脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

今日の歌(6/17)はこちら&父の日 Father's Day by.cyojyo

こんにちわ。

長女です。

おひさまも出て、良いお天気ですね★

明日からはまたあいにくの雨模様ではありますが、今日は今日で、良いお天気日和をしっかりと身体に充電したいと思います。 

 

さて、今日は6/17。

 

父の日です。

 

皆様は父の日って、母の日と比べてみてどうでしょうか?

母の日はあげるけれど・・・、なんてこともあるでしょうか?

 

理想のお父さん、パパは、なんとあのクレヨンしんちゃんの野原ひろしがNo.1でした。

 


【クレヨンしんちゃん】 感動! ひろしの回想シーン 吉田拓郎さんの歌に乗せて♪ Crayon Shin-chan

私は劇場ではなく、TVでしか見たことがなくて、最初はこのシーンのどこが良いのかなぁ・・・なんて思ってもいました。

でも、『当り前な生活って、しあわせだな。大好きな家族に囲まれて、次は自分がお父さんになって、後ろにはママがいて、子供がいて・・・』

子供に戻りたい、あの頃に戻りたい、でも、それでも自分はしあわせだ、いまでもしあわせだって言えることって、簡単なようで難しいんだなと改めて思いました。

 


劇しんBGM「ひろしの回想」

気付けば、私も主人も、同じ年代になったんだなぁ・・・なんて思いました。

No.2が名探偵コナンの工藤優作だということは意外でしたが(笑)

優作さんって、あんまりコナンを見なくなってしまったのでイメージが湧かないのですが。

  


工藤 有希子 vs 工藤 優作

本さん:『探偵=いいパパなのだ』

私:『探偵なんてダイキライデスッ!!キメキメに決めやがって、有希子ママは騙されているデスッ!!!!!』

本さん:『長女が探偵をバカにするよ~!!!!!!と、そんな長女さんもこのダンディでミステリアスな優作パパにときめくのであった』

私:『イケメンパパでも、ワシは解せぬデス』

 

お父さんへ。

いつもありがとう。

エプロンと、犬のマスコットが付いているボールペンと。

あとは、お父さんが大好きなビートルズのCDが本屋さんでワンコインで売っていたのでそちらを一枚。

車の中でも聴いてね。

 

なかなか娘からっていうと、お父さんは照れ臭いかもしれませんが、それでも。

私も照れが先にきちゃって上手く話すこともができない時もあるけれど、いつも感謝しているからね。

最初はまた母と二人で『羊と鋼の森』を観に行こうと思っていたのですが、

(母は、こちらでも少しお話したように、ピアノの先生です。映画のお話もそれにちなんだお話なので、一緒に観たいなと私が思っていた作品でした)

 

母:『パパもね、その映画観に行きたいって言ってたから、私と長女ちゃんだけで行くのかわいそうでしょ~。せっかくだし、パパも一緒に行こうかね』

 

と。

ただプレゼントあげるだけで終わり、だとなんだかそれはそれでそっけない気がしたんでしょう。←パパ、ゴメンね(笑)

 

家族で映画を観るなんて何十年振りだろ・・・っと思いました。

主人はお留守番ではありますが。(最終時刻の映画なので、僕は寝てるねと)

私も寝ないようにしなくちゃ(笑)

 

お昼から長女、ということで、今日の一曲目をご紹介したいと思います。
今日も一日、心のBGMを鳴らしながら、頑張っていきましょう

 


The Beatles - Let It Be (Subtitulado al español)

When I find myself in times of trouble
ずっと悩んで苦しみ抜いたときに

Mother Mary comes to me
僕のもとに女神がやってきたんだ

Speaking words of wisdom, let it be
そしてこんな言葉を呟いた 素直に生きなさい


And in my hour of darkness
すべてが暗闇に包まれたとき

She is standing right in front of me
彼女は僕のすぐそばに立っていた

Speaking words of wisdom, let it be
そしてこう呟いたんだ 素直に生きればいいと

 

Let it be, let it be
自分らしく

Let it be, let it be
素直に生きればいい

Whisper words of wisdom, let it be
そんな素敵な言葉が聞こえたんだ 素直なままに、って

 

And when the broken-hearted people
心が打ちのめされてしまっても

Living in the world agree
自分の認められる世界の中にいるかぎり

There will be an answer, let it be
答えは見つかる だからそのまま突き進め


For though they may be parted
離ればなれになってしまっても

There is still a chance that they will see
再び出会うチャンスはまだ残されている

There will be an answer, let it be
答えはきっと見つかるよ そのまま突き進め

 

Let it be, let it be
自分らしく

Let it be, let it be
素直に生きればいい

Yeah, there will be an answer, let it be
そう 答えは見つかるから 迷うことなんてないんだ

 

Let it be, let it be
自分らしく

Let it be, let it be
素直に生きればいい

Whisper words of wisdom, let it be
そんな素敵な言葉を聞いたんだ 迷わず突き進め、って


Let it be, let it be
素直なままで

Ah, let it be, yeah, let it be
思うようにいけばいい

Whisper words of wisdom, let it be
彼女はそう呟いた 迷うことはないよ、って


And when the night is cloudy
夜の空がどんよりと曇ってしまっても

There is still a light that shines on me
僕らを照らす明かりはまだあって

Shine on until tomorrow, let it be
明日が来るまで照らし出してくれるから 大丈夫

 

I wake up to the sound of music,
目が覚めると音楽が聞こえて

Mother Mary comes to me
女神がやってきて、こう言うんだ

Speaking words of wisdom, let it be
あなたの思うように生きればいいんだ、って


Let it be, let it be
素直なままで

Let it be, yeah, let it be
思うようにいけばいい

Oh, there will be an answer, let it be
答えはきっと見つかるから

 

Let it be, let it be
素直なままで

Let it be, yeah, let it be
思うようにいけばいい

Whisper words of wisdom, let it be
こんな素敵な言葉を聞いたんだ 素直に生きればいいんだ、って

 

父の大好きな歌。

この歌を改めて、また聴いて。

 

『素直なまま、思うようにいけばいい。

こんな素敵な言葉を聞いたんだ 素直に生きればいいんだ、って』

 

私も、そうやって、生きればいいんだ。

 

今日も音楽と一緒に。

 

NO MUSIC NO LIFE

 

失礼します。

 

ではでは。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告