脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-62 水

100-62 水

 

f:id:honkidehon:20180325125402j:plain

 スーパー銭湯で見ず知らずの年配の男性に声をかけられた。

 かなり太った体格のいい男性で、腹部に大きな手術の痕があった。

 相手はどうやら知り合いとカン違いして、誠に声をかけてきたらしい。

「いやいや、すみませんでした。

 雰囲気がよく似ていたものだから、てっきり、△かと思いまして。

 ああ、そうだった。

 △はいまここにいるわけがないんだ。

 いやまったく、トシをとるとボケてしまって、とっくの昔に死んでる知り合いが、こうして風呂にいるわけないですからね」

 男は湯舟の中で誠の隣に腰をおろし、気さくな感じで話しかけてきた。

 誠としても別に人と話しをすることは苦に感じないので、男へ適当な言葉を返した。

「失礼ですが、おいくつですか?」

「いくつに見えますか?

 もう、80はとっくにすぎました。

 次の山も越えてますよ。

 知り合いはみんないってしまいましたよ。

 わたしは、まわりに生かしてもらったような人間なんで、こうしてなかなか死ねないんだと思います」

「90を過ぎておられるんですか、すごいですね。

 それにしては、お元気そうだ」

「元気ですよ。

 これまで何度も死にかけましたけどね」

 男は、豪快に笑った。

「戦争にも生きました。

 わたしが長生きしてるのは、さっきも言ったように、あの時、拾った命のおかげですよ。

 わたしは、命の水を飲んだんです。

 それを飲むと長生きできるようになる水をね」

 男の話に誠は興味を持った。

「そんな水があるんですか?

 まさか、お酒のことじゃないですよね」

「酒じゃありませんよ。

 ねぇ、あなたはその水の話を聞きたいんですか?」

「ええ。よかったら、教えてください」

 誠の返事に、男はうれしそうに頷き、語りはじめた。

「戦争の頃の話です。

 わたしは外国へ兵隊に行きました。

 ジャングルです。

 同じ舞台の仲間たちといっしょにジャングルを行進しました。

 どこから敵がくるかわからない、蛇だのなんだの、危ない動物もたくさんいるところです。

 日本とは気候が違うので、体調を崩すものも多かったです。

 わたしのこれ、この傷も戦地で手術したんです」

 男は腹の大きな傷痕を指でさした。

「盲腸でした。

 戦地でどんどん苦しくなって、設備もないし、麻酔もない。

 看護婦も医者もろくにいない中、衛生兵に手術してもらって、盲腸をとったんですよ。

 素人が縫ったからこんなにひどい傷が残っちゃった。

 でも、これもとらなければ、あそこで死んでましたね」

「ほう。

 それもまた奇跡的な話ですよね」

「いまの日本ではありえん話です。

 野戦病院でしばらく休んですぐに隊の進軍に同行しましたからね。

 いま考えたら自殺行為ですよ。

 それでわたしらの部隊は、待ち伏せの夜襲を受けたんです。

 真夜中に敵に攻め込まれて大騒ぎでした。

 ジャングルの闇は本当の闇です。

 敵も味方もどこにいるのかわからない。

 わたしは四つん這いになって、そこから逃げ出しました。

 ジャングルの泥の中を頭を低くして這いまわったんです。

 銃声がしたら、そこから少しでも離れた場所を目指しました」

「暗闇の中を歩伏前進したんですね」

「そうですよ。歩伏前進です。

 そうこうしてるうちに雨も降ってきた。

 ジャングルは雨が多いですからね。

 泥水で全身ぐちゃぐちゃですよ。

 あの時、わたしは盲腸の病み上がりでしたから、逃げる途中で何度も意識が遠くなりかけました。

 でも、ここで気を失ったら死ぬと思って、起き続けました。

 そうして、2時間か3時間か、うつ伏せになっていましたが、なかなか夜は明けません。

 わたしはついに動くことができなくなってきました。

 さらにノドが渇くのです。

 水が欲しくて仕方がない。

 奇襲を受けたわけですから、水筒なんかは持っていません。

 でも、地面の泥水を口にしたら、腹を壊すのは目にみえています。

 その時、ふと、わたしの視界の端に、小さな池のようなものが目にとまりました。

 暗闇の中でですが、それはまるで泉のようにみえたのです。

 わたしは残りの力を振り絞って、泉までいきました。

 そこには新鮮な水がありました。

 わたしは泉に顔をつけて、水を飲みました。

 水はたくさん、ありました。

 水が飲めて気が楽になったせいか、わたしはそこで意識を失いました。

 あのまま、死んでいても、全然、おかしくなかった」

 男はそこまで話すと一息ついた。

「その水が、命の水だったんですか?」

 誠は話の先が気になった。

「そうですよ。

 わたしが目をさますと夜は明けてしました。

 そして、わたしは泉ではなく、血だまりにひれ伏していたのです。

 わたしの周囲には同じ部隊の仲間たちの死体でいっぱいでした。

 夜襲を受けた部隊は、わたしを覗いて全滅していたんです。

 わたしは一晩中、仲間たちの死体のまわりを這いつくばって動きまわり、仲間の血の池で、渇きをいたしていたのです。

 そうです。

 わたしを助けてくれた、命の水は、仲間の血だったんです。

 わたしは、必死で、匂いも味も気づかなかった」

 男は気持ちよさそうに、湯舟のなかで大きくのびをした。

 誠はその時の泉に横たわった男の姿を想像して、言葉を失った。

 仲間たちに救われた命を持って、いまも彼は人生を謳歌している。


  END

 


☆☆☆☆☆

 62話めは以上です。

 この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。
 
 聞いた話です。

 「必死だと血の味もわからん」と本人は言っていました。

 僕ら平成の日本人があまり体験しない経験だと思います。 
       
 みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告