脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

100-69 探偵物語-2

100-69 探偵物語-2

 

f:id:honkidehon:20180319184222j:plain

「父は学校をでてから警官になり、定年退職するまでは、ずっと警察に勤めていました。
 そして退職してからは、私立探偵になったのです。

 自分にはしなければならない、仕事があるといって」

 

 朝からの訪問者はKと名乗り、誠に事情を話しはじめた。

 

「父が亡くなったのは、最近のことです。

 事故死でした。

 ダム湖に転落して水死体で発見されたのです。

 父は、自分の身にもしものことがあったら、霊能者さんの力を借りてでも、仕事をやりとげる、と言っていました。

 直接、面識が会ったかどうかはわかりませんが、鈴木さんのことは、同じ地域にいる霊能力者さんで、これまで警察の捜査にも協力してくれたことがある、と口にしていました。

 昨夜、父が私の夢にでてきたのです。

 いつも着ていた茶色のコートで、私の前にきて、仕事の続きを終えるまでは、こっちにいる、とつぶやきました。

 私は、あれがただの夢とは思えませんでした。

 父は死後も、生前の仕事の続きをするつもりです」

 

 誠は昨日、実際に、Kの父親の気配を感じているし、この部屋に父親とおぼしき人物が来たのも見ている、ので、Kの話がウソだとは思えなかった。

 問題は、すでに亡くなっているKの父親が誠になにを求めているかだ。

 

「あの、Kさんのお父さんは、最近、事故死されたんですよね」

 

「……」

 

 Kは苦い顔で黙った。

 誠は失礼かもしれないとは思いつつも、踏み込んだ。

 

「本当に、事故死なんですか?

 警察は完全に事故と判断しているんでしょうか?」

 

「・・・・・・警察も、私も、他殺の可能性がある、と考えています。

 父が他殺される原因は・・・・・・あります」

 

「ほう。他殺されたとしても、原因がある、と言いきれるんですね」

 

「はい。

 ここまで話した以上、鈴木さんに隠しても、しかたがありませんから、お話しますが、父はずっとM家を追っていました。

 M家については、鈴木さんもこの市に住んでおられるのなら、御存知かと思います。

 かっては総理大臣もだした家柄です。

 その後も国会議員はもちろん、県会議員、市会議員、有力企業の経営者など、血族はみな、力のある一族です。

 現当主は、まだ若手の国会議員ですが、先代もすでに国政から退いたとはいえ、昨年まえ選挙にでて、現在も県会議員をしており、一族が経営している企業の会長職もしています。

 父はその先代をずっと追っていました。

 汚職、収賄といった金銭問題もそうですが、父は、M家は、この市の不良外国人を使って、窃盗や恐喝、時には殺人などの事件まで、起こしていると考えていたようです」

 

「Mは、暴力団などではなく、この市に住む不良外国人に汚い仕事をさせていた、と」

 

「南米系の在日外国人たちです。

 法にふれる大きな仕事をした後には、海外に逃がしたりもしていたようです」

 

「それが明るみにでれば、これは大スキャンダルになりますね」

 

「そうなんです。

 父は、在日外国人の不良たちの証言を糸口にM家に迫ろうとしていました。

 M家からすれば、父はうるさい存在だったと思います。

 M家の一族には警察の関係者もいます。

 父は警察官だった頃から、M家がらみの件は、かなり動きづらいと言っていました。

 それが」

 

 Kは意味ありげに言葉を切った。

 

「父は以前、暴行、窃盗容疑で刑務所にいたある在日外国人が、M家の依頼で犯罪を犯していたと確信していました。

 そいつは刑務所をでて、いまはこの市にいます。

 そいつをマークすることでMを起訴できるところまでいけると、考えていました。

 父が殺されたとしたら、その在日外国人だと思います。

 そいつは、いま、拘置所にいます。

 父が亡くなった後、別件の窃盗容疑で逮捕されたんです」

 

「亡くなったお父さんが、その仕事をするための手足として、霊能者の僕が必要だと、言うんですか?」

 

「はい」

 

 Kは力強くこたえた。

 息子さんはやる気だけれど、幽霊探偵の意志を継いで、犯罪事件を調査するなんて、さすがに荷が重い気がするな。

 誠はすこし弱気になった、が、

 甲高い音をたてて、誠の事務所の窓ガラスが割れた。

 何者かが、外側から、石かなにかを放り投げたらしい。

 誠とKは体をかためて、窓を眺めたが、攻撃は一度だけだった。

 

「Kさん、これは!?」

 

「自分は父の後を継いで、探偵として、M家について捜査しています。

 在日外国人がちょっかいをだしてきたんだと思います。

 鈴木さん、父の無念を晴らすために力を貸していただけますか?」

 

 おそらく、この市でKさんの依頼を引き受けそうなのは、僕だけなんだろうな。

 誠は、この先が心配になりながらも、Kに握手を求める手を差しだした。

 

「Kさん。

 わかりました。

 M家が犯罪に関わっている証拠を見つけだし、告発する、ということですね。

 それが、お父さんの無念を晴らすことになるのなら、僕にできる範囲で協力します。

 でも、まず、この窓ガラスの件は、警察に連絡してもいいですね?」

「もちろんです。

 警察の方もM家の味方ばかりではありません。

 父や私の味方もいます」

 Kは、両手で誠の手を握り、笑みを浮かべた。


   END

☆☆☆☆☆
 
 69話めは以上です。
 
 この100物語は、私が聞いたり、体験してきた怪談と創作のミックスみたいな感じです。
 
 今回の「探偵物語1-5」は、実在の事件、人物等の特定のモデルがいるものではありません。 

 ミステリ風の怪談として楽しんでいただければ幸いです。

 みなさんのご意見、ご感想、お待ちしてます。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告