脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-59 シャッター

100-59 シャッター

 

f:id:honkidehon:20180325124530j:plain

 

 盲人用の眼鏡と呼べばいいのだろうか。
 杖をつきながら、その黒い眼鏡をした男性が、1人で訪ねてきたので、誠は、驚いた。

「霊能者の鈴木誠先生ですね。

 いえいえ、御構いなく、周囲の方にご迷惑をおかけしない程度には、みえているつもりですから。

 今日は、この目のことでご相談があってきたのです。

 ええ。そうです。

 私は目が不自由な障害者です。

 正直、生まれつきこうですから、目が役に立たないのは、なれてるんですよ」

 男は、誠と向かい合う席に腰をおろすと、メガネの黒レンジを誠の顔にむけた。

 たしかにその動きはスマートで、危なげなところはなかった。

「鈴木先生。

 私の話を聞いていただけますか?」

「ええ。

 どうぞ」

「私は、今年で4X歳になります。

 さきほども言いましたように、目の障害は生まれつきでした。

  生まれつきの障害者というのは、誰しもそうかもしれませんが、私はある程度の年齢になるまでは、自分は普通で、正常だと思い込んでいました。

 つまり、人は誰しも、私と同じような目をしていると思っていたのです」

「なるほど」

「そうなんですよ。

 誰もが、私と同じように、半透明の人間や、手足がもげ、顔が崩れたこの世のものではないものに囲まれながら、暮らしていると、思い込んでいたんですよ」

「は?」

 男は冗談を言っているふうではなかった。

「鈴木先生も能力をお持ちですから、私の言いたいことがおわかりだと思います。

 私は、あの世界が誰にでもみえていてると思って育ったのです。

 ですから、ものごごろがついた頃には、精神病院へ入れられました」

「それは、不運でしたね」

「ええ。

 私が精神に異常をきたしているのではなく、本当に、それがみえているのだ、と信じてもらうのに、どれだけ苦労したことか。

 でも、これがまだ目だけなので、よかったです。

 この世のものでないものたちの声まで聞こえてら、わたしはどうかなっていたでしょう。

 鈴木先生もお悩みなのですか?」

「あの、僕の能力はそれほど強くないので、自分で、見たい、聞きたい、そうとう意識を集中しなければ、普通の人とそんなに変わりません」

「それは、幸せですね」

「はい」

 誠はこうして話しているうちに、男が普通の障害者ではないのがわかってきた。

 この人の目が不自由は、みえないのではなく、みえすぎるのだ。

 必要ないものまでみえすぎて、不自由になっている。

 とすると、彼がかけている黒メガネは。

「そうですよ。

 お察しの通りです。

 先生はきっといま、こいつはこのメガネで自分の視力をおさえていると、お考えでしょう。

 まぁ、それはほぼ正解なのですけれどもね。

 それが多少、入り組んだ話ですので、もう少し、私の話にお付き合いいただけますか?」

「はい。どうぞ」

 ここまできたら、聞くしかなかった。

「そんなこんなで、10代のほとんどを私は精神病院で過ごしました。

 一生、ここからでられないのではと、何度も不安にかられましたよ。

 自殺を試みたこともあります。

 実際に、死にそうになると、死神と天使が迎えにくるのもみました」

「大変な経験をされてきたのですね」

「ええ。

 ですが、そんな私にも理解者があらわれたのです。

 それは、入院していた総合病院の眼科の先生でした。

 精神科の担当医に、自分は頭がおかしいのではなく、おかしいのは目だと訴え続けた結果、眼科の先生が私を診察してくれることになったのです。

 そこで私は、これまでの思いのたけをぶちまけました。

 そして、自分なりの理論を紹介したのです。

 それはつまり、カメラにシャッタースピードがあるように、人間の目にもそうしたものがあるのではないか? というものです。

 私は生まれつき、そのスピードが多くの人とはズレているために、この世ならざるものが見えてしまうんだ、と。

   とすれば、そのスピードを矯正できれば、常人と同じような視力を持てるのではないのか? 

 私のこの説に、先生は、可能性はあるかもしれない、と頷いてくれたのです。

   まさに救いの光でした。

 それから、私はあらゆる検査を受け、さまざまなレンズ、コンタクトを試しました。

 そして、たどりついたのが、いまかけているこのメガネです。

 これをかけていると私の能力は、封じ込められるのです。

 普通の視界もかなり悪くなりますが、まったくみえなくなるわけではありません」

 男は話ながら、両手をメガネのフレームにあてた。

「なにをされるんですか?」

「鈴木先生。

 私は、ここで久し振りにメガネをはずそうと思うんですよ。

 私はここ何十年も、寝る時も、風呂でも、メガネをかけて暮らしてきました。

 顔を洗う、髪を洗う時もメガネをしたままです。

 まだ私用のコンタクトはないんです。

 でね、こう何年もメガネをしていれば、私の能力も弱まったかもしれない。

 それを試そうと思ってここへきたのです。

 ここなら私と同じものがみえる鈴木先生がいらっしゃる。

 先生についてていただいて、私は、一瞬だけ、メガネを外そうと思います。

 よろしいですか?」

「ちょっ、ちょっと待ってください」

 誠は席を立って、男の背後にまわった。

「肩に手を置いて、いただけますか?」

 仕方なく、誠が肩へ手を置く。

 男は左右のフレームに手をあて、メガネをはずした。


「!!!!!!!!!!」


 大きく口を開け、声にならない声をあげ、男は絶叫した。

 誠は、男の能力と同調しないように、自分の力をセーブした。

 なにもかもみえてしまう男の視力は、周囲にある、そういったもの引き寄せてしまっていた。

 誠は男の手からメガネを奪い、男にメガネをかけてやった。

 ほんの数秒間の出来事だった。

 男が背中をまげ、大きく息をつく。

「全然、弱まってない。

 前より強くなってる。

 なんで、私は。

 私が」

 力なくつぶやく彼に、誠はかける言葉もなかった。


 過ぎたるは猶及ばざるが如し。

 すぎたるはなおおよばざるがごとし。

 神や仏というものがいるとして、その力は多くの場合、良くも悪くも人の身には余る、と誠は思う。

 
  END

 


☆☆☆☆☆

 59話めは以上です。

 この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。

   実話ベースです。

 これによく似たロジャーコーマンのSF映画がありましたね。
  
 みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告