脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-64 火事

100-64 火事

 

f:id:honkidehon:20180325125828j:plain

 昭和の昔に、その日、地震が起き、その場で、火災が発生したのは事実である。
 
 それは、当時の新聞にも載っている。


A「わたしは、本当に子供だったんで、なんにもおぼえてないんです。

 ただ、家の下敷き、というか、瓦礫の下で泣いてたことはおぼえてます。

 たぶん、あの時、わたしの片目は傷ついていたんだと思います。

 この目は、生まれながらじゃないんですよ。

 でも、物心ついた時には、もう片方の目しか見えなくなってました。

 だから、それが普通、でしたよ。

 母に聞いたら、あんたは地震の下敷きになって目がダメになったんだよ、って教えられました。

 別にそれはいいんです。

 わたしからしたら、ひどい地震の中で命があっただけでも幸運だったと思うんです。

 ええ。

 片目が見えないわけですから、車の免許もダメでしたし、いろいろ不自由なことはありましたよ。

 けど、誰のせいでもないんですよ。

 あの時に瓦礫の中からわたしを助け出してくれたっていう、おじさんから話を聞いたことがあるんですけど、み
んな、わたしは死んだと思っていたら、家の下で生きていたって。すごく驚いたって。

 そういう意味で、わたしは強運だと思いますよ。

 目以外ですか、どこも悪いとこはないですよ。

 他は全然、丈夫です。

 残った片目も丈夫なんですよね。

 だって片目でずっとやってるのに、普通に見えますもん。

 両方あったら、わたしは、目が良すぎたかもしれないですね」

B「はい。

 わたしはよく覚えてます。

 地震があって、妹はベットで寝てて、部屋のカーテンに火がついて、ぼうぼう燃え盛っていて、わたしは、妹を助けなきゃ、と思ったんですが、地震で家はぐちゃぐちゃで。

 火の手があっという間にひろがって、部屋中、燃えて妹はわあわあ泣いてました。

 わたしは、妹を助なきゃってそればっかり考えていた気がします。

 それで、結局、自分がどんな行動をしたのかは、はっきり覚えてないんですけど、あの子は助かったんだから、

 わたしはあの子を連れて、家から逃げだしたのかもしれません。

 いまでも、あの時の燃えてる部屋で寝ている妹を夢にみます。

 部屋にはわたしと妹の二人っきりで他に誰もいませんでした。

 どうしよう、どうしようって、すごく困った気持ちでした。

 いまでもあの子に会うとよくあの火事の中を生き延びたなぁ、と思います。

 あの子は生命力が強いんです」

C「あの地震の頃、あそこの家は、あのへんで一番の旅館で、大きくて、立派だった。

 あそこが崩れたんで、中にいたお客さんや、中居さんが心配になって、近所に住んでたオレはかけつけたんだ。

 ああ。そうだね、たしかにボヤはあがっていたが、大きな火事にはなってなかった。

 あそこの家の末っ子の女の子が行方不明になって、みんなで探したんだ。

 他の娘さんは、みんなご家族と一緒に避難してたはずだよ。

 三女ちゃんだけいなくて、瓦礫の中を調べたら、そこからでてきたんだ。

 顔中、血まみれで、泣きわめいてたね。

 とにかく、命が無事でよかったよ。

 は?

 上のお姉ちゃん?

 だから、三女ちゃんは1人で瓦礫の中にいたんだよ。

 お姉ちゃんたちは、別のとこにいたんじゃないの?

 瓦礫のとこにいたのは三女ちゃんだけだよ。

 オレが助けだしたんで、間違いない」

A「姉が亡くなりました。

 それがですね、姉は亡くなるまでずっと、子供の頃、わたしが火事にあったのを見てたって、言ってたんですけ
 
 ど、それっておかしんです。

 そんなことありえないんですよ。

 姉は母たちと避難していたんで、わたしが寝てるのを見てないんです。

 でも、ずっと姉はあの時、わたしを見てたって、言ってました。

 もし、姉がわたしと一緒にいたら、家の下敷きになっていたはずなんです。

 家族の中で、旅館の下敷きになったのはわたしだけです。

 みんな別館に避難してたんですから。

 姉は占いにこだわったり、霊の声がするとか、みえるとか、言う人でした。

 鈴木さん。

 あの日、姉は、どうやってわたしの様子を見たんでしょうか?

 夢でもみたんですかね?

 本人は死ぬまで、本当に見たって信じてましたけど、あれはなんなんでしょうね」


 誠はAさんの言葉に首をかしげた。

 Bさんが亡くなったいま、真実は永遠にわからない。


 END

 


☆☆☆☆☆

 64話めは以上です。

 この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。
 
 実話です。

 不思議な出来事も体験者が亡くなれば、永遠の謎になりますね。

 僕は、それはそれでよいと思います。

 みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告