脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

1981年 1月公開の映画(本気で本の個人的、思い出)

こんにちわ。

長女です。

本さんが書いている、この頃、公開されていた映画シリーズ記事はではありますが、本さん曰く、『へばっているんです』だそうなので、←ハンッ、へばっているどころか、コヤツの自己管理能力の無さと言ったらミクロ並みです。イヤ、ミクロ以下ですっ!!

今回は私、長女が書くことになったです。

 

イヤデス。

書きたくないデス。

知らないデス。

本さんに丸投げされたDeath・・・

 

本さん:『また、ですがDeathになってるです』 

 

本さんが観たことある映画は、全部、私が観たことない映画です。

それに、生まれる前の映画なんて知ってるはずないわっ!!です。

とりあえず、この記事用に本さんが選んでいた映画は、以下の5本です。

私は全部知りません。←本さん:『ここまで文句しか言っとらんでこの子は』

 

1981年 1月15日公開 「青春の門」


青春の門 - Trailer

私はしりません。五木寛之さんも知らないです。

この頃の青春映画なのだそうです。

フッ、本さんの辞書に『青春』だなどと・・・。甚だおかしいデス。

本さん:『僕だって青春の一つや二つ、あるもんっ!!』

私:『青春という名の、悪行三昧や』

本さん:『極悪人か僕はっ!?』

 

「スターダスト・メモリー」


Stardust memories (un senso) - Woody Allen

ウディ・アレンはユダヤ人のコメディアンで、映画監督だそうです。

同棲していた女優さんの連れ子の未成年の幼女(中国人の女の子)と仲良くなってしまって結婚した、とんでもないお人なのだとか。←本さんの説明より。

本さんはこの人の映画が好きだそうです。

さすが、本気で本や・・・。

本さん:『どういう意味やねん!!どういう~!!』

 

f:id:honkidehon:20180409131019j:plain

フッ。まさに呆れ顔です。

本さん:『僕の映画記事が!?!?』

私:『ワシ色に染めてやるDeath・・・ワン』 

 

1月30日公開、「泥の河」


泥の河

宮本輝という人の小説の映画化作品で、アメリカアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品だそうです。

宮本輝さんも、この映画も私は知りません。フッ。

本さん:『ちょっと~!?!?長女さんっ!!ちゃんと書いてくれないと記事にならないでしょ!?!?』

私:『だって、好きなように書いていいって言ったです。

だって、長女だもの。by.chojyo』

本さん:『相田みつをみたいなこと言わないのっ!!』

 

1月31日公開、「ある日どこかで」


ある日どこかで - 予告編


ある日どこかで Somewhere in Time テーマ曲と名場面

SFファンや映画ファンに愛され続けているカルト映画だそうです。

またも私は知りません。

本さんは、こんなもんばっかり見てるから、頭がおかしくなるんや。

本さん:『僕はいつだって正常な頭やっ★』

 

f:id:honkidehon:20180409131019j:plain

私:『どこの頭が言うてるんや。脳みそがつまってないんや。ワン』
 本さん:『ワンって言うな、ワンって~!!!!!(泣;;)』

 

「ダーティファイター 燃えよ鉄拳」


ダーティファイター 燃えよ鉄拳(字幕版) (プレビュー)


Any Which Way You Can - Trailer

本さんは、クリント・イーストウッドも好きです。

またも私は知りません。何度知りませんと言ったかも覚えとらんです。

本さん:『長女さん、これで最後の作品だからっ!!ちなみに、5作品です、5作品』

でも、こういう予告編はわかりやすくていいです。

本さんは子供の頃、この人の映画、「ダーティハリー4」が上映されている映画館に、一日放置されていて、何度も見たので、当時、イーストウッドのマネをしていたそうです。ヘンな子や。

 


"Go ahead, make my day" - Dirty Harry

本さん:『Go ahead, make my day.』

 

f:id:honkidehon:20180409132344j:plain

私:『Tell me again!!もう一回言ってみよっ!!!!!』

本さん:『ギャ~!!!!!!!!!!あの時のワニ様~!!!!!!!!!!』

 

f:id:honkidehon:20180409132627j:plain

本さん:『ゴメンナサイ、長女さん、お許し下さい、長女さん(涙;;)

I'm sorry.Please forgive me~』

 

f:id:honkidehon:20180409132740j:plain

私:『分かればいいんや。ユルシテヤルデス。

You better understand.I will forgive you.』

本さん:『スゴイ世界や・・・』

 

本さんがこのシリーズを今後も続けるらしいので、付き合ってあげて欲しいです。

今日は長女がお届けしました1981年1月公開の映画でした。

 

それでは、映画のような素敵な夢をみるDeath

失礼します。

ではでは。

 

 

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告