脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-65 うさぎ

100-65 うさぎ

 

f:id:honkidehon:20180325125937j:plain

「鈴木さん。

 動物霊って本当にいるんですか?」

 誠の事務所に訪ねてきたのは、まだ若い女性だった。

 自己紹介によるとCさんは、20代で女優を目指しながら、アルバイトで生活しているという。

 気になることがあって霊能者の誠の事務所にやってきたのだ。

「わたしのペットがすごくわたしと仲いいんです。

 自分で言うのもなんですけど、普通じゃありません。

 部屋の外からわたしが歩いてくる気配を感じていて、アパートの玄関のドアを開けると、突撃してきます。

部屋にいる時はいつも傍にくっついているし、お風呂も一緒だし、寝る時もわたしのおふとんに入ってくるんですよ」

「それは、犬か、ネコですか?」

「いいえ。

 ウサギです」

 Cさんの返事に、誠もすこし驚いた。

 Cさんは続けて、

「だから、さすがに話はできませんけど、あの子とわたしの間には、つながりがあるような気がして、霊的な結びつき、っていうんですか? そういうので結ばれてる人間と動物ってあるんでしょうか?」

「うーん」

 飼い主と仲が良すぎるウサギの問題は、霊能者ではなく、獣医やペットショップに相談すべき気がしたので、誠は、Cさんにそれを伝えた。

「ですよねぇ。

 実はもう獣医さんには聞いてみたんです。

 そうしたら、うちの子は普通じゃないって、普通のうさぎさんなら、そもそもそこまで人になれるとか、ありえないって」

「なるほど、それで、僕のところへ」

「はい。

 うちの子、わたしがお友達にいただいてうちにきたんですけど、その子も人からもらったそうで、もともといつ生まれたのかわからないんです。

 それでもわたしのとこにもう5、6年はいるからけっこう高年かもしれないんですけど、平均的には6、7年が寿命らしんですけど、でも、全然元気で。

 もしかしたら、この子、死なないのかもしれません」

「まさか、死ななくはないでしょうけど」

 誠の言葉にCさんは、首を横に振った。

「あの子はわたしを残して死なない気がするんです。

 鈴木さん、あの子ともっと気持ちを通じ合わせたいんです。

 なにか、方法はあるんでしょうか?

 動物霊がいるなら、うさぎにも霊的な力があるんですよね。

 なら、あの子とわたしの霊同士で交流できないですか?」

 Cさんの願いはわからないでもないが、ムチャだと思った。

 その日、Cさんは、うさぎへの思いをたっぷり語って帰って行った。

 数日後、Cさんが再び、誠の事務所を訪れた。

 例のうさぎがいなくなってしまったらしい。

「実はわたし付き合っている人がいて、その人との結婚話がすすんでいたんです。

 で、わたしとしては、当然、うちの子も連れて一緒にお嫁にいくつもりでした。

 なのに、あの子はきっと余計な気を使って、わたしが窓を開けていた隙にそこから出て行ってしまったんです」

「小動物ですからね、発見されるのを祈るくらいしか、できることは」

「鈴木さん。

 あの子からわたしへメッセージが届いたんです。

 あの子はわたしが迎えにいくのを待ってるんです」

 Cさんは、真剣な面持ちで誠に昨夜みた夢を語りはじめた。

「夢の中で、わたしはある村の住人なんです。

 その村には、カメ寺っていう寺があって、ケチで有名な住職さんが住んでるんです。

 古い蔵が3つもあるお寺で、そこの門とかがちょっと壊れただけで、

「うちの寺は貧乏で金がない。

 みんな修理費をくれ」

 とか大騒ぎだして、檀家さんに寄付を求めるんです。

 東京のお寺に出張する時も、ケチだから新幹線代を惜しんで、自転車に乗って、1日近くかけてでかけるんです。

 帰りも1日がかりで帰ってきます」

「カメ寺ですか?」

「すごくリアルな夢でした。

 日本のどこかにカメ寺はあるんです。

 そして、あの子はそこに捕まってるんです。

 うさぎとカメは仲が悪いっていいますよね。

 あの子は不思議なうさぎさんだから、悪いカメに捕まってしまって。

 鈴木さん、カメ寺を知りませんか?」

 誠は、カメ寺を知らなかった。

 とにかく彼女が危険な状態なのは、わかったので、彼女から、付き合っているという彼氏の連絡先を聞き、そこに電話して迎えに来てもらうことにした。

 彼氏は、常識的な人で、誠の事務所まできて、彼女を連れていってくれた。

「鈴木さん。

 ご迷惑をおかけしました。

 Cちゃんは、うさぎに夢中になりすぎなんです。

 でも、こうして時間が経てば落ち着くと思います。

 オレは待ちますよ」

 しかし、彼氏がCさんを病院へ連れて行き、入院した彼女は、その夜に、病院から姿を消した。

 彼氏から電話をもらった誠は、カメ寺について調べた。

 Cさんがむかった先はカメ寺だと思った。

 かめでら。

 そんな名前の寺は調べても実在しなかった。

 なら、東京まで1日かけて自転車で行くケチな住職ならどうだろうと、そちらも調べてみた。

 個性的な名物住職は各地にいたが、Cさんが教えてくれたような人物は見当たらなかった。

 そして、行方不明になってから約一週間後に、Cさんは警察に保護された。

 Y県の山道で倒れていたのだ。

 彼女は病院で着ていたパジャマ姿で、疲労困憊していた彼女の隣には、まるで守り神のように、うさぎが寄り添っていた。

 彼女はうさぎと一緒に病院に入院し、一緒に回復して無事退院したという。

 誠は後日、彼氏から、Cさんと別れたという連絡をもあらった。

 Cさんは、いまもうさぎと暮らしているそうだ。


     END

☆☆☆☆☆

 65話めは以上です。

 この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。
 
   僕(honkidehon)の妻は、うさぎ好きを自称するほどのうさぎ好きですが、この作品のCさんほどではありません。

 Cさんはモデルがいます。うさぎの話をする彼女はキラキラしてましたね。 

 みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告