脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

「羊と鋼の森」サウンドトラックなど


『羊と鋼の森』予告編


【ピアノ】映画『羊と鋼の森』ED/久石譲×辻井伸行/The Dream of the Lambs/弾いてみた/Piano/CANACANA

こんにちは本気で本です。

いま、僕の事務所ではBGMに映画「羊と鋼の森」サウンドトラックがかかっています。

このCDを買ってきて事務所のパソコンに入れてくれたのは、もちろん長女です。

長女は先日、彼女のご両親とこの映画を観に行ってきて気に入った様子です。

僕はこの映画はまだ観ていません。

ただ、長女から話を聞いて、彼女のご両親のリアクションと、かってピアノの調律師を目指し、その専門学校へ行っていた数人の友達のことを思い出したりして、ああ、生活と映画がリンクするっていいな、と思っています。

何度も書きましたが、長女のお母さんは、もと高校の音楽教師で、その後は御自宅でピアノ教室を開いています。

家にピアノがないとしっくりしないのだそうです。

長女はとても両親思いな人なので、この映画ならご両親が楽しめる、と思って連れていったそうです。

映画の上映中から、お父さんもお母さんもあれこれ話して盛り上がっていたそうです。

そして後日、職場でサントラを聴いて映画の想い出に浸るとか、幸せな映画体験だと思います。

シネコンが増えて、ネットも発達して、少しは映画がみんなのところに届きやすくなったのかな? と僕は思います。

映画から心が震えたり、あったまったりするのは素敵ですね。

今回は以上です。

失礼します。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告