脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

知り合いが警察に取り調べを受けた。メルカリおそろしや。

偽物をブランド買取店に売ったかどで、知り合いが警察に取り調べを受けた

こんにちは。本気で本です。

見出しのように、いわゆる買取店に偽物のブランド品を売ったかどで、知り合いが警察に取り調べを受けました。

本人によれば、メルカリで買ったものを売っただけで、偽物とは知らなかった。

とのことですが、みなさん、こんなスパーコピーって知ってますか?

「2018新品&人気」ロレックスコピー 時計,ロレックススーパーコピー 人気販売「3日出荷」

https://www.msacopy.com/menu/category-77.html

ご存知かと思いますが、スーパーコピーはもちろん、本物ではありません。

しかし、メルカリなどでは、チェックがあるわけではないので、スーパーコピーが本物として取引されていることもあります。

スーパーコピーの中には、よくできているものもあって、それこそブランド品、買取店が本物として買い取ってしまうこともあります。

ニセモノだと気づいた時点で警察に詐欺の被害届を出したり、売った客に返品交渉を行ったりします。

これがあまりに大々的に行われると、社会的に大事件になって新聞やテレビで報道されるわけですね。

高級腕時計のファンなら、メルカリで普通の市場よりも安く高級時計が出品されていると、つい、欲しくなってしまうこともあると思います。

しかししかし、そうした美味しい話はやはり裏があったりして、実際は、定価100万円以上の時計のスーパーコピー(ネットで2万円ほど売ってる)を2、30万円払って得したつもりで買ってしまったりするわけですね。

なんだかなぁ。

障害のある人やいろいろ問題のある人のフォローをするNPO法人で働いているせいか、警察に話を聞かれたり、はたまた警察に相談に行くこともよくあるのですが、一見、全然、普通の人がメルカリで手に入れたブランド品がきっかけで、警察の取り調べを受けるなんて、すごい時代だな、と思います。

実は僕自身、以前、しゃれのつもりでタイで買ったルイヴィトンのスパーコピーのカードケース(700円なり)を身に着けていましたが、それはそれで一目ではニセモノとわからないものでしたけれど、やはりそんなものを持っていてはいけないな、と最近は思います。

ちなみにそのパスケースは名古屋の駅前のシネコンに「スパイダーマン」を見に行ってすられました。

まぁ、物自体は惜しくなかったけど、なくしたカード類の後処理が面倒でしたね。

スーパーコピーに関わるとロクなことないです。

お互いに気を付けましょう。

失礼します。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告