脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

1980年 12月公開の映画-3 (本気で本の個人的、思い出)

こんにちは。

本気で本です。

今回はいよいよ1980年12月その3です。

1980年はこれにて完結です。

さて、意外に楽しんでくれている人の多いこのシリーズ、とりあえず、今回で1年分の締めとなりますね。

さて、ではいってみましょう。

 

12月13日に「フライングハイ」が公開されました。

いわゆるアメリカのパロディ映画でも、最近では最狂絶叫計画シリーズなんかと同じ系統です。

有名なアメリカ映画をパロディにしたコント集的作品としては、これより前だと「ケンタッキー・フライド・ムービー」(78年日本公開)、後だと、「ホット・ショット」(91年日本公開)なんかが、よくレンタル屋に並んでました。

「フライングハイ」は当時人気のあった「大空港」などの70年代、パニック映画をモトネタにしたパロディ映画です。

これは、僕は家族の大人に連れられてついていった記憶があります。

アメリカ人の笑いは日本のとは違う、と子供心に感じました。

ちなみに、「裸の銃を持つ男」シリーズのレスリー・ニールセンが出演しています。

あの人、こんなんばっかり出てますね。この映画がコメディ初出演だったそうです。

f:id:honkidehon:20180331152634j:plain


Airplane (1980) Movie Trailer


Airplane Classic Scenes


フライングハイ - 予告編

 同じく12月13日に「フェーム」が封切られてます。

あの、「先生。モーツァルトが現代にいたら、シンセサイザーを使ってます」(たしか)の「フェーム」です。

NYの音楽専門学校での4年間を描く青春映画なのですが、これ、しょっちゅう、TVでやってたような記憶があるのですが、最近は見かけないし、意外に知られてないのかな?

主題歌はアカデミー作曲賞を得ているので、聞けば、ああ、これ!! という人も多いと思います。

下に貼っときますね。

僕はこの映画は、当時は新しい映画をわりあい見に行っていた母と行きました。

なんか、芸術家というのはエネルギッシュだな、と思った気がします。

f:id:honkidehon:20180331154316j:plain


Irene Cara - Fame 1980 (VHS 1982 Edit)

 

12月20日に公開された「サイボーグ009 超銀河伝説」を浜松東映へ観に行きました。

これ、130分もある大長編で、劇場で、長い!! とあ然としたのをおぼえています。

f:id:honkidehon:20180403154615j:plain

f:id:honkidehon:20180403154709j:plain

f:id:honkidehon:20180403154738j:plain


サイボーグ009 超銀河伝説(予告編)

009の同時上映で「'80アニメーション ザ・ベストテン」もやってました。

こちらは、アニメで当時の人気番組ザ・ベストテンのアニメ版を製作したもので、それなりに楽しく見た気がします。

映画館でなくて、TVでやればいいのに、と思いました。

これ、現在、ソフト化されてないんですよね。タモリの黒歴史になるのかしらん。

f:id:honkidehon:20180403154923j:plain


「80アニメーション ザ・ベストテン」とは ウィキ動画

同じく20日公開のSF大作「ブラックホール」です。

こちらは2018年現在、日本ではソフト化されていません。

海外ではDVDがあるそうです。

特撮技術(SFX)と宇宙船のデザインがカッコ良かった以外は、記憶に残っていない作品です。

豊橋市の映画館でみて、お客さんが全然いなくてびっくりしました。

あと、輸入プラモデルがマニアックな模型店で販売されていて、それもカッコよかったです。

ここらへんの映画は、レンタルビデオ店がたくさんあった頃、みんな、そこで借りて出会ったのではないでしょうか?

「ブラックホール」

f:id:honkidehon:20180403155428j:plain

f:id:honkidehon:20180403155515j:plain

f:id:honkidehon:20180403155552j:plain

www.youtube.com

12月20日公開の「エクスタミネーター」です。

これもTVの洋画番組とレンタルビデオで、みんなに見られた作品だと思います。

この日、劇場公開されていたとは知りませんでした。

劇場でポスターなんかを見かけたかもしれないけれども、記憶にありません。

Youtubeに本編があったので、あげておきます。

B級アクション映画をみて、時間をつぶしたい方はどうぞ。

f:id:honkidehon:20180403155909j:plain

f:id:honkidehon:20180403155943j:plain

f:id:honkidehon:20180403160012j:plain


エクスタミネーター(1980) 予告編


エクスタミネーター

27日に「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」が公開されました。

これは浜松松竹でみました。

この年の同時上映が「土佐の一本釣り」で、妙に男くさい映画の記憶があるのですが、いまとなっては、ちょっとたしかめようがありません。

寅さんは、本編の一部があったので貼っておきます。

渥美清のこのおかしさは、誰にもマネできませんね。

寅さんみたいな人は、ほんと、いそうでいません。

f:id:honkidehon:20180403160211j:plain


車寅次郎らしさ 第26作 男はつらいよ 寅次郎かもめ歌

「土佐の一本釣り」

f:id:honkidehon:20180403160433j:plain

f:id:honkidehon:20180403160527j:plain

 


映画『土佐の一本釣り』34年ぶりのリメイク

「 土佐の一本釣り」は、「土佐の一本釣り 〜久礼発、17歳の旅立ち〜」として2014年に再映画化されたそうです。

なかなか見る機会がないのだけれども、どこかでめぐりあうかもしれないので、記憶にとどめておきますね。

1980年12月公開の映画は以上です。

 

次回は、1981年となる予定ですが、この企画、やってみると意外に疲れるので、実は、現在、今後については少し考え中です。

続きが読みたい、という声がいただければ、励みになりますので、ご意見、ご感想、お待ちしております。

失礼します。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告