脳出血した中高年のための怪談100物語 → 鈴木誠の怪談100物語の タイトルで小説投稿サイト、アルファポリスと同時更新中です。 サイドバーに「アルファポリスリンク」へのリンクがあります。 広告

8/23 去年、本さんが退院した日です。

こんにちわ。

長女です。

ご無沙汰しておるです。

 

お盆も過ぎてしまい、お休みもあっという間だった長女ですが、皆様、夏を満喫致しましたか?

今日はあいにく台風の影響もあってかお天気も悪いですが、本さんも私も、いま、こうして二人でこの場に立っております。

 

本さんが入退院をしていた去年。

 

そして、今日。

 

8/23は本さんが退院をした日でした。

 

過ぎてしまえばなんとやらではないですが、一年、はやかったです。

 

あんなに泣いたのも、

 

あんなに叫んだのも、

 

あんなにこの世の終わりだとかぐらいに思ったのも、

 

今の私が、あの時の私に声を掛けるとしたら、

 

『周りを見ろっ!!アンタは一人や無いんやっ!!!!!

一人や無いんやでっ!!!!!

そんだけ苦しいってことは、いなくちゃいけない人だってことなんや。

もう充分、分かったやろ。

 

だったら、今度は、自分に優しくしなさいよ。

 

自分がして欲しいことを、

まず他人ではなく、

まず自分にしよう。

 

愛して欲しい。

 

認めて欲しい。

 

美味しいものを食べさせて

 

優しくして

 

丁寧に扱って

 

お金をかけて

 

楽しいとこ

 

連れて行ってあげて。

 

そう、自分(私)に』

 

甘やかすことと、優しくすることは違う。

この言葉も、本当に胸に刺さりました。

そんな暇、私にないんじゃないかとか。

 

でも、優しくしないと、人に対しても、優しくは・・・出来ない。

『周りが優しいのは、あなただからこそ、優しくなるんだよ』と、本さんに言われました。

 

孤独は人を強くする。

でも、一人では限界があって、人は一人では生きていけない生き物だからこそ、また強くなる、強くなれる。

 

『生きていてくれるだけでいい』

 

根っ子はきっと、そこだと思います。

 

そして、今日の歌はこちら、と言うよりも、映画紹介です。

 


映画『パパはわるものチャンピオン』予告編

本さんのおかげで、ずいぶんとプロレスにも詳しくなりました。

とは言っても、まだまだわたしはにわかファンです。

現役レスラーの棚橋弘至選手が主演です。

ゴキブリマスクってリングネームだけで、私はこりゃないやろとか思っていた私。

あなどっていたです。

こちらの主題歌、あの『高橋優』だったんですっ!!!!!

 


高橋優「ありがとう」MV(映画「パパはわるものチャンピオン」ver.)

お父さんと息子って、こういう感じなのかな?なんて思ってもみたり。

てか、予告で泣きそうになった私・・・(泣;;)

『わるものパパなんか、だいきらいだ』

うぅぅぅ(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

私がおとんだったら号泣もんやっ!!!!!

いや、むしろ粛清しとるかもしれん。

本さん:『長女さんっ!!!!!いくら自分の息子だからって』

 

木村佳乃さんがお母さん役なのですが、

『大人になって好きなこと続けることってすごいことなのよ』というセリフがあります。

そして、棚橋弘至選手『大事なのは勝つことじゃない』というセリフ。

 

好きなこと続けることって、簡単なようで、難しい。

『仕事が好きですか?』と聞かれた時に、

心から、

『好きです!!』って言える人、どれぐらいいるんだろうって思ったり。

 

f:id:honkidehon:20180823172957j:plain

ちゃんとTシャツに『 COCKROACH(コックローチ)』って書いてあるやんと本さんに言われ、ほんまやと思いました(笑)

棚橋だけじゃなくて、ほかの新日レスラーも出演するみたいなので見ものかもです。

 

では、おまけで。

 


高橋優「明日への星」(ショートVer.)

この歌にも、何度も、何度も、何度も励まされました。

 


明日への星/高橋優 【弾き語りcover】

 

貸した金返してもらえなくたって

それのせいで電気代払えなくたって
愚痴グチと文句たれながら生きてくような真似はしないよ決して
飛び切りの愛を振りまいていこうぜ

悲しみも笑い話にしようぜ
嘆きに身を委ねるより這いずりながらも光の射す方へ

 

フラついて またドジ踏んで 数えきれない間違いの上に立って
胸張ってまた始めようぜ


あの雲はいつだっていつだって風に乗り
どこまでもどこまでも旅をして
そうだほら僕らとまた会う日まで
世界中の愛も過ちも吸い込んだ雨を降らすだろう
いつまでも そういつまでも

 

彼女に愛想つかされてたって

部屋ん中督促状だらけだって
メソメソと泣き言たれて生きてくような男にゃならないぜ
トキメキを信じて旅をしようぜ

孤独さえも笑い飛ばしていこうぜ
恥ずかしいと縮こまるより笑われながら夢を叶えてやろうぜ

 

裏切りと腑に落ちぬことばっかの変な時代の中に立って
愛そうぜ 見届けてやろうぜ


この星はいつだっていつだって回ってるよ

どこまでもどこまでも旅をして
そうだほら僕らの明日を背負って
世界中の暗闇と輝くときを見守り続けながら
いつまでも そういつまでも

 

今もどこかで生まれる命の光り
今もどこかで消える命の瞬き
君が今見上げてる空を僕も見ているよ
さぁ一歩前に踏み出そう
もう一歩前に踏み出そう
一人ぼっちなんかにゃさせないさ

 

あの雲はいつだっていつだって風に乗り
どこまでもどこまでも旅をして
そうだほら僕らとまた会う日まで
世界中の愛も過ちも吸い込んだ雨を降らすだろう
いつまでも そういつまでも

 

この星はいつだっていつだって回ってるよ
どこまでもどこまでも旅をして
そうだほら僕らの明日を背負って
世界中の暗闇と輝くときを見守り続けながら


いつまでも そういつまでも

 

いつまでも そういつまでも

 

失礼します。

 

ではでは。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告