鎧武者も日常的にでてくると、風景に溶け込んで、インテリアみたいに思えるそうです。
 
 みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告