脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-66 フィーリング

100-66 フィーリング

 

f:id:honkidehon:20180310174413j:plain

 Xさんは有名な僧侶のお孫さんだった。

 Xさんのおじいさんが住職をされているお寺は有名で、TV番組で特集が組まれたこともあるほどだ。

 だからか、Xさんは宗教や霊というものを信じていない。

 高僧だったおじいさんは、いまは痴呆老人になって施設に入っているし、おじいさんの子供たちも、孫たちも、おじさんの後を継いで住職になったYさんのお兄さんも含めて、

「みんな、全然、すごくないの。

 普通の人よ。

 一言で言えば、欲のかたまり。

 お兄ちゃんも仕事で住職をしてるだけで、毎晩、夜のクラブ活動で忙しいし。

 おじいちゃんが亡くなれば、おじいちゃんの遺産をめぐって、裁判で争うことになるのは目に見えてるわ。

 お寺で生まれて育ったけど、心霊体験なんて、したことない。

 本当に、そんな、信じられない不思議なことってあるのかしら」

 誠はたまたま、Xさんが勤めている店で、アルバイトをしていたことがある。

 それなりに時給がよく、責任のある仕事だったので、バイトの面接に受かる自信はなかったのだが、誠は合格した。

 面接を担当したYさんが後に語った選考理由は、

「フィーリングよ」

 だった。

 何事もそんな感じでフィーリングで生きているXさんなので、側にいて面食らうことも多かった。

 ある時、Xさんが急に姿を消した。

 連絡が取れず、会社も無断欠勤だ。

 誠たち、他のスタッフがXさんの身を案じていたが、なんの連絡もなく日々がすぎていった。

 数週間後にXさんは、帰ってきた。

 なにごともなかったように、出社してきたのである。

「あのね。

 すぐそこの交差点を歩いていたら、道をきかれたのね。

 そうしたら話があったんで、一緒にご飯を食べて、で、そのまま九州までついてっちゃって、一緒に帰っちゃった。

 九州でホテルを取って、しばらくその人たちと遊んでたの。

 すごく楽しかったわ。

 でね、お金がなくなったんで、帰ってきたの」

 Xさんが、ケロリとそんな話をしても許してしまう会社も会社だが、この小さな会社の社長は、当時、高校生の頃のXさんを自分の会社にアルバイトスタッフとして雇い入れ、以来、今日まで二人三脚で事業をやってきたのだという。

 誠はその場にはいなかったが、古参のスタッフによると、Xさんは他にも、これまで突然、何か月も会社にこなくなったこともあり、それもすべて、

「フィーリング」

 ですまされており、社長はそれでも、Xさんへの不満、不信を口にするスタッフはヘタをすれば解雇するほど、Xさんをかわいがっているのだという。

「鈴木さんは、霊能者の能力があるんでしょう。

 どうしてそれ一本でやっていかないの?」

「それは、お客さんがいればやっていけますけど、なかなか霊能者一本では」

「それはダメよ。

 自分がそれで行きたかったら、値段を上げてでも、そうしていくべきよ」

「値段をあげたら、誰もこなくなりますよ」

「いいえ、そんなことないわ。

 フィーリングよ。

 もっと、勇気を持って」

 Xさんと話をすると、毎回そんな調子だった。

 Xさんは、独身男性だが、物腰が柔らかく、フェミニンな感じの人だった。

 数年後、時間の都合などがあって、誠はそのバイトを辞めた。

 その後、きいた噂では、Xさんがまた出社しなくなり、そのまま、しばらくしてから、なにごともなかったように職場復帰をして、ついにXさんの素行に我慢できなくなったスタッフたちが、一斉に社を辞めてしまったとのことだ。

 すっかり人のいなくなった社をXさんは、社長とそれこそ2人きりの感じでやっているらしい。

 誠がたまたま会社の前を通りかかるとXさんがそこにいた。

「鈴木さん、お元気?」

 あちらから声をかけてきた。

「どうも、ごぶさたしてます。

 Xさん、いろいろ噂をきいたんですけど、大丈夫ですか?」

「大丈夫ってなにが?」

「会社の、その、人員とか?」

「人員? ああ、みんな辞めちゃったこと? それなら、気にしてないわ。

 あの子たちは、しょせんそこまでの人たちだったのよ。

 気にしてあげる価値もないわ」

 おそらく、多くの人が退社した理由はこの人にあるのに、この人はまるで気にしている素振りをみせない。

 やっぱり、この人は、おかしい。

「いま、社長とXさん2人で、やってけるんですか?」

「いけるわよ。

 全然、平気」

 Xさんの笑顔はさわやかだった。

「鈴木くんも、早く霊能者だけで食えるといいわね」

「いえ、それは目指してないので」

「そうかしら。

 あきらめちゃだめよ。

 じゃ、わたし、人を待たせてるんで、行くわね」

 この後、楽しい予定でもあるのか、Xさんの雰囲気は、うきうきしていた。

「デートですか?」

 誠はつい、聞いてしまった。

「うふ。

 大事な人と会うんです。

 それだけ」

 Xさんは、ウインクをして誠から離れていった。

 Xさんの華奢な後姿を誠が眺めていると、むこうの通りから体格のいい、ワイルド系の服装の青年が、Xさ
んのところに近付いてきた。

 そして、横からXさんの首に腕をまわし、唇をよせて、そのまま、路上で軽くキスをした。


 目の前の光景に、誠は、怖さと、不思議な感覚に襲われた。


    END

☆☆☆☆☆

 66話めは以上です。

 この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。
 
   僕が田舎者なのか、ゲイの人やレインボー(性別を超越した人)の人に会うと、戸惑うことが多いです。

 ヘタな心霊体験よりも驚きます。

 これって、差別ですかね? だとしたら、すみません。

 みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告