脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

D5 5人の探偵 パンフレット購入しました。税込1000円也。

こんにちは。

本気で本です。

都内他、全国の大きな劇場では今年5月に公開された「D5 5人の探偵」ですが、僕が会員になっている静岡県浜松市アート系ミニシアター「シネマイーラ」では本日、6月16日から公開です。(夜一回の上映。一週間限定)

で、上映は夜に8時すぎなので、さきほど、一足先にパンフレットを購入してきました。

レジェンド声優5人が探偵役を演じる小劇場の舞台劇っぽいミステリです。

見る前からなんですが、僕はこういうの好きです。

姉や妹たちの影響か、昔からマンガ、サブカルの好みが腐女子なので、ここらへんも当然、守備範囲です。

では、パンフの画像で雰囲気を味わってみてください。


f:id:honkidehon:20180616125552j:image


f:id:honkidehon:20180616125622j:image

f:id:honkidehon:20180616125027j:image


f:id:honkidehon:20180616125111j:image


f:id:honkidehon:20180616125137j:image

 

f:id:honkidehon:20180616125205j:image


f:id:honkidehon:20180616125232j:image


f:id:honkidehon:20180616125304j:image


f:id:honkidehon:20180616125346j:image


f:id:honkidehon:20180616125415j:image


f:id:honkidehon:20180616125439j:image


f:id:honkidehon:20180616125501j:image


f:id:honkidehon:20180616125513j:image


f:id:honkidehon:20180616125537j:image

弱虫ペタルも、テニミュも、ブリミュも近所で公演があれば観に行ったかもしれません。
アニメマンガの演劇、ミュージカル化は実写映画化とはまた違いますよね。
あれはあれで独特の世界があります。

声優さんの演劇といえば、「劇団ヘロヘロQカムパニー」声優の関智一さんが主宰する劇団で、「獄門島」や「無限の住人」なんかも舞台化して上映しています。

僕はヘロQの舞台を生で見た事がないので、今回の「D5」は、関さんはいないけど、まるでヘロQみたいだなぁ、と思っています。

声優さんのお芝居って独特ですよね。

まさに2.5次元感満載です。

さあ、後数時間後、今夜は「D5」を楽しみますね。

失礼します。

 


映画「D5 5人の探偵」第1弾PV


映画「D5 5人の探偵」第2弾PV

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告