脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

90年代製の古典 男の映画 パチーノvsデ・ニーロ 映画史に残る13分の市街地銃撃戦 出会ったら殺し合うしかない2人 男ならカッコイイと眺める以外はない プロの刑事とプロの犯罪者は似ている☆ヒート 1995年 171分 マイケル・マン監督

f:id:honkidehon:20180804174032j:plain

 

 

 

 


『ヒート 製作20周年記念版<2枚組>』2017.3.3ブルーレイリリース


『ヒート(原題:Heat)』予告編(1995年公開) - ロサンゼルスを舞台にした映画シリーズ

 


日曜洋画劇場 / ヒート

 

f:id:honkidehon:20180804174110j:plain

お話(本気で本によるあらすじです。変わり者ゆえ、大多数の人とは違うものが見えているかもしれません)

ニール率いる強盗団はロサンゼルスを根城にしている。

彼らの手口はプロフェッショナルで、必要とあらば殺人も躊躇しない。

ロス市警のヴィンセント警部補は、ニール一味の存在にかんづき、彼らを追ってゆく。

そして、ニールとヴィンセントの邂逅。

ダイナーでコーヒーを共に飲みながら、互いに相手の正体に気づき、「必要となればお前を殺す」と互いに宣言する。

ニール一味の銀行襲撃はタレコミにより、事前に警察にかぎつけられ、かけつけた警官隊とニールたちの全面的な銃撃戦になる。

白昼のロス市街に銃弾が飛び交い、いくつもの死体が転がった。

映画は最後、夜の空港敷地でのニールvsヴィンセントの1対1の銃撃戦で幕をおろす。

 この映画は男の教科書

ロス市街地での白昼の銃撃戦(なんと13分ほどもある)があまりにも有名で、他は印象が薄くなりがちの本作ですが、そこだけでなく全編が、男が考える、男のカッコヨサで埋めつくされています。

監督のマイケル・マンの代表作は間違いなくこれです。

パチーノもデ・ニーロもいい映画にたくさんでていますが、2人の出演作の中でも抜群に男子度が高いのはコレですね。

監督のこだわりで、銃撃戦の銃声はすべて本物の銃声を使っているそうです。

マン監督、トム・クルーズ主演の「コラテラル」をごらんになられた方は、あれを数十倍カッコヨクしたのが、「ヒート」だと思ってください。

同じ監督なので、犯罪のプロフェッショナルのアウトローの描き方はどちらも似ていますが、トムとデ・ニーロだとデ・ニーロに軍配が上がると思います。

似たようなタイプの男が、犯罪者と警察官になったら、やはり殺し合うのは宿命なのでしょうか?

僕はどちらでもないのでよくわかりません。

日本が舞台だとこう簡単には警官は犯人を殺せないと思うので、こうした話の展開にはならないよいうな気がします。

少年はもちろん、大人の男でもシビレル映画です。

2018年現在、廉価版のDVDやBRもあるので、未見の方はこの機会にぜひ。

失礼します。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告